アファンの森は今(ほぼ毎日更新事務局ブログ)
サポーター登録、寄付、トラストはこちら
C.W.ニコル公式サイト
よくある質問
お問い合せ
サイトマップ
プライバシーポリシー

アファンの森が生まれるまで

日本は美しい森にあふれていました

北には流氷、南にはサンゴ礁、世界でもっとも生物の多様性に富んだ風土を持つ国、日本。

そこに住む人々は、自然を愛する繊細な文化を持っていましたが、残念なことに、高度経済成長期以降、経済の発展のためにその自然の素晴らしさに背を向けるようになります。樹齢400年以上のナラ、ブナ、トチなどの大木が一瞬にして切り倒され、スギやカラマツの植林地になってしまいました。

人間の都合に合わせた自然につくりかえられてしまった森は、野生動物を棲まわせたり、水をきれいにしたり、土をつくったりする豊かな力を失っていきました。

多様性に富んだ日本

多様性に富んだ日本

伐採されてしまった原生林

伐採されてしまった原生林
(画像をクリックすると拡大します)



しかもその植林された森が、またもや経済的な理由で放置され、今や荒れ果てています。

食べ物を失った野生動物たちは、里に下りて農作物を荒らさざるを得なくなり、絶滅の危機に危ぶまれるツキノワグマさえ、里におりてくれば害獣として打ち殺されてしまうのです。

秋のアファンの森の空撮(奥に見える濃緑はスギの植林地)

人の手が入っている秋の里山
奥に見える濃緑部分はスギの植林地
(画像をクリックすると拡大します)

放置され、もやしのように生えているスギ植林地

放置され、もやしのように生えているスギ植林地
(画像をクリックすると拡大します)



森を再生したい!その思いから「アファンの森」が生まれました

一見緑に覆われているように見えながら、生態系としてのバランスを崩してしまった日本の森をなんとかしたい。
美しかった本来の日本の森に戻したい。

そんな気持ちが高まっていたころ、C・Wニコルは、自分の故郷のウェールズで、石炭の採掘とその後の廃坑のために荒れ果てていた森が、緑を回復しようとする人たちの運動によって、みごとによみがえったことを知ります。

廃坑当時の英国ウェールズのアファン森林公園採掘のため木々は皆伐され、ボタ(石炭かす)で覆われたはげ山になっている

廃坑当時の英国ウェールズのアファン森林公園
採掘のため木々は皆伐され、
ボタ(石炭かす)で覆われたはげ山になっている
(画像をクリックすると拡大します)

人々の努力によって、森が取り戻されている現在(左の写真とほぼ同じエリアです)

人々の努力によって、森が取り戻されている現在
左の写真とほぼ同じエリアです
(画像をクリックすると拡大します)



そして、C・Wニコル一個人の思いからはじまった活動に共鳴する人たちが集まり、2001年6月に「特定非営利活動法人アファンの森」が生まれました。これは、アファンの森での生物多様性の調査、健全な生態系をもつ森を回復するための提言、クマが棲める森に海からサケが遡ってくるような自然の環をつなげるためのネットワークづくりをするためのNPO法人でした。

さらに、アファンの森を周囲の放置林にまで広げたり、アファンの森の維持管理を通して、里山保全に関する人材を育成したりするためにC・Wニコルはこの森を寄附し「財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団」が2002年5月31日に誕生し、NPO法人の活動は「財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団」と合併することになりました。



→次へ