アファンの森は今(ほぼ毎日更新事務局ブログ)
サポーター登録、寄付、トラストはこちら
C.W.ニコル公式サイト
よくある質問
お問い合わせ
サイトマップ
プライバシーポリシー

アファンの森は今


2002年4月

0204_05.jpg日をいっぱに浴びて伸びたフキノトウ。食べるにはちょっとトウが立ち過ぎ。

0204_01.jpg4月14日、松木さんについて、アファンの森を歩きました。今年は暖冬で、森のどこにも雪は残っていませんでした。

0204_02.jpg木々はまだ葉を落としたままのものが多いのですが、地面に積もった枯葉の間から、春の花が顔を出していました。写真は、C.W.ニコルが大好きで植えた水仙。

0204_03.jpg藪の間に、去年の鳥の巣を発見。

0204_04.jpg林床に、透き通るような花弁のカタクリの花。

0204_06.jpg流れの近くの枯葉の間、よく見ると小さなカエルがたくさん!

0204_07.jpg冷たい川の流れを、松木さんが作ってくれた笹の葉のコップで、何回もおかわりして飲む子。 

d0204_08.jpg流れ近くに、アズマイチゲが咲いていました。

0204_09.jpg冷たい水際には、ワサビが白い花を咲かせていました。茎をかじってみると、清冽な辛さが口に広がります。

0204_10.jpg枯葉の上を流れる浅い水に、野生のクレソン。苦くておいしい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0204_11.jpg

そばには、ノブキも。

0204_12.jpg森の入り口の水たまりそば。朴の枯葉をつきやぶって、が天を指して伸びていました。

 

 

 

 

 

 

 

過去の記事