アファンの森は今(ほぼ毎日更新事務局ブログ)
サポーター登録、寄付、トラストはこちら
C.W.ニコル公式サイト
よくある質問
お問い合わせ
サイトマップ
プライバシーポリシー

アファンの森は今


2012年3月

アファンの森を支援してくださっている皆様、たいへんお久しぶりです。ヒヨ吉です。

日英アファン野鳥図鑑作成のため2010秋から2011年6月までウェールズのアファン森林公園に滞在後、日本に帰国しておりましたが、私の個人的な事情により帰国後はブログ執筆を一時お休みさせていただいておりました。

また連載を再開致しますので、どうぞ宜しくお願いします。

 

 

昨年3月は黒姫の春の足音を聞くことができずにいましたので、今回の3月の訪問は、私にとって心躍るものでした。

現地につくと1m以上の積雪があり、私の住む関東との春の訪れの時間差を感じずにはいられませんでしたが、スノーシューで森の中に出かけると、まず足音から“雪国の春”を感じることができました。

 

真冬の雪の上を歩くと、「ギュ、ギュ」という雪の締まる深い音(宮沢賢治は「キック、キックと表現しますね。とてもセンスがいいと思っています」)がするのですが、春の雪の場合は「ジャ、ジャ」というちょっと軽い音がします。

これは、積もった雪の表面が気温の暖かい日に溶けてザラメ状になったことによる変化です。

野鳥調査で森に毎月入らせていただていた私は、この音を聞くと懐かしくて「ああ、黒姫にも春が来たなぁ」と感じます。

 

そんな雪景色の中を歩いていると、森を流れる水路から「ドドド」と大きな音を立てて飛び立った鳥がいました。赤茶色の大きな体に長い尾が見えました。

ヤマドリです。

ヤマドリ

 

 

 

 

 

 

 

ヤマドリ
Copper Pheasant

 

今日の黒姫は朝から湿った雪が降っていました。

こんな寒い日ですが、森ではゴジュウカラが子育てするための家さがしをしていました。

春ですね。

 

さて、昨日のブログで、鳥居川で鮭の稚魚2万尾を放流したことの報告をしました。

同じ日の午前、ここ鳥居川の放流場所から車で約70km下流に走ったところにある

新潟県十日町市の宮中ダムでも鮭の稚魚放流が行われていました。

宮中ダムはJR東日本が所有する発電用の取水ダムで、ここから取った水は3か所の水力発電所

で使われ、その発電量はなんとJR東日本全体の電力使用量の4分の1をまかなっているそうだ。

 

そんなに大量の水をダムでせき止めて発電所に送っているところで、何でわざわざ鮭の稚魚を

放流するの? 

そもそも、そんなダムのはるか上流の鳥居川で放した鮭の稚魚が海まで降りられるの???

 

誰だってそんな疑問が湧いてくると思います。

そのワケが知りたい方は  こちらをどうぞ ・・・。  

 

 

 

(黒姫事務局 堤)

 

3月24日(土)、アファンの森から2kmほどのところ(以前使っていた事務所の前)を流れる

鳥居川で鮭の稚魚の放流をおこないました。

これはNPO法人新潟水辺の会(会長 大熊孝氏)が2007年3月から行っている事業です。

2010年10月20日に信濃川河口より253kmの長野県の上田市を流れる千曲川で65年ぶりに

産卵したメスの鮭が発見されました。「水枯れの大河・信濃川」とまで言われた川を鮭が遡上

してきたのです。 ※こちらを参照:鮭の遡る信濃川・千曲川の復活

 

鳥居川では小雪の舞う中、地元の小学生や親御さん、そして教育長さんらが参加して

2万尾の稚魚を放流しました。

 

     【まだ雪が残る河原】         【旅立つ鮭のこども】

120324_sakehouryuu1.JPG 120324_sakehouryuu2.JPG  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、好評発売中のアロマスプレー「森の香り」、もう試されたでしょうか?

まだの方はこちらからご購入できます。

こちらのアロマスプレーどんな所で作られているのだろう?と気になる方もいるのでは?

そんな方の期待に応えつつ、私たちも勉強をさせて頂くために日本産アロマを製作をされている「yuica」(正プラス株式会社)さんに製造過程や工場を見学させていただき、お話をうかがってきました。

 

実際にエッセンシャルオイルを抽出している現場を見学させていただきました。

部屋に入るやいなや、何とも言えない香りがあたりにただよってきます。

皆さんは、オイルを抽出する機械はどのようなものを想像しますか?

 

120323_kikai1.jpg120323_chip.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、もっと規模の大きなもを想像していましたが、実際には写真の通り。

円筒形の部分にアロマ原材料のチップがたっぷり入っています。

水蒸気を発生させ、アロマ原材料からエッセンシャルオイルを抽出するそうです。(水蒸気蒸留法)

 

昨年の国際森林年を契機に、民有林と国有林が連携した新たな森林づくりのモデル的な

取組みとして、アファンの森財団と北信森林管理署が「社会貢献の森」を締結し、アファン

の森に隣接する国有林約27haを借り受けることになりました。

 

名称を「森林・林業再生モデル林」とし、

地域本来の森林生態系の再生を目的に、生物多様性の回復による地域の森林資源の活

用を、地元との連携により推進していきます。

式は、嵯峨北信森林管理署長とニコルの挨拶から始まり、

その後に協定の締結となりました。

 

120322_nicolsign.jpg 120322_Mr.sagasign.jpg

 

 

 

 

 

120322_signing ceremony.jpg120322_allmembers.jpg

 

 

朝からどんよりとした雲に覆われ、昼過ぎから雨が降っています。

横殴りのどしゃ降りです。。。 

冷え込むと雪が降るような事もありますが、雨が降る回数が増えてきました。

今年は、春が遅い、桜の開花が遅い、と聞いていますが、

黒姫に来て日が浅い私にはまだ実感がわきません。

アファンの森はまだ雪に覆われていますから・・・

とはいえ、日に日に暖かくなっていく気温に春を感じずにはいられません。

 

鳥の動きも活発にになっています。

ヤマガラは人が近くにいてもあまり気にしないご様子。

カメラに収まってくれました。 

雪が降ったあとの楽しみは・・・

 

           ↓↓↓  これです! ↓↓↓

120316_ashiato2.jpg120316_ashiato1.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段、動物たちはなかなか人の前に姿を現してくれません。

本当にいたの?なんて思うこともありますが、これを見れば一目瞭然です。

そこには確かに何かが「いた」という痕跡がはっきりと残っていますから。

 縦横無尽に走る足跡を眺めていると、

白い雪面を活発に動き回る動物たちが目に浮かびます。

 

今日は青空が広がったり、そうかと思えば雪がちらついてみたりと天気が目まぐるしく変わっています。

太陽がでて、光を浴びると暖かいなぁ、と感じるわけですが、

実は気温は2、3度だったりします。

太陽のパワーすごいです。

 

120315_iidunayama.jpg

たまたま外出する機会があり、

飯縄山がきれいだったので車を止めて1枚。

 

アファンの森はあの辺かな・・・

と光を感じながらたたずんでしまいました。

 

 

 

(黒姫事務局 大澤)

1月から少しずつ更新していた「ウェールズの森から」ついに完結です。

 

いつも楽しみにしていてくださった皆様ありがとございます。

そして、まだご覧になってない方はどうぞお読みになってください。

 

ウェールズの森から」は、

『RICOH presents アファンの森の物語 ~ウェールズ編~』 の撮影手記&後記ですが、

番組をご覧になった人はもちろん、見逃してしまった人にも楽しんで頂ける内容となっています。

 

ニコルが日本で森を再生させようとしたきっかけになったウェールズの森。

そこがかつてどういう所だったのか?そして、今はどういう状況に変わったのか?

ウェールズを少しでも身近に感じることができるのではないでしょうか。

 

人の手によって再生されたウェールズのアファン森林公園。

行ってみたくなりました。。。

 

 

『RICOH presents アファンの森の物語 ~ウェールズ編~』 撮影手記&後記

ウェールズの森から

http://www.afan.or.jp/wales/index.html

 

 

(黒姫事務局 大澤)

 

今日は朝から雪が降っています。

しばらく暖かい日が続き、道路の雪もすっかり溶けてアスファルトが見えていましたが、

今日にはまた雪に覆われてしまいました。

 

120312_morinoiriguchi.JPGにぎやかだった鳥たちの声も今日はお休み。

 

聞こえるのは時折吹く風の音と雪の落ちる音。

それと私の足音です。

 

でも、その音も雪に吸い込まれていきます。。。

 

 

にぎやかな鳴き声もいいですが、静かな森には静かな森なりの音があるものです。

 

 

(黒姫事務局 大澤)

 

朝日カルチャーセンター主催で6月1日(金)に

「C・Wニコルの世界~語り継ぎたい物語、歌い継ぎたい音楽」講座が開催されます。

普段なかなか聞くことができないニコルの歌をお楽しみいただける良い機会かと思います。

どうぞ足をお運びください。

 

◆ 日時 2012年6月1日(金) 19:00~20:30

◆ 場所 新宿住友ビル

◆ 講座内容

いま私たちにとって大切なことは何か。

自然と人間のかかわりを見つめつづけ黒姫で「アファンの森」を育てるニコル氏のメッセージ。

ケルトの音にのせた語りと歌の世界です。(朝日カルチャーセンターHPより)

 

講座受講にはお申込みが必要になります。

詳しくはこちらをご覧ください

 

 

(黒姫事務局 大澤)

 

今日、いつものように机に向かって仕事をしていると、

視線の端を小さなものがたくさん横切りました。

 

視線を向けると、森の鳥たちが活発に動いていました。

 

エナガ

ヒガラ

アカゲラ

カシラダカ

カケス

ツグミ

ハシブトガラス

 

たくさんの鳥が行き来していました。ほんの数分でこれだけ確認できました。

冬芽をついばんだり、樹皮がはがれかかっているところをねらってつついていたり、

二羽が追いかけっこしていたり。。。

 

行き来していたのはこんな場所です。

うまく映せなかったので、鳥が行き来していることを想像してみてください。

 

うす曇りで10時に5℃程度と比較的暖かいので、活発に動いているのでしょうか。

 

雪の溶け具合と言い、森がにぎやかになり通ある様子に春が近付いてくる事を感じます。

 

(黒姫事務局 河西)

先日の「心の森」の様子のブログでは紹介できなかった子供たちの力作をご紹介します。

心の森2月の様子はこちらから。

 

120301_kamakura.jpgかまくらです。

 

 ほんとは入口はもっと大きかったのですが、先日の雨で融けてしまいました。

そのおかげかわかりませんが、笑っているように見えませんか?

 

 

 

アファンの森に来て子供たちはとても喜んでいました。

同時にアファンの森も子供たちが来たことを喜んでいたのだと思います。

 

(黒姫事務局 大澤)

 

 

過去の記事