アファンの森は今(ほぼ毎日更新事務局ブログ)
サポーター登録、寄付、トラストはこちら
C.W.ニコル公式サイト
よくある質問
お問い合わせ
サイトマップ
プライバシーポリシー

アファンの森は今


2010年8月

8月23日~25日に、高校生と大学生がアファンの森にいらっしゃいました。

 

遠賀川水辺館を中心に遠賀川流域の生物調査や自然体験の共有などを行っているメンバーが、直方川づくりの会の方々と共に、いらしていただきました。

遠賀川水辺館があるのは福岡県です。飛行機、新幹線、在来線と乗り継いで来てくれました。

豊かな森を実際に肌身で味わうために、数年前から会の方が計画し、今回実現したものです。

 

直方川づくりの会の皆様とは、鳥居川の近自然工法でお世話になった西日本科学技術研究所の福留脩文先生がきっかけでニコルと知り合い、一昨年のウェールズのツアーにも多く方に参加いただきました。

エネルギッシュな方々ばかりです。

 

3日間、松木と私と共にアファンで過ごしました。

 

松木の「森を見る視点」を学ぶまずは松木と共にアファンの森を散策いただき、

実際の作業も手伝っていただくことで、アファンの森になじんでいただきました。

 

森の生き物を紹介しながら、その暮らしにも注目して解説したり、

ナイトハイクで夜の森を味わうだけでなく、自分の感覚にも目を向けていただきました。

 

鳥居川で近自然工法の現場を見たと思ったら、

アファンの森に戻ってロープのブランコで遊んだり、

森での作業は、倒木の片づけをお願いしました。

一人だけで森の時間を過ごしてもいただきました。

 

日常では、森にかかわることがほとんどないとのことで、

皆さん興味深く松木や私に関わってくれて、

ノートに書きとめながら覚えようとすることだけでなく、

森を感じて味わうこともちゃんとしてくれていました。

 

松木いわく、「もっといろんなこと教えてあげればよかったかなぁ」と漏らすほどでした。

 

昼食は松木小屋の前でのんびり。スイカやキュウリ、トウモロコシほおばります。素直に聴いて、素直に感じてくれた姿に。

こちらも元気をもらえた3日間でした。

 

 

皆様の今後の活躍をお祈りしております。

 

(事務局 河西)

8月22日16:30

ご存知、タマゴタケ。

今年は顔を出すタイミングが例年より遅いような気がします。

松木小屋の前の池のほとりに顔を出していました。

 

食用で味噌汁やバター炒めなどおいしくいただけます。

ニコルも大好き。 

 

まだ採取するには早いので、写真だけとりました。

 

 

翌日、同じ個体の写真をとりました。

 

21時間後の様子です。

 

       ↓

 

       ↓

 

       ↓

 

 

8月23日

 

 

 

 

 

 

食べ頃になっていました。

 

(事務局 河西)

 

 

先日の8月22日(日)に会員見学会を行いました。

お盆を過ぎて朝晩は比較的涼しくなったものの、日中は蒸し暑い日が多いアファンの森ですが、

この日も暑い一日でした。

 

ハエやアブが多く、夕方は蚊も出る始末なのですが、

いいこともありました。

 

ミヤマクワガタ立派なミヤマクワガタでした。

 

今年はカブトムシ、クワガタを見る機会が少なかったので、思いがけないことでした。

 

 

 

 

松木節は変わらず松木節は健在で、質問されるとエンジンがかかってきます。

 

見学会にご参加の方、

松木をいかにからかうかも楽しみの一つにどうぞ。

 

にぎやかなのが苦手な方は、事務局と少し離れてのんびり散歩でももちろんOKです。

 

(事務局 河西)

今日の午前中は群馬県にあるサンデン環境みらい財団と連携・協力関係にある大学から、

若手社員と環境関連を学ぶ大学生とのグループが、アファンの森を訪問されました。

関連記事

 

地元の中学生や留学生へ環境の大切さを伝える取り組みを計画されているとのことで、

まずは自分達が学ぼうと、アファンの森を選んで来ていただいたのです。

 

松木さんの登場は次の機会として、私がご案内させていただきました。

 

案内役はともかくとして、

アファンの森の場の力は高いので、

その場所に実際に立って体感することが何よりの学びになるな、

とあらためて感じました。

 

参加者にとって有意義な時間になっているとホッとするのですが、

答えができるのはもう少し先になるんだと思います。

参加者の皆さんのご活躍をお祈りいたします。

 

(事務局 河西)

木陰に咲く暑い日が続いていますね。

アファンの森も朝からセミの声が響いて、さわやかさが半減します。

 

木陰の涼しそうなところに咲いていました。

きれいですね。

ホッとします。

 

(事務局 河西)

残暑がとんでもなく厳しいというニュースがたくさん聞こえてきます。

信州信濃町も例年より蒸し暑い日々、のようです。

 

アファンの森の事務所は、今日から通常に戻りました。

お休み中にたまったほこりやクモの巣などをとりはらっていたので、

いつもより掃除に時間がかかりました。

 

それでも、汗だくまでにはならないので、

少なくとも長野市内よりはずいぶん涼しさを実感します。

 

事務所の花きれいになった事務所のテーブルに花を置いて、仕事に移ります。

 

今日も事務所にはいろんな方がお見えになりました。

迎えた花はキンミズヒキとヌスビトハギです。

 

今日もお世話になりました。。。

 

(事務局 河西)

少し前の活動報告です。

 

夏休みが始まったばかりの7月24日、オフィシャルスポンサーである株式会社ディー・エヌ・エーの社員の皆様が親子でアファンの森を体験しに来ていただきました。

これまで作業のお手伝いを頂いたり、新人研修をアファンの森で実施していただいておりますが、ご家族にいらしていただき体感いただくのは初めての機会でした。

とにかく豊かな森そのものをご家族と一緒に味わってもらうことを意図して、親子とスタッフとで森遊びの時間としました。

 

草むらに跳ねるカエルを探す上は12歳、下は3歳の子ども達を含む14人の親子が長野新幹線と信越線に揺られてアファンの森までやってきました。全家族が初めてのアファンの森です。

少し緊張した雰囲気の中、ガイドスタッフと顔合わせし、さっそく散策に出かけます。

 

道草しながらの散策は、森と参加者ご家族とのアイスブレイク(緊張をほぐす)です。

歩き始めから、草むらを跳ねるカエルを追いかけたり、雪の重みで曲がった木を見上げたり、水の中のオタマジャクシに目をやったり、飛び交うトンボやチョウを追いかけたり、サンショウやカツラの葉を匂ってみたり、とのんびり進みます。

8月4日から6日の2泊3日で、アファン"心の森"プロジェクトが行われました。

夏らしい暑い3日間、アファンの森ロッジしらかばに包まれて「大家族の夏休み」を過ごしました。

 

やって来てくれたのは東京、神奈川、埼玉、千葉、栃木の6つの児童養護施設で暮らす、小4~小6の20人。各学園の職員と共に遠路を参加してくれました。

 

初日

長野新幹線から信越線に乗り換えて黒姫駅に到着した20人は、バスでアファンの森にやってきました。少しの疲れ、不安、楽しみ、興奮、いろいろな感情がうかがえる子どもたちの表情。

そんな子供たちはアファンの森の入口で松木の大きな手と握手をして森の中へ入ります。

太陽がとても暑く感じる日、森の中は涼しく感じます。

 

地元のおばちゃんが作ってくれたお弁当オリエンテーションや絵を描く時間をとって昼食です。

スタッフの顔色をうかがう人、緊張している人、さっそく生き物を見つけて森となじみ始めている人、そんな中「知らない人とペアを組んで絵を描く」というプログラムは、ある人にとっては少ししんどいかもしれません。森で初めて会った人と関わることから始まります。

地元のおばちゃんが作ってくれたおいしいお弁当をたいらげ、この絵を遣ってグループ分けです。

参加者同士で選び選ばれる時間もまた他人事ではいられない時間です。

 

週刊ポストという雑誌に脳科学者の茂木健一郎さんが「脳のトリセツ」というコラムを連載している。

第52回目の今回は、茂木さんが7月にアファンの森へニコルさんを訪ねて来た時の事が

書かれていました。

この中で、森の「癒し」と現代人の脳の使い方の「バランス」の話がおもしろかった。

興味のある人は読んでみてください。

 

 

(事務局 堤)

 

 

8月に入りました。

 

森ではオオウバユリが花を咲かせ始めました。

 

      【オオウバユリ】

オオウバユリ

 

 

 

 

 

 

 

 

弥生池の岸辺に立っているネムノキの花も咲いています。

       【ネムノキの花】

ネムノキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネムノキの写真を撮っていると、カメラを構える手にトンボがとまりました。

      【アオイトトンボ】

        アオイトトンボ 

 

 

 

 

 

 

 

たまにチョウチョが身体にとまって汗を吸っていることがあります。

このトンボはとまってじっとしているだけでした。

 

 

(事務局 堤)

過去の記事