アファンの森は今(ほぼ毎日更新事務局ブログ)
サポーター登録、寄付、トラストはこちら
C.W.ニコル公式サイト
よくある質問
お問い合わせ
サイトマップ
プライバシーポリシー

アファンの森は今


【財団の活動】心の森 地元長野の子ども達

急に気温が下がり、森も色づき始めた10月27日(土)、28日(日)に

心の森プロジェクトを実施しました。

 

今回は、私達が自由に参加者を募ることができたので、地元長野の子ども達をお迎えしました。

10/27(土)は長野養護学校に通う小学部の子ども達

10/28(日)は長野と松本の盲学校に通う小学生から高校生

と共に、それぞれ日帰りで秋のアファンの森を楽しみました。 

 

10/27 長野養護学校の子ども達と    10/28 長野、松本盲学校の子ども達と


27日(土)気持ち良く晴れたこの日、

長野養護学校から2人がお母さんと一緒にアファンの森に来てくれました。

(急きょご都合が悪くなったり、体調崩したり、でお二人でした)

バスで身支度を整えて、スタッフとペアになってアファンの森の中へ入ります。

 

10/27 はじめの会2人とも森の中へ出かけることは初めてだったので、

どうなるかな、と少しドキドキしながらお迎えしました。

 

初めての場所、初めての人には慣れるまで時間がかかる子もいます。

 

そもそも、養護学校の子ども達を迎えることは初めての機会でした。

 

2人とも森に入る事にはあまり抵抗なく、いろんなものに興味を持ってくれる子もいました。

 

午前中は、アファンの森を散歩です。

10/27 まずは森の散歩いろいろ歩きながら、目についたものに触れていきました。

たくさん歩いてひと休みして、もあれば

いろいろ見ながらゆっくり歩いて、もありました。

キノコ、カエル、ウバユリの種、水路に足をつけてみたり、太陽が当たっているところ、木陰になっているところ、などなど。

 

 

サウンドシェルターで焚き火を見ながお昼ご飯を食べ、午後は、もう少しアグレッシブになりました。

10/27 午後はアグレッシブにとにかくたくさん歩いて、ときどき走って楽しむ子は裸足になることも好きなようでした。

午前中ゆっくりペースだった子も、木登りや藪漕ぎ、急坂を登って転げ降りるまでして笑っていました。

午後はお母さん方とも離れて、子どもとスタッフだけでのびのび活動し、お母さん方も森の時間をのんびり過ごしていただきました。

 

 

28日(日)は雨模様でした。

長野市と松本市にある二つの盲学校から全部で7人とその兄弟や親御さん、あわせて12人が来てくれました。

パートナーと出会い、ニコルと握手してアファンの森に入ります。

深呼吸をして活動開始です。

 

10/28 さっそく水の中にまずはゆっくり森の様子を味わいながら…、

とはいかず、木登りを始めたり、

「水路に入ってみるか」の声に「入ってみたい」と元気な反応が帰ってきて、

長靴で水路に入って進んでみたり。

水路に足を入れたまま、しばし粘土細工もしてみました。

さっきまでにぎやかだったのに、みんなとても集中して器を作っていました。

 

10/28 いろんな木に登りました昼食後も、笹船を作って流したり、ツルのブランコに揺られたり、木登りも。

石がゴロゴロしている場所を流れている沢を、上流に探検しも行きました。

ちょっと雨脚が強くなったらスギの下で雨宿りです。

 

 

 

10/28 サウンドシェルターでニコルさんと焚き火と夕方、火を焚いたサウンドシェルターでニコルの「サウンドシェルター」の話しに集中し、その後ティピーで夕食を作って食べました。

そして、ナイトハイクへ、と考えていましたが、

雨脚が強くなってきたので、ティピーの中でいろんな歌を歌い、いろんな話をしました。

 

 

親御さんは、食事の時間以外はほぼ別行動で、森の中で一人で過ごしていただく時間も取りました。「こんなの初めてで、貴重な時間だった」と言っていただきました。

 

10/28 ティピーで過ごす時間も楽しいあいにくの天気だったにもかかわらず、みんなが全てを楽しんでくれたように感じました。

終始明るい雰囲気で、楽しく言葉を交わし、何かに取り組んでいる時は集中する。

一緒に居てとても気分がよく、こちらが元気をもらいました。

 

 

これまで実施できそうでできなかった地元の子ども達を迎えての2日間。

普段はあまり触れることのない豊かな森は、いろいろな刺激を与えてくれたように感じました。

(日頃いろいろなところへ出かけている養護学校の子ども達も、

豊かな森に出かける機会は無いとのこと。)

長野県で暮らしてる子ども達にも、豊かな森で過ごす時間の必要性を改めて感じました。

 

協賛 OnebyOneこども基金 (日本アムウェイ合同会社)

協力 インテージ株式会社

写真 管洋志

 

(黒姫事務局 河西)

過去の記事