アファンの森は今(ほぼ毎日更新事務局ブログ)
サポーター登録、寄付、トラストはこちら
C.W.ニコル公式サイト
よくある質問
お問い合わせ
サイトマップ
プライバシーポリシー

アファンの森は今


2013年5月

130530_owl.JPGフクロウ巣立ちました!

本日、2羽とも巣箱から出て外の世界に飛び出しました。

今まで雛の成長をとらえていたカメラは空っぽになった巣箱の中が写し出されていました。

カメラを見ればすぐ雛が確認できていただけに、ちょっとさみしいような。。。

 

(黒姫事務局 大澤)

 

暖かくなって虫たちも活発に動き回っています。

スズメバチの女王も巣作りに適した場所を探しにウロウロ跳び回っていますが、それを見ているとある一匹が取り外して置いてあった巣箱の中に入っていきました。

なかなか出てこないので、恐る恐る上の蓋を開けてみると・・

130528_suzumebachi1.JPG 130528_suzumebachi2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

キイロスズメバチの女王でした。

まだ働き蜂が生まれていないので1人でせっせと巣作りの真っ最中。

最初はこんなにカワイイ巣なのですね。

アファンの森は生きもののための森ですから、スズメバチが危険だからといってすぐに駆除する事

はしませんが、今回は普段活動する場所にとても近い場所でしたので少しだけ移動してもらうこと

にしました。

女王蜂が巣箱に入っているうちに家ごとお引っ越し。

 

移動した事で巣作りに影響が出るかもしれません。

どうなったのかあとで確認してみます。

 

(黒姫事務局 大澤)

 

130521_fukurou.JPG雛が顔を出しました!

以前ブログで紹介した今年生まれのフクロウは順調に成長してくれました。

そして、雛はそろそろ巣立ちを迎えます。

これから旅立つ外の世界の状況を確認するためなのか巣立ち前は巣穴の縁にちょこんと座って外を眺めています。

写真を撮るために近付くとじっとこちらを見つめてきます。

初めて見る人間に興味津々?

時折外の明るさが眩しいのか目を細める姿がとてもかわいらしいです。

 

今年も2羽のフクロウがアファンから旅立ちそうです。

巣立ち後もしばらくは営巣場所の周辺で過ごします。

巣外に出た雛が見られるようになるのもあと少し。

楽しみです!

 

(黒姫事務局 大澤)

 

5月12日(日)は、ボランティアの方に手伝っていただき特定外来生物オオハンゴンソウの駆除作業を行いました。

前日の雨と打って変わって天候は晴れ。日差しが強く清々しさよりも汗ばむ気温となりました。

130516_bora1.JPGまずは、前日に駆除したオオハンゴンソウの前で挨拶。

中には前日に続いて作業を手伝って下さった方もいらっしゃいました。

この日は作業がメインの為、挨拶も早々にオオハンゴンソウを抜く作業に取り掛かりました。

 

 

 

130516_bora3.JPG作業は地味で根ごと抜き取る根気のいる作業です。「休みながらやりましょう」と声をけるも作業が始まると皆さん黙々と抜き取っていきます。

そのおかげもあり予定していた区域を予定時間よりも早く終了する事が出来ました。

 

 

 

 

130516_bora2.JPG2日間で駆除したオオハンゴンソウはこんなにも大量に!

 

ボランティアの皆様、ご協力ありがとうございました。

 

 

 

 

 

(黒姫事務局 大澤)

 

5月11日(土)

今年度2回目の会員見学会を実施しました。

見学会の内容はアファンの森の野鳥観察と保全活動体験。

27年整備を続けて豊かになった森にはどんな鳥がいるのか?

そして、その整備とはどんなことをしているのか?

天候はあいにくの雨となり鳥を見るにも作業をするにも条件は良くありませんでしたが、会員の皆様にはアファンの森を見ていただき、そして体験していただきました。

 

130514_birdw1.JPG野鳥観察ではアファンの森の鳥調査していただいている鳥の専門家の中村匡男さんにご案内していただきました。

鳥の写真をアップにしたフリップと冗談を交えた楽しいトークで終始楽しい雰囲気。

双眼鏡をのぞいた先には肉眼では見る事が出来ない鳥の美しさが待っています。

最初は双眼鏡の扱いに手こずっていたものの、次第に「見えた!」と聞える声が多くなっていき、最後には双眼鏡を構える姿も様になっていました。 

 

130514_birdw2.JPG短い時間でしたが野鳥観察の楽しさを味わってもらえたでしょうか。

 

多様性豊かな森にはたくさんの種類の鳥たちもやってきます。決して大きくないアファンの森ですが見られる鳥の種類は多いと思います。天候がよければもっとたくさんの鳥が見えたはず。。。

森での散策につきましてこれまで多くのご要望をいただいておりましたが、今年度(平成25年5月)より、会員見学会に参加された事があるアファン会員の皆様(一般の方は非公開)には平日に限り、散策いただくことができるようになりました。

ぜひ森でのんびりとお過ごしください。

 

※お詫び

皆様にお送りしたニュースレターに記載漏れがありました。この場を借りてお詫び申し上げます。

平日散策は会員見学会に参加された事がある会員様に限らせていただいています。

初めての方は月一回実施しております会員見学会にご参加ください。


■ 事前に電話またはeメールにてご希望日時をお知らせください。

※実施日時 平成25年5月1日~  午前9時~午後4時迄

(業務の都合上、ご希望に添えない場合もございますがご了承ください)

お申し込み先 TEL:026-254-8081 (9時~18時) Eメール:info@afan.or.jp

■ ご同伴は2名様までです。

■ 当日、アファンセンターにて受付いたします。 

■ 散策マップをお渡ししますので決められたルートをお歩きください。スタッフは同行いたしません。

■ アファンの森の生き物は、採取したり捕まえたりせず、観察したりカメラに納めたりしてお楽しみください。また外部からの動植物の持ち込みやペットの連れ込みもご遠慮ください。

 森への影響を及ぼす事例が発生した場合には、中止となることもございます。

 

アファン会員になるには?こちらをクリック!

 

(黒姫事務局)

 

130510_huukei.JPG会員見学会のお知らせです。

【6月会員見学会】

6月9日(日)に実施します。

アファンの森の保全活動体験と新緑の森の散策を楽しみましょう。

自分で敷いたチップの道で一味違う散策を♪

間伐材で作ったチップを、散策道へ敷いて道づくりを行います。ウッドチップをまくことで森へのダメージを抑えることができ、森の資源を活用するひとつの方法として取り組みます。

日時:6月9日(日)10時30分~15時30分 ※終日コースのみ
定員:20名
参加費: 無料

 

【7月会員見学会】

7月6日(土)に実施します。

アファンの森の中を抜ける爽やかな風と緑を楽しみましょう。

7月ご参加の方限定!ご希望の方は『ナイトハイク』にもご参加いただけます。(20名様限定。ホタルに出会えるかも知れません!)

日時:7月6日(土)(半日コース)
 午前の部:10時30分~12時30分
 午後の部:14時00分~16時00分
定員:午前・午後 各20名
参加費:無料

「ナイトハイク」夜の部 ※日中の見学会に参加された方限定 

時間:20 時00分~ 21時00分(予定)

定員 20名

☆雨天時はプログラム変更または中止となる場合がございますので、予めご了承ください。

☆ナイトハイクのみの参加はご遠慮ください。

 

☆宿泊先につきましては、「一般社団法人 信州しなの町エコツーリズム観光協会」までお問合せ下さい。(URL:http://www.shinano-machi.com/

桜ゴールデンウィーク、あっという間に終わってしまいましたね。

皆さんは満喫できましたか?

 

ゴールデンウィークが終わり、アファンの桜はよ~やく満開になりました。今年は随分と待たされました。5月に入り空には鯉のぼりが泳いでいるというのに桜が舞うというのも不思議な感じもします。

 

鳥たちのさえずりも賑やかで、新しい葉を広げる前の木々の間に鳥たちの姿がよく見られます。

そして出会った美しい鳥たち。。。

青い鳥 オオルリ

黄色い鳥 キビタキ

 

 

 

 

 

 

 

 

オオルリとキビタキです。オオルリの鮮やかな青はやっぱり綺麗ですよね。

オオルリにはスタッフ全員が夢中。みんなで写真をパシャパシャと撮りまくりました(笑)

 

今週末にある会員見学会は鳥の専門家と歩く野鳥観察です。

もしかしたら、こんな綺麗な鳥たちに出会えるかも・・・?

 

(黒姫事務局 大澤)

 

4月27日(土)は今年度1回目の会員見学会でした。

今回は雪解け後の限られた時期にしか出会えない春植物を見たり、樹の香りを楽しんだりしながら、ゆっくりと森の中を散策しました。

リュウキンカの黄色い絨毯カタクリにアズマイチゲ、キクザキイチゲ、エンレイソウ・・・

週末に向けて気温が一気に下がったため、寒さで花は閉じ気味でしたか、まだ緑の少ない地面では小さく咲く花にも目が止まります。

弥生池の周りのリュウキンカは満開で、遠くから見ると花の鮮やかな黄色で一面が彩られていました。

 

馬搬の説明

 

馬搬の作業の最終日だったため、午前には馬で木材搬出をする様子も見ていただくことができました。

また、今はフクロウが営巣中で、数日前にヒナも産まれたということで、巣箱カメラのモニターから巣箱の中を覗いてみました。モニターを見た後で森の中の巣箱の横を通ると、「あの中に暮らしているのか」とわくわくが増してきます。

散策が終わった後は、アファンの森のなめこ汁で冷えた身体を温めていただきました。松木小屋の横にたくさん生えているギョウジャニンニクも、炒めて味見。

見て、聞いて、香って、触って、味わって。

寒空の下での見学会となりましたが、会員の皆様は春が始まったばかりのアファンの森を楽しんでくださいました。

足をお運びいただき、ありがとうございました。

 

次回、5月11日の見学会は鳥の観察と保全作業です。

若葉の揺れる森でお待ちしております。

 

(黒姫事務局 嶋本)

 

4月15日~5月14日は「みどりの月間」です。

ご存知でしたか?

期間中全国で「みどり」にまつわる様々な行事が行われていますがその締めくくりとして、来る5月11日(土)、12日(日)に第23回 森と花の祭典-「みどりの感謝祭」(主催 農林水産省・林野庁 他)が都立日比谷公園において開催されます。(10:00~17:00 12日は16時終了/入場無料)
http://www.mori-zukuri.jp/kanshasai/

 

今回、アファンの森財団も急遽ブース出展することになりました!

ブースでは甦った森の様子や5センスプロジェクトなど森での活動のご紹介、またグッズ販売などもさせていただきますのでぜひぜひお気軽に足をお運びください。

みどりの感謝祭のテーマは「みどりとふれあうフェスティバル」。

大人から子供まで楽しみながら森に親しめるイベントが色々と企画されています。

このなかで長野県森林大使としてC.W.ニコルが日本でのツリークライミングの第一人者ジョン・ギャスライトさんやジビエ料理の関係者の方とともに現在の日本が抱える森林問題について語るトークイベントも予定されています。

(※トークイベントの詳細につきましては、運営事務局へお問い合わせ下さい。みどりの感謝祭運営事務局 : ℡ 03-6812-8673E-mail : kanshasai@nikkeipr.co.jp )

 

また、アースデイでおなじみのフォレストキッチンも出展します!

フォレストキッチンがアースデイ会場を飛び出すのは初めての事。

アースデイには行けなかった…、食べ損ねたっ、また食べたい!そう思っている人はチャンスです!

シカ肉バーガー ナンとシカ肉のキーマカレー

 

 

 

 

 

 

 

ニコルのレシピのもと、日本の森を守るおいしいシカ肉料理をぜひご堪能ください!

日比谷公園でお待ちしています!

 

(東京オフィス)

 

過去の記事