震災復興プロジェクト

活動実績一覧

大震災5年目を迎えて

 東日本大震災から5年が経ちました。改めて犠牲になられた全ての方々へ心より哀悼の意を表します。また最愛のご家族やご親戚、ご友人を亡くされたご遺族の皆様のお気持ちを思うと哀惜の念に堪えません。

 アファンの森財団では、震災直後より宮城県東松島市のみなさんをアファンの森へご招待させていただいたのをご縁に、震災復興プロジェクトとして、森の学校づくりのお手伝いをさせていただくという素晴らしい機会を頂きました。

 津波により壊滅的な被害にあった小学校を高台に再建するにあたり、学校予定地に隣接する森を「復興の森」と名付け、地域の方と森を甦らせるための活動をはじめました。高台造成工事に伴う学校建設は最短6年とされるなか、子どもたちに森の学校のシンボルとなるツリーハウスや海を臨む展望デッキ、そして森と対話するサウンドシェルターなど森の教室をつくり、森や池、田んぼを活用した森の授業も仮設校舎に学ぶ子ども達に提供してまいりました。

 心を1つにした多くのスポンサー企業、個人のみなさまのご寄付やご協力により実現することができています。

 震災の年、仮設の校舎に入学した子ども達が、6年間仮設の校舎で過ごすことにないよう、2017年1月に森の学校供用開始に向けて、東松島市教育委員会と連携をとりながら現在急ピッチで校舎の建設と森づくりに励んでいます。

 アファンの森財団の活動の基盤である「豊かな森の再生」と、豊かな森は人の心も豊かにする「心の再生」の2つの活動が実を結び、被災地から日本初の"森の学校を創る"という大きな希望へと繋がりました。

 幾度となく通わせて頂くうちに、気がつけば、私達の方が沢山の希望と勇気を頂いていました。

 『被災地から、日本の希望をつくる。』そんな思いで、地域の方々と活動をつづけています。やがて森の学校で学んだ子ども達の描いた夢が、実現できる日本になるように、これからも歩み続けて参ります。

2016年3月11日
一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団
理事長C.W.ニコル

森は癒しと希望を与えてくれます

 アファンの森は、捨てられた森を人の手で27年かけて再生した森です。今では様々な生物が暮らし、全ての生きものがバランスを保ちつつ"生命の環"で結ばれています。森を訪れた方がそうしたつながりの中で「森は生きている」こと、「森と私たちはつながっている」ことを感じ、心と身体を解放することで傷ついた心を癒すお手伝いができればと考えています。
 また東北の傷ついた自然も必ず甦ることを感じてもらい、地域の子どもたちと一緒に被災地の森づくりのお手伝いができればと思っています。

森づくりは未来を信じることなのです。

「心に木を植える」プロジェクト 〜 被災地のご家族をアファンの森へ 〜

アファンの森財団では、これまで7年間で約550人の児童養護施設や盲学校の子どもたちを森へ招く「心の森プロジェクト」を開催してきまし た。心や体に傷を負った子どもたちが命あふれる森でおもいっきり遊ぶプログラムです。生き物たちが命の輝きを取り戻した森は、被災地の子どもたちを温かく包みこみ元気にしてくれると信じています。
そして多くの皆様からの御支援のもと、昨年の夏以降、合計114名の被災された皆様をアファンの森へご招待することができました。27年かけて甦った森の中で、疲れた心と体を開放し思い切り笑う子どもたちの笑顔の輪が、まわりの大人にも広がっていく・・・。森が持つ力を感じずにはいられませんでした。
引き続き今年もアファンの森へ被災地の皆様をお招きし、自然の力による心のケアのお手伝いを行っていきたいと考えております。

被災地に「命を育てる」森づくりプロジェクト

震災による大きな被害にあった地域の自然を取り戻すお手伝いをしていきます。
アファンの森で行ってきた「生物に評価をしてもらう森づくり」の手法を活かし、地域本来の生態系を取り戻す活動のお役に立てればと考えております。

東松島市との取り組み 『復興の森づくりと森の学校プロジェクト』がスタート

 上記「心に木を植える」プロジェクトを通じて、東松島市の皆様との御縁が生まれました。その中でアファンの森に来られた東松島市職員の方が「今の東松島市は26年前のアファンの森です。でもこうして愛情を持って取り組めば、こんな素晴らしい森になる。未来が見えました!ぜひ東松島市にもアファンのような森をつくってください。そしてその森に(津波の被害にあった)学校を再建したいのです!」と熱い思いを私たちに語って下ったのです。
 こうして地域の自然を活かした高台の森の中に、里山の集落のように木造の教室が点在するような学校を目指して、2012年2月『復興の森づくりと森の学校プロジェクト』がスタートいたしました。

これまでの活動

2011年
5月12日(木)
緊急提言シンポジウム5.12「森と海をつなぐ日本の再出発」開催
当日の様子(動画)
8月10日(水)〜12日(金)
東松島市在住のご家族、7組27人にご参加いただきました。
当日の様子
9月23日(祝金)〜25日(日)
東松島市在住のご家族、11組31人にご参加いただきました。
当日の様子 当日の様子(NHKニュース)
10月10日(祝月)〜12日(水)
仙台市の小学生親子、19組29人にご参加いただきました。
当日の様子(その1) 当日の様子(その2)
12月23日(祝金)
ニコルサンタクロース 馬車にのって東松島へ
当日の様子
2012年
2月9日(木)
ニコル 鳴瀬第二中学校 仮設校舎を訪問
当日の様子(画像)
2月10日(金)
第一回東松島市「森の学校委員会」(仮称)開催
当日の様子(画像)
3月2日(金)
平成23年度東松島市恊働教育講演会
「森の学校 地域でこどもを育てよう C.W.ニコル講演会」
(主催:東松島市、東松島市教育委員会)
当日の様子(画像)
2月17日(金)〜19日(日)
塩釜市、松島町、東松島市在住の子ども達20人と付添い6人に参加いただきました。
当日の様子
3月28日(水)〜30日(金)
飯館村をはじめとする福島県在住の子ども達13人に参加いただきました。
当日の様子
6月26日(火)〜28日(木)
東松島市小学校5校へニコルによる出前授業
当日の様子
7月2日(月)
東松島市と復興協力協定を締結
当日の様子 当日の様子(画像)
7月17日(火)
アファン震災復興コンサート ニコルの朗読とピアノのコラボレーション
当日の様子
7月28日(土)・29日(日)
東松島市の中学生と職員がアファンの森で「森の学校の構想」
当日の様子
8月1日(水)〜3日(金)
東松島市のこどもたちをアファンの森へ
当日の様子
9月15日(土)〜17日(月)
東松島市の子ども達をアファンの森へ
当日の様子
10月6日(土)
東松島市で始めての復興の森づくりワークショップ
当日の様子
12月8日(土)
第2回東松島市復興の森づくり 120名参加
当日の様子