アファンの森は今(ほぼ毎日更新事務局ブログ)
サポーター登録、寄付、トラストはこちら
C.W.ニコル公式サイト
よくある質問
お問い合わせ
サイトマップ
プライバシーポリシー

アファンの森は今


2014年11月

アファンの森にはウインチの付いている、「やまびこ」と言う小型林内作業車があります。
小さい機械なのですが、なかなか良い仕事をしてくれます。

1126_1.jpg 1126_2.jpg

でっ、このやまびこの、ウインチのワイヤーをきれいに巻きなおそうとしたら、裏側にだれかの食べたクルミの実が。

正体は、おそらくアカネズミです。リスとは違って横に穴を空けて中身を食べます。

穴を空ける場所もわかっていて、違うところに穴を空けてしまったら、中身を全部食べることができないんです。どうして知っているのですかね?

1126_3.jpg 1126_4.jpg

普段は炭焼き小屋に置いてあるやまびこですが、こんなところにクルミを運んで食事をしていたのですね。

なんだかちょっと嬉しくなるできごとでした。

(黒姫事務局 石井)


1112_aroma.jpg2014年12月20日(土)~21日(日)、パシフィコ横浜にて第17回日本アロマセラピー学会学術総会が開催されます。

口頭発表やポスター発表など、アロマに関する様々な情報・意見交換がおこなわれるほか、20日(土)には特別企画として癒しの空間「森の香りと住まい」をテーマに、C.W.ニコル、稲本正先生、隈研吾先生の講演が予定されています。

≪特別企画 癒しの空間 「森の香りと住まい」≫

日時:2014年12月20日(土)15:20~17:50
会場:パシフィコ横浜 第一会場

進行:荒川 秀俊、稲本 正
演者:C.W ニコル(作家)
    稲本 正(正プラス社)
        隈 研吾(建築家)

image002.jpg15:20-16:10 森からみる未来(C.Wニコル)
16:10-16:50 森の香りの可能性(稲本 正)
16:50-17:00 休憩
17:00-17:40 環境と対話する建築(隈 研吾)
17:40-17:50 総括


詳しくは一般社団法人 日本アロマセラピー学会ホームページからご覧いただけます。
学術総会の詳しいご案内、参加登録に関してはこちら
プログラムに関してはこちら

11月26日(水)まで参加登録が可能ですので、ご興味のある方はぜひご参加ください!

(黒姫事務局 嶋本)


1111_1.jpg11月8日(土)、会員見学会をおこないました。

今回は秋の森を散策する1日コース。
午前中は職員が案内し、午後は自由に過ごしていただくという、はじめての内容です。

朝は冷え込んでいましたが、開始時間になると気持ちの良い日差しが差し込みました。

紅葉の良い時期ですので、いつもの散策道ではない道を使って森に入っていきます。
コナラの色付きが鮮やかです。

1111_3.jpg 1111_2.jpg

森の手入れの話や生きものの話をしながら、ゆっくり森を一周。
皆さんあっという間に森に馴染み、色んなものを見つけては質問してくださいました。

1111_4.jpg 1111_5.jpg

サウンドシェルターに到着して、お昼ご飯。
お弁当は地元食材がたっぷり詰まった、笑みの里かあちゃんちのお弁当です。
アファンの森のなめことしいたけ、ひかり味噌株式会社さんのお味噌のお味噌汁も召し上がっていただきました。

1111_6.jpg 1111_7.JPG

お腹が満たされた後は、焚火の準備。
火打ち石を使った火起こしにも挑戦です。

1111_8.jpg 1111_9.jpg

そして午後の自由時間。
焚火の前でのんびりする方、散策マップを持って森に出かける方、シートと毛布を持って森に休息しにいく方、アファンセンターを見に行かれる方、それぞれです。

職員の私も皆さんの様子を見させていただきながら森を歩いたのですが、途中でお会いして言葉を交わしたり、見つけたものを教えていただいたりするのが、なんだかとても新鮮でした。

1111_10.jpg 1111_11.jpg
1111_12.jpg 1111_13.jpg

あっという間に午後の2時間が過ぎ、集合場所へ。
朝お会いした時よりも、皆さんの表情がほころんでいるように思いました。
秋の森をたっぷり味わっていただけたようで良かったです。

色々お話することができ、職員も楽しい時間を過ごさせていただきました。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました!

次回の会員見学会は2月、雪の森の散策です。
またご案内いたしますので、ご興味をお持ちの方はぜひお越し下さい♪

(黒姫事務局 嶋本)

財団のオフィシャルスポンサーとしてご支援いただいている「ポロ・ビーシーエス株式会社」の林業部門のメンバーが、11月5日~7日に研修の一環として森の作業を今年も手伝いに来てくれました。

今回は、同社代表取締役の高井洋一氏と普段は吉野杉で有名な奈良県吉野町で林業をしているメンバーが2名です。
京都大学名誉教授の竹内典之先生も同行してくれて、たくさんのアドバイスをいただくこともできました。
そのほかにも、同じくオフィシャルスポンサーである大正大学から学生2名が参加です。
この二人は、9月にアファンの森で行ったフィールド学習「森・里・海 連環学」の参加者です。

1110_1.JPG 1110_2.JPG

今回の作業は、コナラ林の間伐です。
1110_3.JPG
ポロのメンバーは、広葉樹の伐採は初めてということでしたが、すぐにコツをつかんで手際よく作業を進めていきます。

伐採したコナラは、玉切りして、細い枝葉は短く切ってじゃまにならない場所に集めます。

玉切りにした木は、ナメコとシイタケのほだ木と薪にします。

キノコのコマ打ちと薪割まで、手伝っていただきました。

1110_4.JPG 1110_5.JPG

皆様、ご協力ありがとうございました。

(黒姫事務局 石井)

IMG_3525_3.jpgどんぐりって果実?それとも種?
どんぐりにくっついてるのは帽子?はかま?
どんぐりって食べられるの?

身近だけど意外と知らないこと、大きさや形の違いで、どんぐりを見分けるコツをお教えします!

実は長くて深い私たちとどんぐりとの関わり、
そこに集まる生きものたちを覗いてみましょう!

大きさも形も様々などんぐりをご用意してお待ちしています。
是非、手にとって見比べてみましょう!

どんぐりを使ったクラフトや、人気の落ち葉スタンプも実施予定です♪

BXnF_YICUAAIHM_1.jpg IMG_3523_2.jpg
----------------------------------------------------------------
<日時>  平成26年11月21日(金) 19:30~21:00
<場所>  アファンの森財団東京オフィス (東京都世田谷区代沢5-33-11-101)
<定員>  10名
<参加費(テキスト、クラフト代込み)>
800円

<申込み>
■お申込み: 以下の事項をご記入の上、メールにてお申し込みください。
・お名前、ご年齢
・ご連絡先(住所、電話番号)
・当講座の参加目的、希望すること
【2014年11月20日(木)正午締切です。】

<連絡先>
 アファンの森財団東京オフィス メール:info@afan.or.jp
〒155-0032東京都世田谷区代沢5-33-11-101
 TEL:03-6453-4192

<講師>
・湯澤 秀行【G.B.N(行田市ビオトープネットワーキング)代表】
・遠山 修二

(東京オフィス)


過去の記事