私たちの思い(団体概要)

事業内容

アファンの森の活動内容

アファンの森財団は「日本中に多様性豊かな森が広がり、健康で平和で、心豊かな社会」というビジョンを描いています。

そして、「このアファンの森をこのまま永遠に残していくこと」、「豊かな森の存在意義を伝え続 けること」を使命に、活動を行っています。

森を甦らせる「森の再生」

日本の森の現状

 日本は国土の67%が森林といわれています。しかし戦前から、日本の多くの原生林は切り倒され、現在日本には原生林とよばれる森は2%しかありません。その60%以上が本来の森を伐られ、人が利用するためのスギやヒノキの人工林、いわゆる材木を育てるための畑になっています。

  • 伐採されてしまった原生林

  • 放置され、もやしのように生えているスギ植林地

 しかもその植林された森が、またもや経済的な理由で放置され、今や荒れ果てています。 食べ物を失った野生動物たちは、里に下りて農作物を荒らさざるを得なくなり、絶滅の危機に危ぶまれるツキノワグマさえ、里におりてくれば害獣として打ち殺されてしまうのです。

 また、残りの森の40%が、二次林とよばれる里山です。かつて日本人は、薪や炭などの燃料を調達したり、山菜やキノコ、落ち葉は堆肥にと里山から自然の恵みを上手に戴く生活をしていました。そして、里山を利用することで明るい森が維持され、さまざまな動植物の生息・生育場所も提供していたのです。

 しかし、その後高度経済成長の波により、私たちの生活が、石油や電気中心のライフスタイルに変わると、次第に里山は放置されていきました。人の手が入った 森は、放置されるとヤブを構成する植物に覆われ、真っ暗な森に荒廃していきます。そこには、かつての明るい里山で暮らしていた動植物たちの居場所はありません。

 日本の絶滅危惧種の55%が、里地里山に依存していた動植物だと言われてるほどです。

黒姫の森からはじまった「森の再生」

アファンの森に手を入れ始める時、広がっていたのは荒れ果てた里山の放置林でした。40年以上も放置され、つるやヤブ木が繁茂し風が通らず、地面には光が届 かない病んだ森でした。人はもちろん、生き物もあまり寄り付かない場所で地元の方々からは「幽霊森」と呼ばれていました。

  • 幽霊森。
    ササ、ヤブの類が生い茂り地面まで光りが届かない

そんな幽霊森に手を入れ始めたのは1986年。再び様々な生き物が暮らせるような森に戻そうと、活動は始まりました。

  • ヤブを刈り払い、木に巻きついたツルを落とします。そうして見通しを良くすると木々の育ち具合が分かります。
  • 元気のよい木の生長を促すように、枯れた木や元気のない木を見極めて除伐します。
  • 開けた場所には、もともとその場所でそだっていた木を植え。
  • その苗木や地面の状況を見ながら下草刈りを続けます。
  • ヤブの刈り払いと片づけ

  • 除伐

  • 植樹

  • 下草刈り

たくさんの思いと、たくさんの議論を重ねながら手入れをすることで、アファンの森は少しづつ息を吹き返し、手をれ始めてから17年後の財団法人設立当初には、春には色とりどりの花が咲き、夏にはさまざまな種類の緑の木々が風に揺れる美しい森に戻ってきていました。

  • 整備前(1) 手を入れると…

  • 整備後(1) 左の写真と同じ場所です

永遠の森へ -森づくりのポリシー-

 「森の価値はお金じぁ計れねえ。森には大きい、小さい、早い、遅い、おいしい、まずい、みんななきゃダメなんだ」と語るのは、アファンの森を1986年より育ててきた松木信義氏。

 木にもそれぞれ役割がある、動物が食べる木の実をつける木、鳥が巣をつくるための木、大木、その下には次世代を担う若い木、といった多様性とバランスが豊かな永遠の森を育みます。

私たちは、森の再生事業を推進するために次の基本方針を掲げています。

トラストへの取り組み

 「森を大きくすることは、より大きな生態系を再生すること」
トラスト募金のご協力により少しずつ森を広げています。フクロウが無理なく繁殖できる面積である50ヘクタールを当面の目標に。そして、トラストにより取得した山林を整備することで、より大きな森の生態系の再生を目指します。2012年3月現在、総面積は約30.5haとなっています。

  • 大きくなる生態系ピラミッド

  • アファンの森全域図
    2012年3月31日現在 総面積:305,572m2

森を甦らせる人工林(国有林)での試み

 アファンの森に隣接する国有林も、手入れ不足のスギ林が多くを占めています。 木が混みあい枯死木が発生し、太さも不揃いな、下草も無く限られたものしか生きられない暗い森です。 アファンの森づくりをこの国有林に拡大する為に、2012年3月アファンの森財団は、中部森林管理局北信森林管理署と協定を結び、隣接する国有林約27haを「森林o林業再生モデル林」と名付け借り受けることになりました。そして、この人工林問題の解決策を探るために、信濃町、長野県、北信森林管理署、中部森林管理局、長野森林組合、東京環境工科専門学校、日本に健全な森を作り直す委員会に参画してもらい「黒姫森づくり協議会」を立ち上げ、上質な木材を生産しながら生物多様性を高めるために検討を重ね、整備を始めています。

  • 間伐前の人工林

  • 間伐後の人工林

ページトップへ戻る

森づくりの評価は生きものに聞く「生物調査」

命の環を取り戻す

 多くの議論と汗を流して手入れをした森には、たくさんの命が戻ってきてくれました。

 アファンの森で行っている森の再生活動は、森に棲む全ての生きものたちの命の環を取り戻すこと。本来の森の生態系を復元することを目的としています。生物多様性の評価を本来この土地にいた生き物たちが、どれだけ戻ってきてくれたかを調査することで計っていきます。

 日本の伝統的な林業の技術を生きものの視点で評価しながら、森づくりに生かしていきます。

ページトップへ戻る

子どもたちの笑顔を取り戻す「心の再生」

森の再生から心の再生へ 〜“5センス”プロジェクト〜

 自然環境の荒廃とともに、日本人の心も価値観を大きく変化しました。そして今、過剰なストレス社会が人々を襲っています。森を守るだけでなく、同時に人々の生活のあり方や心も育まなければ、永遠の森は存続できません。  私たちは、命の環で結ばれている豊かな森は、人の心も体もその人本来の自分を取り戻せる力を持っていると考えています。

 まず、未来を担う子どもたちのためにー。
 自然に親しむ機会の少ない身体に障害のある子どもたちや、虐待や育児放棄などによって心に傷を負った子どもたちをアファンの森に招待し、子どもたちの心の成長を見つめています。『森のおしゃべり』アファンの森に棲んでいるすべての生きものは、森にとってなくてはならない存在です。
 アファンの森は、すべての子どもたち一人ひとりが、かけがえないない大切な存在であることを教えてくれます。
 豊かな森とともに人々が心豊かに生活を育むことができる社会。これが私たちの100年後のビジョンです。

ページトップへ戻る

国際交流

世界の森をつなげる

 森は甦ることを教えてくれたC.Wニコルの故郷、英国南ウェールズ「アファン森林公園」。財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団の「アファンの森」と「アファン森林公園」は、森林文化や技術の交流を目的に、2002年8月黒姫のアファンの森にて姉妹森締結の調印を行ない世界初の姉妹森となりました。

 若き日のニコルはエチオピア・シミエン山岳国立公園をつくり、森林を守る活動をしていました。その後世界自然遺産に登録されたシミエンですが、農地の拡大などの影響で危機遺産に登録されてしまいます。ニコルが再び乞われて訪問したのは45年ぶり、2014年の冬でした。危機遺産から脱し、昔のような緑豊かなシミエンにどうしたら戻せるのか。現地を視察・調査し、アドバイスをおこなっています。

 日本の多様性豊かな森林文化を世界に伝えるとともに、英国をはじめとする世界の自然再生の先進事例を学び、活動に生かしていきます。地球規模で姉妹森ネットワークを創り、森を守る連携を計っていきたいと考えています。

シミエン山岳国立公園へのレポート(英文)はこちら

ページトップへ戻る

環境教育

 アファンの森のように人の手で甦った豊かな森を、日本中に広げるために大事な活動の一つが人材育成活動です。
森づくりの技術だけではなく豊かな森を体験することも実践しています。

  • ・100年先を見据えた森づくりを学ぶ「森の教室」
  • ・ご家族向けプログラム「森の親子教室」
  • ・森林生態系を学び、創造力を育むプログラム「森のデザイン」
  • ・日頃の疲れを豊かな森で癒すセラピープログラム
  • ・夜の森で野生の自分を取り戻す「ナイトハイク」
  • ・「森遊び」のプロと過ごすスペシャルプログラム

などなど、アファンの森財団ならではのプログラムをカスタマイズいたします。

研修風景写真

親子プログラム写真

アファンセンター

 アファンセンターは、研修会場としての活用はもちろん、役員会議や企画会議の会場としてもご利用いただけます。休憩時間にはアファンの森を散策したり、企業経営に役立つ新しいアイディアや発想が生まれる場となることを期待しています。

アファンセンターの概要はこちら

ページトップへ戻る

震災復興

大震災に寄せて

 このたびは、千年に一度という巨大地震に襲われ、また、その影響による原発事故という未曾有の事態に至っています。被害に遭われた皆様には、心からのお見舞いを申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、スタッフ一同深くお悔みを申し上げます。そして、一日も早い復興を念じております。

 この東日本大震災からの復興のために私たちに何ができるか、震災以来考え準備をしてまいりました。多くの皆様に支えられて、森を甦らせる活動をしてきた「アファンの森財団」として、森を通じて貢献出来ることを始めていきたいと考えています。

 1つは、森は甦ることを伝え東北の森を再生するためのお手伝いをすること、そしてもう1つは豊かな森が持つ“森の癒し”を提供すること。日頃私たちの主軸の活動である、“森の再生”と“心の再生“この2つの視点で、アファンの森「震災復興プロジェクト」を始動する運びとなりました。

 多くの皆様と一緒にこの国難の一助を担いたいと想いアファンの森「震災復興プロジェクト基金」を開設させて頂きます。少しでもご無理のない範囲でご支援、ご協力いただけましたら幸いです。一日も早い東北の復活のお手伝いをしたいと考えています。

2011年4月2日
一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団
理事長C.W.ニコル

「心に希望の木を植える」 〜 被災地のご家族をアファンの森へ 〜

多くの皆様からの御支援のもと、昨年の夏以降、合計114名の被災された皆様をアファンの森へご招待することができました。
27年かけて甦った森の中で、疲れた心と体を開放し思い切り笑う子どもたちの笑顔の輪が、まわりの大人にも広がっていく・・・。森が持つ力を感じずにはいられませんでした。
引き続き今年もアファンの森へ被災地の皆様をお招きし、自然の力による心のケアのお手伝いを行っていきたいと考えております。

2011年度 実施内容はこちら

2012年度 実施内容はこちら

「命の森を育てる」プロジェクト 〜 被災地の森づくりのお手伝い 〜

震災による大きな被害にあった地域の自然を取り戻すお手伝いをしていきます。
アファンの森で行ってきた「生物に評価をしてもらう森づくり」の手法を活かし、地域本来の生態系を取り戻す活動のお役に立てればと考えております。

東松島市との取り組み

『復興の森づくりと森の学校プロジェクト』がスタート

 上記「心に希望の木を植える」プロジェクトを通じて、東松島市の皆様との御縁が生まれました。その中でアファンの森に来られた東松島市職員の方が「今の東松島市は26年前のアファンの森です。未来が見えました!ぜひ東松島市にもアファンのような森をつくってください。そしてその森に被災した学校を再建したいのです!」と熱い思いを私たちに語って下さったのです。

 こうして地域の自然を活かした高台の森の中に、里山の集落のように木造の教室が点在するような学校を目指して、2012年2月『復興の森づくりと森の学校プロジェクト』がスタートいたしました。

ページトップへ戻る

普及

「森を伝える」

 「豊かな森の存在意義をうったえること」はアファンの森財団の使命のひとつ。直接的な活動として実施しているのが普及活動です。会員様向けの見学会や会員の集いは毎年実施し、森の再生の現場を体験いただいております。

 また地元関係者の皆様を始め、同様の活動を行う団体や社会貢献活動に関心のある企業などが多く訪問され、さらに環境関連イベントへの出展などより多面的に森の豊かさやその可能性をお伝えする機会を設けております。

ページトップへ戻る

日本の自然を守る

自然再生事業 -日本の自然をつなぐ-

 アファンの森で実践している生物たちの生育・生息場所の再生を、地域ごとの特性に合わせて行えるように、地域を超えた自然再生活動の支援を行っています。
 全国で生き物が暮らしやすい環境が増え、生きもののネットワークが広がることで、日本全体が生物多様性溢れる、可能性に満ちた国になるように、多くの方と共に歩みたいと思っています。

環境コンサルタント業務-

当財団では保全活動のコンセプト・方針を構築、またそれを維持するために必要な環境調査活動、およびコンサルティング事業を行っています。

  • ・現在の対象地の状態を把握・解説
  • ・保全活動のコンセプト、方針の提言
  • ・関係者への啓発活動などを含めた活動計画のご提案
  • ・継続的な調査による状況把握と順応的管理のご提案

などトータルな支援事業を行っております。

都市部での自然再生業務

都市部でも出来る取り組みとしてビオトープ(生物の生息空間)づくりを始めました。 小さな拠点を数多くつくることにより線となり面となって、大自然と同じような機能を持たせられると考え、都市部からアファンの森へつなげるビオトープネットワーをイメージして、全国の生物の拠点を増やしていく取り組みです。

  • ・学校ビオトープの整備、維持管理プログラム(出前授業)
  • ・公共、民間施設でのビオトープ整備、維持管理プログラムの提供
  • 出前授業の様子

  • 民間施設のビオトープ

ページトップへ戻る