アファンの森は今(ほぼ毎日更新事務局ブログ)
サポーター登録、寄付、トラストはこちら
C.W.ニコル公式サイト
よくある質問
お問い合わせ
サイトマップ
プライバシーポリシー

アファンの森は今


2011年9月

8月と9月にアファンの森へ被災された方々をご招待することがご縁で、宮城県東松島市との交流が始まりました。

9月15・16日、 理事長のニコルと財団職員が東松島市を訪問し、被害の情況などを大沼副市長よりご説明いただきました。

【大沼副市長から被害や復興計画について説明】

110924houmon2.jpg
東松島市では、市街地の約65%が浸水。
1044名がお亡くなりになり、94名の方が行方不明となっています。
ピーク時で約15000名の方が、避難所で生活をされていましたが、8月末で、すべての方が仮設住宅へ移られたそうです。




学校は14校の小中学校のうち6校が水没。特に浜市小学校、野蒜小学校、鳴瀬第二中学校が壊滅的な被害に遭い現在も校舎が使えず、他の学校や市役所の施設を一部借りて授業を行っています。

東松島市役所の方々は被害が大きかった学校の子ども達を、アファンの森で思いっきり遊ばせてほしいと、市民に参加を呼びかけて下さいました。

【 津波の被害の後、ご遺体安置場となっていた
体育館でボランティアの方が作業(鳴瀬二中)】

110924houmon3.jpg











8月に参加者して下さった東松島市の復興政策部の方がアファンの森で3日間過ごされ、
「25年前に幽霊森と呼ばれていたアファンの森が、現在の東松島市です。現在の美しいアファンの森を観て、希望が持てました。そして私たちが何をすべきかも僕にははっきり見えました。
『松木さんがアファンの森は楽しいよ』といっているように『おらほの町も楽しいよ』と言える街にきっとしてみます!」と嬉しいお言葉をいただきました。


国や政府の方針が一向に定まらない中、従来の学校を再建するのではなく、新しい発想の”森の学校”にしようと計画を練っていらっしゃるご様子。


 【 阿部市長、宮城大学風見先生、復興対策部、教育委員会のみなさまと】

110924houmon4.jpg











山あり田んぼがあり海がある、美しい東松島市の自然を再生し新しい日本の森林文化の発祥地にしたいとおっしゃていました。
ニコルほかアファンスタッフ一同も、今後とも出来うる限りのお手伝いをさせていただくことを誓いました。

(事務局 野口)

9月20日、アファンセンター横に、「ウリハダカエデ」と「ヤマモミジ」を植樹しました。

 

110924 syokujyu.jpg今回の植樹は、アファンの森財団のオフィシャルスポンサーとしてご支援いただいている、日本ハム株式会社様にご紹介いただいた日本メープルリーフフーズ株式会社様が、アファンの森へご支援を始めるのを記念した植樹です。

 

あいにくの雨ではありましたが、両社の方々にアファンの森をゆっくりとご散策いただき、その後植樹式を行いました。

 

 

 

メープルリーフとはカエデ(メープル)の葉(リーフ)のことを言います。

この2本の木が生長していくようにより良い関係を築いていければと思っています。

 

ご参加 : 日本ハム株式会社

       日本メープルリーフフーズ株式会社

 

(事務局 石井)

 

このところ夏がぶり返したような暑さが続いていますが、季節は確実に秋に近づいているようです。

アファンの森の一角にあるカヤバ(萱場)にはたくさんのススキが穂を広げていました。

 

 

110915_Susuki.JPG

 

 

この日(9月15日)、麻布大学の高槻研究室のメンバーがカヤバで調査を行っていました。

高槻研がアファンの森で行う調査にも様々な目的があり、それぞれに内容も異なります。 

 

110915_Chousa1.JPG

 

 

ここでは1m四方の広さのススキを刈り取り、そこに生えているススキ以外の背の低い植物の

種を特定し、それらのバイオマス量を計量するために採取したり・・・。

細かな作業を4人の学生(全員女子)と高槻先生とがテキパキと進めていきます。

 

 

110915_Chousa2.JPG 110915_Chousa3.JPG

 

カタバミ、メドハギ、ヨモギ、アオイスミレ、ゲンノショウコ、ナワシロイチゴ、ホソバヒカゲスゲ・・・

たった1m四方の場所から、あっという間に10種以上の植物が数えられました。

 

          知らない人には一見地味で大変そうな作業に見えますが、

             実はとても楽しく、発見に満ち溢れいるのデス。

      ただし、興味とモノの見方一つでツマラナイものになってしまうのですが・・・。

 

 

110915_Yabukiri.JPG

 

  

  カヤバの外に出ると、枯れたタラノキの幹にとまったヤブキリがじろりとこちらを見ていました。

 

         「そんなところで油売ってないで事務所に帰って仕事しろっ!」

 

            たぶん、そんなことは言ってなかったと思いますが・・・。

 

               「スミマセン タノシカッタモノデ ツイ ・・」 

 

 

 

(黒姫事務局 堤)

先週末の9月10~11日、オフィシャルスポンサーの株式会社インテージの社員の皆様が、アファンの森を体験にいらっしゃいました。

南エリアの作業や、松木との散策、ナイトハイク、ニコルとの懇談を通して、ご支援いただいている現場を肌で味わっていただく機会でした。

 

若手やご家族と共になどさまざまな部署から20人の方が、遠路をバスに揺られていらしていただきました。

2人以外はアファンの森が初めてという方々にもかかわらず、

アファンの森に到着するなり南エリアにおつれして「地ごしらえ」の作業をお手伝いいただきました。

 

地ごしらえの作業説明も早々に作業していただきましたが、あたりは霧がかっていました。

やがて、ポツポツと降ってきたかと思ったら、

どしゃ降りになってしまいました。

 

慌ててバスへ引き上げました。

実際に作業できたのは30分。

しかし、「人数がいるって事は大したもんだな」と松木が言うように、想定していた場所はほぼ片づけていただきました。

ありがたいことです。

 

バスは北エリアへ戻り、整備し続けてきた北エリアの様子を松木と一緒に散策いただきました。

松木のキャラクターを含めたアファンの森の様子をご案内し、

夕食をはさんでナイトハイクも実施しました。

 

曇り空でしたが満月に近かったので、ずいぶん明るい中でのナイトハイク。

飛んでいる光はないものの、地面で光っているものはたくさん見ました。

 

それを「捕まえた!」と、手の中で光る様子をまわりの大人たちに見せてくれていた子ども。

「姿を見てみましょう」と私。

 

懐中電灯を照らして姿を見たら、、、

「え~、こんな恰好しているの!?」という声と同時に、

捕まえていた子どもは、無言で地面へ払い落していました。

 

「ゲジゲジホタル」と命名されたそれは、マドボタルの仲間だったんです。

暗い中で光る虫は、夢と現実を見せてくれたようでした。

 

翌日、とても良い天気で気持ち良いアファンの森を通り抜けてアファンセンターへ。

ニコルとも出会い、懇談して、都心へ戻って行かれました。

 

 

初日は特に天候が良くなく、初参加の方が多かったにもかかわらず、

こちらのつたない案内にお付き合いいただき、それぞれの内容を、皆さんが楽しんでいただけたように感じた2日間でした。

雨、霧、木漏れ日など2日間で様々な姿のアファンの森を見ていただいたようにも感じます。

日ごろのご支援が注ぎ込まれている現場へおもむくことで、参加者みなさんのリフレッシュなど、日々の暮らしがよりよくなるためのお返しの機会になれば良いと感じております。

改めまして、今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

ご参加 : 株式会社インテージ

 

(事務局 河西)

 

午後、事務所の明け放った窓から1匹のトンボが入ってきました。

 

しばらく低空飛行していると思ったら、ホバリングしながら廊下にシッポの先端を

「チョコン、チョコン」と押し付けて産卵するような動きをしはじめました。

「おい、おい、そんなところに・・・」

 

そのうち外に出ようと明るいガラス窓に体当たりしはじめたところを捕虫網でつかまえて、

同定のため写真を撮りました。

 

 

      【タカネトンボ】

110908_Takanetonbo.JPG検索したらどうもタカネトンボのようです。

胸の部分が光ってとてもきれいです。

外に放すと「スーッ」とまっすぐ飛んでいきました。

 

 

 

 

 

 

 資料には

「暗い場所に向かって行く習性があり、しばしば窓を開放したままの民家に侵入することがある。」

とありました。

 

なるほど・・・。

 

 

 

 

    【ノシメトンボ】

110908_Noshimetonbo.JPG

 

こちらは森で撮影したトンボ。

オオウバユリの実にとまってじっとしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野生の生き物は自然の中にいる姿がいちばん美しいです。

 

 

 

  (黒姫事務局 堤)

 

 

晴天が続きます。

今日もクモ調査に来ているアライさんと森で昼食。

先日おこなった下草刈りが、クモの生活環境に与える影響について聞いてみました。

結果は「悪い影響はない」とのこと。

 

 

理由はいろいろありますが、大人数で広い面積の草を一気刈り取るのではなく、

少人数でそんなに広くない面積の草を刈り、隣接して草を刈り取らない環境が

残っているからだそうです。

草ムラと草を刈った環境が隣接して存在することになり、一時的にしろ

環境が多様になった分だけクモにとってはプラスの面もあるとのこと。

 

 

110907_InazumaHaetori.jpgそんな話をしていると、足元に1匹のハエトリグモが

やってきました。あまり見かけないクモです。

名前を尋ねると「イナズマハエトリです・・・」と

教えてくれました。

ずいぶん威勢のいい派手な名前です。

胴体の模様が稲妻(イナズマ)に似ているからだそう。

 

 

動きが素早くてやっとうまく写真が撮れませんでした。

何せイナズマですからね。

 

 

 

 

110907_TsuriganeNinjin.JPG草刈りの終わった場所にツリガネニンジンの花が

咲いていました。

すべての草を刈り取るわけではなく、種類によっては

こうして残すものもたくさんあるのです。

 

 

 

 

 


(黒姫事務局 堤)

 

今日は久々に晴天の一日。

 

森へ行くと、蜘蛛の調査に来ていたアライさんが

水路に架かる橋の上でおにぎりを食べていました。

「それでは」とワタシも一緒に昼食をとることに。

 

二人、橋の上に腰かけて静かに話をしていると、いろんな生きものがやってきました。

水辺を行ったり来たりしているのはオニヤンマ。

水中に産卵していました。

 

 

  【ヒヨドリバナとヒョウモンチョウ】

110906_Hyoumonchyou.JPG土手に咲いたヒヨドリバナの蜜を吸いにきたのは

ヒョウモンチョウの仲間。

ミドリヒョウモンかな?

 

 

 

 

 

 

 

    【トンボトカエル】

110906_TonbotoYamaakagaeru.JPG

泥をかき分けて近寄ってきたのはヤマアカガエル。

水面から顔を出してじっとしています。

トンボもやってきて日向ぼっこをはじめました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      【ガ?の幼虫】

110906_Youchyuu.JPG

足元には長さ1cmほどの幼虫が。

小さいけど一歩一歩?着実に歩みを進めているもよう。

このあと気が付いたら私の手の上にのぼっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 【蜘蛛調査のアライさん】

110906_Araisan.JPGアライさんとワタシの間にニホンカナヘビがやってきました。

 

そのうちワタシの方へと少しずつ近寄ってきました。

顔を近づけて観察開始。

よく見ると、カクカクと機械的に微細な動きの連続が

チョロチョロ動いているように見えているのでした。

例えるとパラパラまんがの動きのような・・・。

(古かったかな?)

 

 

 

 

 

  

   【カナヘビの昼寝】

110906_NihonKanahebi.JPG

しばしにらめっこをしていましたが、

そのうちカナヘビさんは眠たいのか、ウトウトしはじめました。

(下まぶたが上にあがります)

 

つられてこちらも眠たくなってきました。

(上まぶたが下にさがります)

 

 

 

 

 

 

(黒姫事務局 堤)

 

 

追伸:

日曜日は曇り空でしたが雨は降らず、楽しい見学会ができました。

お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。

 

 

台風12号がゆっくり北上しており、各地で大雨を降らせていますが、

まだ室戸岬沖の太平洋にいるんですね。

これから上陸というのにすでにかなりの降水量です。

 

ここ黒姫では今日一日くもり空。

ときおりパラパラ降るぐらいで、すぐに止む程度でした。

 

110902_taifuumae.JPG

夕方、空を見上げると高いところにある雲も、低いところに

ある雲も同じように南から北へ流れていました。

なんだか空全体が移動しているような不思議な感覚。

 

 

 

 

 

 

あさって9月4日(日)は会員見学会。

予報だと今夜から明日にかけて上陸して日本海に抜けるようなので

日曜日には青空が広がってくれるとうれしいのですが・・・。

 

 

 

森にはゲンノショウコの花が咲いていました。

 

10902_gennosyouko.JPG 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

(黒姫事務局 堤)

過去の記事