アファンの森は今(ほぼ毎日更新事務局ブログ)
サポーター登録、寄付、トラストはこちら
C.W.ニコル公式サイト
よくある質問
お問い合わせ
サイトマップ
プライバシーポリシー

アファンの森は今


2011年11月

 

今日のアファンの森、昼間の気温が6℃。

あたりは霧に包まれました。

 

 

111130_ochiba.JPG

 

地面は落ち葉で覆われています。

池のほとりのカツラの幹に、

落ち葉をすくい取る網が立てかけてありました。

 

 

 

 

 

 

 

111130_stove.JPG

 

昼ごはんを食べに松木小屋へ入ると、

いつもながらストーブにヤカンが2つのっかっています。

 

「まあ、お茶でも飲みなよ」

と、森番の松木さんが熱い緑茶を淹れてくれました。

 

 

 

 

 

傍らには薄く切った木片がたくさん置いてあります。

 

さて、この木片。

一見なんの変哲もないタダのこっぱのようですが、そうではありません。

ちょっと特別なものなのです。

 

 

 

111130_yanimatsu1.JPG

111130_yanimatsu2.JPG

 

 

  

 上の写真、左は二つに割ったもの。右はナタで薄く切っているところ。

 さて、この木片のどこが特別なのでしょうか、そしてその使いみちは?

 


続く・・・

  

(黒姫事務局 堤)

                 

 

111130_dansyou.JPG  

あとからきた河西さんと三人で談笑の図。

※暗いのでシャッター速度が追いついていません。

  あしからず

 

 

 

 

 

 

森へ行くとほとんどの木が葉を落としていました。

 

       【落葉した森】

111129_hayashi.JPG

 

枯れ葉の道を歩いていくと「ざく、ざく、ざく」と

心地よい音がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

     【アキグミ】

111129_akigumi.JPG

 

アキグミの木には鮮やかに色づいた実がなっていました。

 

一粒口の中に放り込むと、

ほんのりとした甘味と渋味が口の中にひろがりました。

 

 

 

 

 

 

 

いつもと変わらないはずの晩秋の風景がそこにあるのですが、

ときおり生暖かい風が吹いてきて、なんだか気持よくありません。

 

目で感じる季節と、皮膚で感じる季節がズレているのです。

気温は15℃くらいありそうです。

 

 

事務所へ戻る途中、日当たりのいい草原に水色の " シミ " が。

  

 

 

   【オオイヌノフグリ】

111129_ooinunofuguri.JPG

 

近づいてみるとオオイヌノフグリの花でした。

師走の音が聞こえてくるというのに、

春の花が咲いているとは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

天気予報を見ると、明後日12月1日に雪だるまのマーク。

なんだか忙しい天気です。

 

 

 

(黒姫事務局 堤)

長野県森林大使 委任状ニコルが、長野県より「長野県森林大使」に任命されました。

 

間伐をはじめとする森林づくりや、

木質バイオマス利用、

県産材の利用等の関心を高め、

保険の休養の場・観光の場として、

 

長野県の森林の魅力を広く発信していく為の「森林大使」です。

 

 

長野県森林大使 任命式

任命式は、11月23日にイオン上田店で行なわれた県主催のイベント

「みんなで支える森林感謝デー2011」

の中で行なわれました。 

 

休日の賑わう店内に特設会場が設けられ、たくさんの方が足を止めイベントをご覧になっていました。

 

観光大使なるものはたくさんいるようですが、森林大使はひょっとしたら日本発かも知れません。

普段、アファンセンターの中でPCを前にパチパチ仕事をしているわけですが、

ときどき窓の外で何かが動くことを発見します。

 

畑を歩くキジだったり、チョウだったり、カメムシだったり…

(今年の冬はカメムシが少し多いような気がします。)

 

 

今日も同じようにパチパチしている視界の端で、何かが動きました。

 

大きい影。

 

流れるようにすーっと動きました。

 

少し前のブログで、

木の種類を葉で覚えるので、落葉したこの時期は種類が分かりにくくなるんです、

なんて書きました。 ⇒ こちら

 

落葉したオニグルミ葉が落ちても、ある程度分かる木もあります。

 

左の写真はオニグルミですが、

そばに行って見上げると独特な枝先をしています。

 

 

ためしに、コブシの枝先と写真を並べてみました。

違いがわかりますか? 

 

 

オニグルミの枝先 コブシの枝先

 

左がオニグルミ

 

右がコブシ

 

 

 

 

 

 

オニグルミの枝先は細かく枝分かれせず、太いまま終わっている、というところを私は見ています。

ちょっと写真だとわかりにくいでしょうか。。。

 

葉が落ちると、鳥が観やすくなります。

 

双眼鏡でのぞいている時に…

 「あの枝先にとまっている鳥は何ですか?」

 「ん?、どこ?」

 「あのオニグルミの枝先に沢山います」

 「あれね、エナガだよ」

 なんて会話ができるわけです。

 

冬を迎える森でも見上げると、「へ~」があります。

 

(黒姫事務局 河西)

 


先週の土曜日(11月19日)、リコージャパン株式会社の長野支社、新潟支社、OBの方など

9名の皆さまがアファンの森へボランティア作業にいらっしゃいました。

 

この日は、来年おこなう植樹のための地拵え(じごしらえ)をする予定だったのですが・・・

天候は朝からあいにくの雨。

せっかく来ていただいたですが、予定していた作業は中止にして森を見て歩く事に。

 

場所は南エリア。

長年放置されて陽の光が入らず鬱蒼としていた森を3年前に取得することができました。

1年間の動植物調査を終え、この春からアブラチャンなどの低灌木やササを刈り払い、

不健康な木を伐採して数か月経過しました。

来年の春、あたり一面が植物で覆われる前に苗木の植樹をおこう予定です。 

 

 

        【南エリア】

111121_minamieriasansaku.JPG

なんとこの日の気温は14℃。

ときおり生暖かい風が吹き、とても11月とは思えません。

みなさん防寒対策をきっちりして来られましたが、

雨合羽を着ていると少し汗ばむほどでした。

 

 

 

 

  

   【スミレ科の一種】

111121_sumire.JPG

ふと足元を見てびっくり。

スミレ科の花が咲いていました。

このところの陽気で花を咲かせる季節を間違えてしまった様子。

スミレも妙に暖かかったり、急に寒くなったり、何だか気の毒です。

 

 

 

 

 

 

 

 

お越しくださった皆さま、ありがとうございました。

来シーズンは一緒にいい汗をかきたいですね。

 

 リコージャパン株式会社ホームページ

 

 

 

(黒姫事務局 堤)

  

BSフジで、

国際森林年特別番組

「僕たちは森のことをどこまで知っているのか話すテレビ」

という番組が放送されています。

 

ご存知でした?

概要はこちらです。

 

この第4回目の放送 (11月26日(土)8:30~9:00) で、

アファンの森のことが少し登場します。

 

よろしければご覧ください。

(協力:株式会社インテージ

 

 (黒姫事務局 河西)

 

 

きょうは、ぐっと冷え込みました。

出勤途中の気温が2℃。

 

 

夕方。

去年まで使っていた事務所に用があり車を走らせると、夕映えの黒姫山の姿がありました。

 

 

        【黒姫山】

111116_kurohimeyama.JPG

 

なんだか随分と久しぶりに会ったような・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   【鳥居川と黒姫山】

111116_toriigawa.JPG

 

鳥居川も変わらずに澄んだ水を下流へと運んでくれていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気がつけば、事務所を移転してから1年と2か月。

長かくもあり、短くもあり。

 

あの時、この川を流れていた水はどこまで旅をしているのだろう・・・

 

  

 (黒姫事務局 堤)

 

 ☆信濃川・千曲川で放流された鮭の稚魚が、長い旅から故郷の川に戻ってきました。

  こちらからどうぞ →  新潟の水辺だより 号外-2  

                NPO法人 新潟水辺の会HP

 

 

 

今週にはいってようやく気温が下がり、冷たい風に落ち葉が舞うようになりました。

そろそろアファンにも初雪がやってくるかな・・・。

 

松木小屋にキイロスズメバチの女王が入ってきました。

雪が降る前に越冬する場所をさがしていたようです。

 

 

 

  【落葉したミズナラ】         【ミズナラの幹】    【ヤマナラシに巻きついたヤマフジ】

111115_rakuyou.JPG 111115_mizunara.JPG 111115_fujiduru.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気がつけば11月に入りもう半ば。

陰暦では10月20日。

国中の神さまが出雲の国へ行き、留守にしているので神無月というそうです。

旧暦の霜月に入る11月1日は太陽暦で11月25日。

そういばアファンの森にはまだ初霜が降りていませんでした。

 

 

(黒姫事務局 堤)

 

 

 

復興心の森8月 森の集合場所

初のアファン震災復興支援プロジェクトの心の森として、

8月10日~12日に宮城県東松島市のご家族をアファンの森にご招待しました。

 

はるばるいらして下さったご家族は大人と子供を合わせて27名。

森の入口でニコルと松木が出迎え、早速森の中へ入って頂きました。

 

「お疲れ様です。少しでもゆっくり森での時間を楽しんでください。」

 

そんな思いで、皆さんの中に入っていきました。

 

 

復興心の森8月 なわ遊び

はじめのごあいさつでは、皆さんの表情はまだかたく、想いや感じ方もそれぞれだったのだと思います。

期待か、緊張か、おぼつかない皆さんとスタッフを、森が繋いでくれているようでした。

 

森での時間を過ごすうちに表情は変わり、いつのまにか笑い声やはしゃぎ声であふれていました。

 

 

_MG_0769.jpg

最初はおとなしかった子供たちも、川遊びや森のブランコに、

「もっと向こうまでいきたい」「もっと高く」

と、目をきらきらさせて挑戦していました。

 

スタッフがヘトヘトになってしまうほど、朝から晩まで休むことなく森遊びです。

 

 

 

 

 

 

今日は寒い曇天です。

10時になっても気温は8度ほど。

お昼頃には冷たい雨がひと降り。

 

11月初旬は本来このぐらい寒いのですが、急に冷えるとやけに寒く感じます。

 

葉っぱもずいぶんの落ちてきました。

 

突然ですが、ここで落葉クイズ。

アファンの森で落葉をいくつか拾ってきました。

 

何種の木の葉があるでしょうか?

 

さて、この写真には木の種類で言うと、何種類あると思いますか?

A : 2種類
B : 3種類
C : 4種類

 

答えは ↓ 下へ ↓ 

訪問者が少なくなったアファンの森は葉が色づき始め、

地面に落ちたドングリを落ち葉が覆い始めています。

 

今日は朝から冷たい雨ですが、

天気の良かったアファンの森の様子です。秋の森をどうぞ。

 

アファンの森の入口を入って 松木小屋 テンナンショウ類の赤が目立ちます 色付き始めているカエデ類

どんなガに羽化するのでしょう 上を見上げて深呼吸 弥生池 夏、チョウが良く集まったクザギ

ドングリは豊作かな? オオウバユリはたくさん種を抱いています 日向ぼっこにちょうどいい 森の恵みはうまい!

旅をするチョウがひと休み スズメバチは精力的に活動中 冬支度 気持ちよい踏み心地

 

(黒姫事務局 河西)

 

 

昨日、今日と晴天が続きました。

そして、ようやくコナラの葉が色づきはじめました。

よく見ると葉の色が、緑色、黄色、茶色と3色入り混じっています。

 

 

 【色づきはじめたコナラ】                     【葉の色】

111104_konara1.JPG

111104_konara2.JPG

 

 

 

  【ヤマブドウの落ち葉】

111104_yamabudou.JPG この季節、森を歩くと木の葉の擦れる音がして

心地よいものですが ・・・ 

枯葉の下で休んでいたカエルさんが踏みつぶされまいと

あわてて跳び出します。

ヤマアカガエルは一跳びで50~80cmくらいも跳べるのですが、

ニホンアマガエルはせいぜい10cm程度。

ヒトが歩く速度よりもはるかに遅いのです。

踏みつぶさないようにいつもよりゆっくりと、気をつけて歩きます。

 

 

 

 

  【色変わりの途中?】

111104_nihonamagaeru.JPG落ち葉の下から飛び出した1匹のニホンアマガエル。

体の色がコナラの枯れ枝のような色をしていました。

ニホンアマガエルは自分が居る場所にあわせて体色を変えます。

でも、よく見ると僅かに緑色が残っていました。

 

カエルさんも季節にあわせて色を変えているところだったようです。

 

 

 

 

 

 

 

(黒姫事務局 堤)

 

 

日本発のドネーションできる書籍“ドネーションブック”の第2弾、

「アファンの森のキコル“夏編”」がリリースされました。

 

iPadで読めるデジタル絵本です。

ニコル書き下ろしのココロあたたまる森のお話をお楽しみください。

 

donation music にて絶賛発売中。

ダウンロードはこちらから

 

【ドネーションミュージック】では、

PCや携帯で音楽をダウンロードして購入すると、代金の一部が任意団体に寄付されます。

 

 

(黒姫事務局)

 

 11月にはいりました。

 

 アファンの森ではハルニレやヤチダモ、オニグルミなどは既に葉を落としていますが

 まだ青々とした葉をつけている木があります。

  

                           【コナラ】

111102_konara_1.JPG

 

 

 

 森の一角に萌芽して3本の幹を伸ばしたコナラの木があります。

 幹の根元から上を見上げると、それぞれがお陽様の光を分け合うように枝を張っていました。

   

                      【3本の幹を伸ばしたコナラ】

111102_konara_2.JPG

 

 

 

 コナラの枝の下にはドングリから発芽したコナラのこどもが葉を広げていました。

  

                            【実生】

111102_konara_3.JPG

  

 

どんな大木も最初はこんなに小さかったんだとあらためて気付かされます。

 

(黒姫事務局 堤)

 

「がんばれナラの木」という詩を、各地のお国言葉で綴ったホームページがあります。

その輪が東北に始まり、九州、遠く海外にまで広がりました。

 

☆こちらからご覧ください。

『がんばれナラの木』  

 

 

 

過去の記事