アファンの森は今(ほぼ毎日更新事務局ブログ)
サポーター登録、寄付、トラストはこちら
C.W.ニコル公式サイト
よくある質問
お問い合わせ
サイトマップ
プライバシーポリシー

アファンの森は今


2006年10月

 盲学校に通う子ども達を迎えての"心の森"を10月28?29日に行ないました。今回は参加者が5人と少なかったのですが、少なさを感じさせないほどみんな元気に過ごしました。
 バスが森に到着して、森で昼食をとり自己紹介タイム。このときからみんな元気で、それぞれパートナーと共にアファンの森をまずは散策に出かけました。ホテルの心のこもったマツタケずくしの夕食をいただいた後、広間で今日一日を振り返って絵を描き、お休みコンサートをし、お話に耳を傾けてねむりに付きました。
 2日目は、早朝ホテルの前の森へ出かけ、朝食後アファンの森では昨晩見や夢を分かち合いました。その後は、お昼の食材キノコ探しへ。子ども達が主導権を握りながら、それぞれたくさんのキノコを持ってかえってきました。採ってきたキノコはキノコ博士に託して、今度は森のリズムセッション。みんなで盛り上がっていると、きのこ汁が出来上がり、みんなで「うまい?」と舌鼓。そのまま「お話の森」(森のお話し会)に耳を傾け、あっという間の2日間は終了、バスに乗って家路に着きました。
 付き添いとして参加いただいた親御さんは、森の中では子どもと離れアートセラピーと癒しの森プログラムに参加いただき、ご自身のための時間をのんびり過ごしていただきました。

 2日間を振り返り、一人の女の子が「アファンの森は永遠に不滅です!」といってくれました。嬉しかったですね。参加者もスタッフも関係なくみんなとハグをしてお別れしました。

R0010023.jpgR0010021.jpg

 

R0010039.jpgR0010083.jpgR0010080.jpgR0010086.jpg

秋晴れの中、10月の会員見学会が行われました。
いよいよ山頂から紅葉がアファンの森にも下りてきました。
「ここで最初に色が変わるのは、サクラ、ヤチダモ、カツラなんだ。
こんなこと覚えてもなんのやくにもたたねえけどな。」
松木さんのいつもの「松木節」に笑い声がはじけました。

P1010078-2.jpg

 ボランティアの方に手伝っていただき、2004年に植えた苗木と5区画の主要樹木の計測を行ないました。

 秋晴れのいい天気の中、お集まりいただいた8人と400本程の苗木を計測しました。「まっすぐ育たないものだなぁ」とは、あるボランティアさんの弁。折れたり曲がったり、虫に食われたりしながら、それでもイッパイに葉を出して大きくなろうとしている苗木に感心しながらの作業でした。
 お昼には「ナメコ汁」(ナメコの味噌汁ではないのです。)を味わっていただきました。

P1000824.jpgP1000803-1.jpg

 

 

 

 

P1000839.jpgP1000812.jpg 

 

   

 

 ご協力いただいた8人の皆さん、ありがとうございました。
 苗木の生長度合いを把握するために、毎年計測しています。来年もお声をおかけする予定です。よろしくお願いします。

 アファンの森にもおいしいものが顔を見せ始めています。

 苗木の計測を8人ボランティアさんに手伝ってもらい実施しました。そのお昼に登場したのがこの「なめこ汁」です。「なめこの味噌汁」ではないところがミソです。その理由は秘密です。うまかった?。

 実りの秋、食欲の秋がアファンでも始まりました。
(か)

P10007.jpg P1000824.jpg

6月以降ながらく更新せずに、大変失礼いたしました。
4ヶ月ぶりに「アファンの森は今」をお伝えします。
01.jpg 森の入り口は、まだ緑色です。
 ところどころで黄色が混じりこんできています。

 実は、今日はボランティアの方にお手伝いいただいて、2004年に植えた苗木の計測を行ないました。

02.jpg

 地面に目を移すと、たくさんのナメコが顔を出していました。もちろん、ボランティアの皆さんとお昼にナメコ汁でいただきました。うまかった?

03-1.jpg

 計測しようとした苗木にこんなものが付いていました。これ、クモの卵のう(タマゴのつまった袋)のようです。オオトリノフンダマシだと思うのですが、詳しい方教えてください。

 それにしても、なんでこんなカタチしているのでしょうね。

07.jpg

 コナラの苗木の葉に実が!ハナイカダ???

 これ、虫こぶです。ナラハヒラタマルタマフシというタマバチの仲間が作ったもののようです。

08.jpg

 これも虫こぶのようです。ナラエダムレタマフシでしょうか...?

 そもそも「虫こぶ」ってなんでしょうね。
「植物の葉に"こぶ"が付いていたり、芽が異常に肥大していることがあり、内部に虫が見つかることが多い。そのため、この"こぶ"などは、虫こぶ、虫えいと呼ばれるようになった。(中略)虫こぶを形成する生物の何らかの刺激によって寄生された植物の細胞・組織が異常に増殖・肥大して生じる。」というような内容が書いてありました。
乱暴な言い方をすると、植物の組織内に産卵などされたことでできたこぶ、となるようです。

P1000831.jpg

 小難しい話はやめて、散歩に出かけましょう。

 歩き出すと足元をバッタがはねるわけですが、バッタとは違う動きを見せるものがいました。正体はこのアマガエルでした。こんな色にもなるんですね。

09-1.jpg 10-1.jpg

 

 

 

 

 

 



小鳥の巣箱の下に、ハチの巣を発見!

11-1.jpg

 視線の端に動くものが見えたので双眼鏡を覗いたら、アオゲラでした。

 わかりますか?写真中央です。赤い頭が目印ですね。

P1000840.jpg

 水路を流れる水の中にイワナがいたんです。この写真ではよくわからないと思いますが、中央に写真右下に向かっているイワナがいるのです。...。

P1000845.jpg P1000847.jpg

 

 

 

 

 

 


 
倒木にびっしり生えたキノコ。左の写真、両腕を上げているバレリーナのように見えません? 

P1000849.jpg こちらはコケですね。上質の絨毯でしょうか。

04.jpg 05.jpg

 

 

 

 

 

 


06.jpg

 アファンの森のカエデ類も、そろそろ色づいてきています。今年の紅葉はどんな色になるでしょう...。

 昨日5日、軽井沢で開催されている
国際クマ会議へ行ってきました。

 会議の雰囲気はかたすぎず、感じのいいものでした。
あいにくの雨でしたが。
強力な雨女の私としては出先で雨というのは珍しい話ではないのですが・・・

 今各地で問題になっている人とクマのあつれきについて、
「経済的影響より心理的影響の方が大きい」
ということばが印象に残りました。

 クマと、それをとりまく人の環境をもっと勉強しなければいけませんね。
(T)

はじめまして。
新しい人です :lol:

右から妙高山で、黒姫山で、とすると隣は飯綱山?で、奥が戸隠山かー、
普段見ている山でも角度が違うとまた違ってみえて、
なじみの山の違う形がまたなじみになるんだろうなあ、と思いつつ出勤してます。

はやくなれて色々見えてくるようになればいいなとおもいつつ、
日々の積み重ねを大事にしていきたいと思います。
どうぞよろしく。(T)

 数ヶ月ぶりの投稿で失礼しております。

 事務局に新しい人が職員として加わりました。私の後ろの席でいろんな事の引継ぎを始めています。いろいろ会話しながら進めていくのを聴いていると、何だか嬉しいものでこの先が楽しみになります。事務局もこれで新たに一歩踏み出したわけです。

 今後ともよろしくお願いいたします。
(か)

過去の記事