アファンの森は今(ほぼ毎日更新事務局ブログ)
サポーター登録、寄付、トラストはこちら
C.W.ニコル公式サイト
よくある質問
お問い合わせ
サイトマップ
プライバシーポリシー

アファンの森は今


2007年10月

 千葉、愛知、神奈川、長野の盲学校に通う子ども達8人と親御さん4人を招いての心の森プロジェクトが、10月27?28日の一泊二日で行なわれました。 初日は一日中雨に降られてしまいました。アファンの森に到着してから夜までずっと森の中にいる計画を立てていましたが、夕食はホテルでとることにし、それまでは雨の森を楽しむことにしました。

 

093.jpg

077.jpgバスがアファンの森に到着し、雨具と長靴を準備して入場。ティピーの中でみんなとお昼ご飯を食べ、パートナーと共に森へ出かけます。とにかくいろんなところへ出かけてみようというペアもあれば、いろいろな生き物を触りながらのんびり散策、ノコギリで薪づくり、などさまざまです。半数が初参加で最初は緊張していましたが、徐々に緊張もほぐれヤマブドウの蔓のブランコからは大きな笑い声が森に響いていました。共に歩きながら日常の話をしたり、笑い合ったり、いろんなシーンが雨の森でも見ることができました。親御さんも、子供と離れしっとりとした雨のアファンの森を堪能していました。
 夜はホテルへ戻り、自分達で作ったクリームシチューを食べた後、音楽会に。ピアノの演奏会やスライドホイッスルで全員がアンサンブル。特に、駅のホームで流れる音楽を完全にコピーして披露してくれたのには驚きました。

 2日目は台風も去り良い天気に。日の出の時間に合わせて早朝に散歩に出かけ、朝食後に再びアファンの森へ。深呼吸をして森の空気を体に入れたら出発です。木登り、ブランコ、ノコギリで立木を伐採、きのこ狩り(顔ぐらいあるシイタケを獲った子もいました)などを時にはパートナーと2人で、時には他のペアとまとまって楽しんでいました。

DSC00082.jpg115.jpg ティピー裏にあるネジキに登りたいと、一人で(全盲でしたが本当に一人で)がんばり続け、ついに登れたその男らしい顔や、「私も登る!」と本当に登ってしまった女の子の笑顔、ニコルさんにいろいろ質問している真剣な顔、どこかスッキリしたように感じる顔、など今回もいろんな表情に出会えました。
 アファンの森も2日間で全く違う表情を見せ、その懐の深さを改めて実感する機会にもなりました。「雨の森も楽しい」ことを改めて子ども達から教わったような気がします。結局、子ども達を迎えている私たちも元気をもらって、豊かな気持ちになっています。楽しい2日間でした。

協働 日本アムウェイ株式会社 One by Oneこども基金
協力 株式会社 インテージ



 

事務所の2階に上がった時、ドン、ドン、ドン、と何か壁に打ち付けるような音が。
誰か近所で大工仕事をしてるのかな?と思いましたが、音は事務所の外側の壁から聞こえるような気がします。
・・・もしかして!
C.Wニコルの絵本「森に行こうよ!」の1シーンがぱっと頭に浮かびました。
私はそっと下に降りて建物の裏側に音をたてないようにまわり、
角からそっと上を見上げると、ふと目が合いました。
やっぱりいた。アオゲラというキツツキです。
私が見上げるとアオゲラも家の壁にとまったまま「なに?今忙しいんだけど」みたいな感じでこちらをじっと見下ろしていましたが、しばらくするとケッケッと鳴きながら林の木に飛び移っていきました。
ニコルさんが書斎にいたらアオゲラにノックされたというお話、体験してしまいました・・・でもお願いだから事務所に穴は開けないで。(t)

kenngaku.jpg10月の会員見学会が行われました。
人数は少なかったのですが、アファンの森では紅葉が始まり、森にはどんぐりやクルミなどの木の実もたくさん落ちていて、キノコも食べられるものから食べられないものまでたくさん出ていました。
上を見たり下を見たり、キノコを食べたり(もちろん食べられるキノコですよ)、まさに秋を満喫した見学会でした
 

001.jpg地域の方々との交流に、町民向け見学会を開催しました。アファンの森のはじまりや、森を整備することとは、という説明の後、実際のアファンの森を見ていただきました。
アファンの森は一般公開をしていないので、財団があるのは知っていたが、詳しくは知らなかったという方も多く、今回の見学会で、またこういった機会を作ってほしい、町を巻き込む形で活動が広がってほしいといった前向きな言葉を頂き、地域の森を良くしていくこと、またその活動を広げていくとというアファンの森の意義のひとつを確認できた会になりました。
たくさんの方にご参加いただきましてありがとうございました。


そして参加者の3分の1が子どもさん、というのがまた印象的でした。やはり森には子供のはしゃぐ声が似合いますね。

R0012471.jpgベニテングダケです。見事でした。

 シャーマンが乾燥させて口にするとか...。

(か)

アファンの森がある長野県信濃町は「森林療法」に力を入れていて、森をともに歩いて人を癒す森林メディカルトレーナーの会「ひとときの会」があります。
 トレーナーの中には「アファン'心の森'プロジェクト」にも関わっていただいている方もいますし、今回交流とお互いの勉強の意味も込めてアファンの森の見学会を企画しました。参加者は15名、森のためにもちょうどいい人数が集まりました。
 そして森を案内するのは松木さん。みんながみんな、やはり松木さんの森づくりの視点から見た森の話を楽しみに来ていました。財団の説明を少しした後、森に入りましたが、「おっかしいなー、今日はおれが案内されるとおもってたんだけどなあー」など言いながら、皆さんの熱心な質問に松木さんもいつもよりさらに饒舌でした。
 最後に「アファン'心の森'プロジェクト」の事例を紹介し、終了しました。

hitotoki.jpg

 トラストで取得し、ヤブ刈りが終わった場所で間伐作業を始めています。
 この3連休ではのへら隊(グリーンセイバーのボランティアの皆様)にご協力いただき、この間伐材の片づけを行ないました。

 今年も炭を焼く予定にしていますので、この間伐材は炭焼き小屋のところへ積み上げられます。すでに炭焼き窯には火を入れ始めていて、窯の状態を整える作業も始めています。今回は煙突の具合がよくないとのことで松木さんは煙突の修復作業をしました。

写真協力:池田恭久

071006.jpg 071006-2.jpg  

過去の記事