アファンの森は今(ほぼ毎日更新事務局ブログ)
サポーター登録、寄付、トラストはこちら
C.W.ニコル公式サイト
よくある質問
お問い合わせ
サイトマップ
プライバシーポリシー

アファンの森は今


2012年8月

今回は番外編です。

ヒヨ吉さんの写真展が今日から開催されています。

 

神戸宇孝 写真展 「英国ウェールズ・アファン森林公園の自然 鳥と風景」

期間 : 8月18日(土)~31日(金) ※日曜日・祝祭日は休業です。

会場 : スワロフスキーオプティック銀座

       〒104-0061 東京都中央区銀座6-4-6 花の木ビル6階 TEL03-6252-3097

       10:00 - 19:00(月~金)/10:00 - 18:00(土)

       日曜日・祝祭日は定休

 

姉妹森である黒姫のアファンの森とウェールズの森林公園の野鳥の図鑑を作成するため、

2010-2011年にウェールズに滞在中に撮影した写真を展示します。

森の中で出会った生き物や森の様子などを紹介しておりますので、

お近くにお寄りの際は、どうぞお寄りください。

詳しくはこちら

 

(黒姫事務局 河西)

少し前になりますが、7月28日(土)~29日(日)の1泊2日で、

協定を結んだ東松島市の中学生9人と市職員10人をお招きして、

「復興のためのダイアログinアファン」を実施しました。

 

※当日の様子は、8/25(土)7:30からのNHKニュース「おはよう日本」(首都圏版)の中で放映される予定です。

 

これまでは小学生とその保護者の方々をお招きして、

ホッとしていただきたい、リラックスとリフレッシュしていただきたい

という思いで実施してきました。

 

今回は、

・人の手で甦らせたアファンの森を肌身で味わっていただき、

・地元の森や、森の学校のイメージを膨らませ表現してしてもらう、

ことを意図した、初めての機会でした。

 

手を入れる前の様子を少しお伝えして7月28日

参加者の皆さんは新幹線を乗り継いで来てくれました。

入り口で手を入れる前の様子を少しお伝えして、

まずは森の中でお弁当タイムです。 

 

初日はアファンの森を肌身で分かっていただく日として、

中学生と職員とに分かれてそれぞれ活動しました。

地元信濃町で、9月9日(日)に

第2回 癒しの森コンサート

が行われます。

 

昨年に引き続い、東京音楽大学シンフォニーオーケストラの皆さんが奏でてくれます。

今年は、地元の信濃小中学校の吹奏楽部ともコラボレーション。

 

東京音大のご厚意で初めて実施した昨年、

500人来ていただけるようにと運営関係者が走り回りましたが、

なんと1,300人の方に来場いただきました。

 

今年も入場無料です。

ただし、事前に申込が必要です。

 

日本トップレベルのオーケストラの演奏が、自然豊かな地で、無料で楽しめます!

お早めにお申し込みください。

 

詳しくはこちら

http://iyashinomori.main.jp/archives/3296 

 

(黒姫事務局 河西)

アファンの森の初期をとらえた写真に、

山頭火の俳句を合わせ、ニコルや南健二さんの文などで構成したユニークな本が出版されます。

 

C・W・ニコル 来日50年記念出版

『けふはここ あすはどこ あさつては』  ~ C・W・ニコル × 山頭火の世界 ~

 

『けふはここ、あすはどこ、あさつては C・W・ニコル×山頭火の世界』

C・W・ニコル、南 健二/著

単行本、128ページ

税込1,680円

清水弘文堂書房より 2012年8月10日発売しました。

 

私達スタッフも見たことがないニコルの写真がたくさんで、

その写真と山頭火の俳句の組み合わせが絶妙です。

眺めていて微笑ましい気分になりました。

 

以前のブログで「自分の感性が試される1冊かもしれません」と書きましたが、まさにそうでした。

どうぞお手に取ってご覧になってみてください。

 

amazonで購入

イーココロ!から購入

 

(黒姫事務局 河西)

まだ8月の前半ですが、ここ2、3日で急に涼しくなりました。

日中の気温も25℃を下回り、朝の気温は10℃台まで下がっています。

窓から吹き込む風は肌寒く、シャツ一枚で過ごすには少し寒いくらいです。

 

そんな風に足元で小さく揺れていました。

120809_gennnoshouko.JPG

      【ゲンノショウコ】

 

そういえば、今日は立秋・・・

 

(黒姫事務局 大澤)

120806_mori.JPG暑い夏、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

ロンドンオリンピックの熱気によって益々気温も体温も上昇していませんか?

アファンの森では既にヒグラシが鳴いており、夏も終わりなのか?と思わせますが、まだまだ夏まっさかりです。

開け放たれた窓からは、気持ちのいい風と鳥やセミの鳴き声が入ってきます。

一方、東京スタッフは連日の暑さに「夏場だけでも黒姫で仕事がしたい・・・」と小さく漏らしています。

間もなくお盆です。電力不足も叫ばれるこの夏、エアコンの要らない避暑地で過ごし、心も体もリフレッシュするのもいいですね。

 

アファンセンターにいると常に心も体もリフレッシュ状態なのかもしれませんが、

アファン事務局も夏季休業をいただきます。

 

◆アファンセンター(黒姫事務局)  8月11日(土)~19日(日)
◆東京オフィス             8月9日(木)~16日(木)

 

休業期間中のいただきましたメール、FAXにつきましては休業明けに順次対応させていただきます。

ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

皆さんも暑さ対策しっかりとし、体調を崩さぬようにお過ごしください。

 

(事務局 一同)

 

麻布大学ではさまざまな生き物のつながりを調べています。

そのためのひとつで自動撮影カメラによる調査もしています。

120806_shika.jpg森林によってそこに暮らす動物がどう違うかという興味で異なる林にカメラを置いていますが、落葉樹林においたものにオスジカが写りました。

7月上旬の午後なので、林に差し込む木漏れ日の中で自然な動きをするシカのようすが写りました。よく見ると頭に角があります。

シカの角は春に落ちて「袋角」と呼ばれるビロード状のつのがニョキニョキと伸びてきます。その袋角のようすで、これからどのくらいの角になるのかが推察できますが、このオスはかなり立派な角をもっていますから、間違いなく枝が4本で、長さは50cmを超える角になると思われます。


3年生の萩原さんはこの春からアファンの調査に参加しましたが、げっ歯類が好きなのでリスとオニグルミのことを調べることにしました。

7月の調査のとき商品のクルミを20個買ってきてアファンの森に置いてみることにしました。

実は去年の秋にも挑戦したのですが、ネズミの動きがすばやく、カメラが反応したときにはもうネズミは視野の外に出ているということが何度もありました。

それで反応のよいカメラを手に入れたのです。 

 

7月14日の午後に置いてカメラをセットしました。

過去の記事