アファンの森は今(ほぼ毎日更新事務局ブログ)
サポーター登録、寄付、トラストはこちら
C.W.ニコル公式サイト
よくある質問
お問い合わせ
サイトマップ
プライバシーポリシー

アファンの森は今


松木さん イノシシ獲ったり

 11月15日から猟期が始まりました。毎年松木さんはこの前後になるとそわそわします。けっしてそのことは口にしませんが、はたから見ている私たちにはよくわかるわけで。

 そして今日、イノシシを獲りました。自宅に持ち帰り、皮をはぎ、内臓を取って、ひとまずの作業は終わってやれやれ、という時に会いました。けっして口にはしませんが、その顔はとてもうれしそう。猟師仲間もやってきて、そのときの状況をを身振り手振りを交えて話していました。

 動物の肉はこうして私たちの口に入るんだな、と改めて思います。どこかで育ったものを、人が殺し、処理をして肉にしているわけです。このイノシシは松木さんによって、きれいに処理されていました。ちゃんと内臓も部位ごとに取り分けていました。そして人が「いただく」わけですね。
 
★突然ですがニコルさんの本が出版されます。
こちらは、シカのお肉をいただこう、というものです。

ただのレシピ本ではありません。
日本のワイルドライフ・マネイジメント(野生動物保護管理)に一石投じる本になり得ると思います。12月1日発売予定です。どうぞ手に取ってください。
 
『鹿肉食のすすめ 日本人は鹿肉で救われる』 C・W ニコル
定価 1,500円+税

写真 南健二
製作 (財)自然環境研究センター
発行 東京環境工科学園 出版部

(か)

過去の記事