アファンの森は今(ほぼ毎日更新事務局ブログ)
サポーター登録、寄付、トラストはこちら
C.W.ニコル公式サイト
よくある質問
お問い合わせ
サイトマップ
プライバシーポリシー

アファンの森は今


2014年7月

今アファンの森ではカブトムシが多くみられるようになりました。
数日前までは1日1匹程度でしたが、昨日は弥生池の周りのヤナギの木で7匹も樹液を吸っていました。

さらに今朝はヤナギの木1本に11匹と、近くの木にも4匹。

0731_kabuto2.jpg 0731_kabuto1.jpg

夏真っ盛りですね。

(黒姫事務局 福地)


職業体験3日目は、アファンの森で実施している様々な活動プログラムを体験してもらいました。
森のブランコは木につるすので、高い枝にロープをかけるのに苦労していました。何度も失敗しながら掛けたブランコは爽快ですね。

IMG_5706tr.JPG IMG_5730tr.JPG

火おこしは、日頃から薪ストーブを使っている子もいて慣れた手つきで作業していました。さすが信濃町という感じです。でも、すべて森の中のもので火を起こすとなると勝手が違うようで、枝が湿っていたりして、少し手間取っていました。

午後は室内でフィールドノートづくりのお手伝いをして3日間の体験は終了です。

3日間を通じてアファンの森財団の仕事を体験したことで、様々な仕事が社会にはあって、色々な考えをもって仕事をしている人がいるのだと感じてくれたら嬉しいです。
お疲れ様でした。

(黒姫事務局 福地)


6月23日~25日の3日間、地元信濃小中学校8年生5名が取り組んだアファンの森での職業体験。
2日目は、生物調査からスタートです。
アファンの森の中にある弥生池と水路にすむ生きものたちを捕獲して調べました。

DSCF7474.JPG DSCF7451.JPG

ツチガエル(写真左下)、モノサシトンボのヤゴ、クロゲンゴロウなどたくさんの生きものが確認されました。
 
DSCF7489.JPG IMG_5675.JPG

午後は外来種駆除作業をしてもらいました。森にはオオハンゴンソウという植物が侵入していて、数年前から駆除作業を続けています。この作業を手伝ってもらいました。
 
最初はオオハンゴンソウがどれだかわからなかったり、間違えて別の植物を抜いてしまったりしましたが、慣れてくると「もうオオハンゴンソウしか目に入らない」という感じでした。おかげでこの一帯ではオオハンゴンソウは見えなくなりました。

(黒姫事務局 福地)


DSC01949.jpg東京オフィスにて、昨年好評でした身近な道具(発泡スチロールのトレ―、マチバリなど)を使用し、ご自宅でも直ぐにつくれる、昆虫標本作成講座を今年も開催します☆

今回の講座は、各回内容が異なります。
第1回目(8/8)は、標本づくりに集中!室内でじっくりおこなう標本作成講座。
第2回目(8/24)は、野外で生きもの観察や、生きものの暮らし・採取方法等を学んでいただいた後に、標本作成を実施します。

第1回目は、時間が無いけど、標本づくりを学びたい人におススメの講座!
第2回目は、生きものの暮らし、採取方法なども学びながら標本づくりをおこないたい人向けです。

DSC_6679.jpg昆虫標本に興味があるけどつくり方や使用する道具などがわからないな…
ただ標本をつくるのではなく、実際の生きものの暮らし等も学びながら標本づくりをおこないたい!
という方向けの講座となっております。夏休みの自由研究にもお勧めですよ♪

大人の方お一人、親子でのご参加大歓迎です!
皆様にお会いできるのを楽しみにしております(^^)

<日時>
第1回:平成26年8月8日(金) ①13:00~15:00 ②19:00~21:00 
※①か②、ご希望の時間帯をお選び下さい。
第2回:平成26年8月24日(日) 10:00~14:30

<場所>
第1回(8日):アファンの森財団東京オフィス(小田急線、井の頭線 下北沢駅 徒歩約5分)
第2回(24日):和光市近郊 (和光市駅よりバスで約10分。駐車場有)

<定員> 
第1回:8名
第2回:10名

<対象> 昆虫標本作成初心者の方

<参加費 (資料代込)>
第1回(8日)
アファン会員  2,000円
一般      2,500円

第2回(24日)
 アファン会員  2,500円
 一般      3,000円

<持ち物>
筆記用具、標本を持ち帰る袋、 カメラ・ピンセット(お持ちであれば)
昆虫(こちらでご用意しておりますが、標本にしたい昆虫がありましたらご持参ください。)
 ※24日の講座ご参加の場合は、お昼ごはんのご用意をお願いいたします。

<申込み>
参加希望の方は、下記連絡先まで
■お名前
■ご年齢 
■ご連絡先(住所、電話番号) ※保険に入るため必ず(24日)
■どの日程、時間帯をご希望か
■アファン会員の有無
をご連絡ください。

第1回は2014年8月6日(水)正午、
第2回は、2014年8月18日(月)正午締切です。

<連絡先>
 C.W.ニコル・アファンの森財団 東京オフィス
 email : bio@bio-inste.com
   〒155-0032 東京都世田谷区代沢5-33-11-101
TEL: 03-6453-4197
FAX: 03-6453-4193

<主催>
C.W.ニコル・アファンの森財団 東京オフィス

(東京オフィス)


6月23日から25日の3日間、地元信濃小中学校8年生5名が職業体験のため森にやってきました。

初日は財団の仕事についてレクチャーをした後、森を視察しました。
スタッフと一緒に森を歩き、アファンの森の管理、森の生きものなどの解説を聞いて森づくりについての理解を深めました。

0717_1.jpg 0717_2.jpg

午後は森の管理作業を体験してもらいました。
アファンの森財団が管理をしている国有林の込み過ぎたスギ林で、細いスギの除伐をおこないました。

5人全員が初めての体験で最初はもじもじしていましたが、慣れてくると楽しいのか、最後はかなり盛り上がっていました。この中から将来のアファンの森職員が生まれるかもしれませんね。

(黒姫事務局 福地)


6月18日(水)、株式会社岡村製作所の社員の皆様にお越しいただき、「ACORN(エイコーン)」アファン1Day研修プログラムをおこないました。

0627_okamura15.jpg岡村製作所様はオフィシャルスポンサーとしてご支援くださり、また馬搬により運び出した間伐材を活用したホースロギングファーニチャー“KURA”の取り組みなど、日本の森の再生を目指して共に活動していただいています。

今回の研修プログラムは、岡村製作所様がCSRとして取り組まれている生物多様性に向けたアクション「ACORN」の一環です。

アファンの森を肌で感じながら生物多様性や里山、木材利用への理解を深めていただき、「KURA」が生まれた背景や社会的意義についても考えていただく機会となりました。

まずアファンセンターでアファンの森の説明をおこなった後、早速森へ。

0627_okamura1.jpg 0627_okamura2.jpg

森の管理の話に、木々の話…賑わう生きもの達も出迎えます。

0627_okamura3.jpg 0627_okamura4.jpg
0627_okamura5.jpg 0627_okamura6.jpg

0627_okamura7.jpg森の散策が終わる頃にはお昼時。
サウンドシェルターの前でお弁当と共に山菜の天ぷらを召し上がっていただきました。

午後は馬搬を実施した国有林で、スギの間伐作業体験です。
こうして木々を見上げると森がいつもと違うように見えていきます。

どの木を伐るか、どの方向に倒すか、枝のはり方はどうか…、特に混んでいる森での作業は技術を要します。

木と倒す方向が定まれば、ノコギリの刃を入れはじめます。
傾斜があるため、水平に刃を入れることも簡単ではありません。

少しずつ伐り進み、倒す方向を決めるうけ口が完成。

0627_okamura8.jpg 0627_okamura9.jpg

続いておい口を伐り、スギはゆっくりと倒れていきました。
なかなか難しく、狙った方向からは少しずれましたが、他の木にかかることなく間伐していただきました。

0627_okamura10.jpg 0627_okamura11.jpg

また、林床に横たえている枝などをまとめていただく作業もお手伝いいただきました。

0627_okamura12.jpg 0627_okamura14.jpg

作業後は、岡村製作所きづくりラボの佐々木様から家具材料としての木材についてレクチャーしていただきました。

社員の皆様は森をご自身のお仕事や生活に繋がる場として捉え、散策も作業も最後まで熱心に取り組んでくださいました。この場をお借りして感謝申し上げます。

岡村製作所様は今年も馬が運び出した間伐材に新たな命を吹きこめるよう、家具の製作を検討してくださっていますので、またブログでご紹介していきます。

(黒姫事務局 嶋本)


去る6月11日、2002年の財団設立以来ご支援をいただいている株式会社リコー様へ感謝状をお渡しするため、理事長ニコルが銀座本社へお邪魔しました。

0704_ricoh1.jpg
㈱リコー佐々木専務執行役員と記念撮影

リコーグループ様では国連の定める「世界環境デー」(6月5日)を受け、6月を“RICOH GLOBAL ECO ACTION(リコーグローバルエコアクション)月間”として、様々な活動に取り組まれており、今回はその一環としてニコルが社員の皆様にレクチャーをさせていただきました。

ニコルがなぜ日本の森を守ろうと決意したのか、アファンの森がどのように育まれてきたか、そして豊かな森が持つ人々の心を癒すチカラ等…ニコルも話しについ熱がこもり、話は多岐にわたりました。リコーグループ様では地域で自然再生などボランティア活動に取り組まれている方も多く、皆さん熱心に耳を傾けてくださいました。

0704_ricoh2.jpg 0704_ricoh3.jpg

最後に参加者全員で記念撮影をしていただきました。
https://theta360.com/s/IF9: Google Chrome を立ち上げて上記URLを張り付けてご覧ください)
こちら全天球カメラ 「Ricoh Theta(リコー・シータ)」で撮影された画像です。魚眼レンズで360度一度に撮影できるんです!何度見ても臨場感に驚いてしまいます。ぜひご覧ください。

(東京オフィス 平原)


0701_event0.jpg日毎に気温が上がり、緑が色濃くなってきました。
梅雨があければ、森が賑わう夏。

アファンの森では8月2日(土)に夏の特別イベントを開催します!
観察コースとアロマコース、お好きなプログラムを選び森をお楽しみください。
普段は会員の皆様やご支援いただいている企業様のみに限らせていただいていますが、この回は一般の方もご参加いただけます。

観察コースでは森を歩きながら生きものを観察。
生きものを探し、よく観察してみると…今まで気付かなかった生きもの達の個性やドラマが見えてきます。

0701_event1.jpg0701_event2.jpg0701_event3.jpg
ノシメトンボ            カブトムシ             水路の生きもの探し 

アロマコースでは日本の森の木のアロマを体験。
生きている木々と出会い観察しながら、アロマオイルの抽出や香りのブレンドを体験していただきます。

0701_event4.jpg0701_event5.jpg0701_event6.JPG
クロモジ              アブラチャン            スギ             

詳細はこちらのチラシ1408event.pdfをご覧ください。

大人の方はもちろん、お子様にもお楽しみいただける内容ですので、ご家族のご参加も大歓迎です♪
ご希望があれば保護者の方とお子さんが別のコースを選択されることも可能です。

_DSC2681.JPGアファンの森のある信濃町はトウモロコシをはじめとする夏野菜の美味しさが有名な土地。
さらに車で30分程走れば長野善光寺や戸隠神社、栗の町小布施など他の観光地もお楽しみいただけますので、ご参加の際にはぜひ北信濃をご満喫ください。

夏のアファンの森でお待ちしています!


≪夏の特別イベント 生きもの観察と森のアロマ体験≫

■日 時:8月2(土) 10:30~16:00
■内 容:夏の特別イベント 観察コースとアロマコース
■定 員:各コース20名様まで
■締 切:7月28日(月) 定員になり次第締め切り

■参加費:観察コース  会員・ご家族 1,500円
               一般の方 大人4,500円 子ども3.500円
      アロマコース 会員・ご家族 2,000円
               一般の方 大人5,000円 子ども4,000円
               *お弁当・保険料込
               *アロマコースは器具・材料費500円込
               *ご家族の場合お1人ご入会いただくと合計金額がお安くなります
                   
■お申込み
参加ご希望の方は下記必要事項ご記入の上、FAX、郵送、メール、お電話でお申し込みください。
(お申込み用紙はこちら1408event.pdfから印刷できます)

・代表者様のお名前と年齢、ご住所、連絡先(電話、fax、携帯電話)、ご希望のコース(観察・アロマ)
・同伴者様のお名前と年齢、ご希望のコース(観察・アロマ)
・当日の交通手段
・過去会員見学会の参加回数(会員様のみ)
0701_event7.JPG
*会員様はお申込み時に同伴者様がご家族か一般の方かお教えください。(会員様のご家族は会員価格でご参加いただけます)

*当日は地元の食材で丁寧に作られたお弁当をご用意する予定です。アレルギーなどありましたら、お手数ですがご連絡ください。

■お問合せ先
一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団
〒389-1316 長野県上水内郡信濃町大井2742-2041
tel 026-254-8081  fax 026-254-8082
mail  info@afan.or.jp

(黒姫事務局 嶋本)




過去の記事