アファンの森は今(ほぼ毎日更新事務局ブログ)
サポーター登録、寄付、トラストはこちら
C.W.ニコル公式サイト
よくある質問
お問い合わせ
サイトマップ
プライバシーポリシー

アファンの森は今


2015年2月

3月21日(土)、「C.W.ニコル・アファンの森財団 会員の集い」を開催します!

今回のテーマは「森の再生とこどもたちの未来」。
アファンの森の原点をニコルと振り返りながら、現在の森での活動や広がりつつある森の可能性について、皆さんと思いを共有できればと考えています。
 
DSC_0005.jpg DSC_0024tr.jpg
DSC_0033.jpg DSC_0093.jpg

※ご案内のチラシはこちら<150321_tudoi.pdf>からご覧いただけます。


《2014年度C.W.ニコル・アファンの森財団 会員の集い》

■日時 : 3月21日(土) 13:30~16:00 (開場13:00)

■場所 : 大正大学 
      東京都豊島区西巣鴨3-20-1
             (都営地下鉄三田線 西巣鴨駅 徒歩2分)

■会費 : 会員1,000円、非会員2,000円
      (お一人様につき)

■定員 : 150名

■内容 : 理事長 C.W.ニコル講演 「私が森づくりをはじめた理由」
      トークセッション
       ・生きものがつなぐアファンの森とスギ人工林 ~手入れから見えてきたこと~
       ・被災地に日本一の森の学校を創る ~森で育む子どもたちの未来~
      自由交流(お茶・お菓子付)
       ・会員様、ニコル、スタッフとの交流
       ・ブース展示(森の生きものブース、森のアロマ体験ブース)

■お申込み方法
下記必要事項ご記入の上 、メール、FAX、または郵送でお申し込みください。
会員様お一人に対して、ご同伴の方3名までご参加いただけます。
(4名以上をご希望の場合はご相談ください)
お申込み後、改めて詳しい案内状をお送りします。

・会員様のお名前と年齢
・ご住所
・ご連絡先 電話番号、FAX番号、e-mail

・ご同伴者様のお名前と年齢
・会員情報 アファン会員 or 非会員

申込締切 3月9日(月)


■お申込み・お問合せ先
389-1316 長野県上水内郡信濃町大井2742-2041
一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団

e-mail:info@afan.or.jp
Tel:026-254-8081 Fax:026-254-8082

(黒姫事務局 嶋本)

昨日からの大雪で信濃町の積雪はさらに増し、今朝176cmとなりました。

0220_1.jpg 0220_0.jpg

屋根から落ちた雪の山はどんどん高くなり、ついに屋根とつながる程に。

0220_2.jpg 0220_3.jpg

見晴らしの良いはずの事務所の窓からは、雪の壁以外何も見えません。

信濃町では、観測史上もっとも深い積雪。
出張帰りの石井さんは、一息つく間もなく除雪です。。

0220_4.jpg 0220_5.jpg

0220_6.jpg石井さんの除雪作業のおかげで雪の壁は崩れ、いつものいい景色が見えてきました。

さらに空も晴れ、青空に。

明日、明後日は気温が上がるようで、雨予報まで出ています。
今は二十四節気の雨水(うすい)の時期なので、まさにですね。

まだまだ雪景色は続きますが、確実に、少しずつ、春は近付いているようです。

(黒姫事務局 嶋本)


IMG_7696.jpgこの度、ニコルが信州おもてなし大賞を受賞しました。

この賞は、地域において長期的な視野を持って、おもてなしの向上に真摯に取り組む信州の企業や団体、個人の光輝く活動を表彰することにより、信州全域にそのような取り組みが伝搬し、信州のどこに行っても、住む人も訪れる人もすべての方が、「ここで暮らしたい」「またここを訪れたい」と感じるような信州の実現を目指すことを目的とし、他の模範となる「おもてなし」の取り組みをする者に対して与えられる賞です。

アファンの森では、アファン会員の方々はもちろん、児童養護施設や盲学校、養護学校の子どもたちを森に招く5センスプロジェクトや、東日本大震災の被災地の方たちを森に招いたり、地元の子どもたちの授業や自然体験などをおこなっており、たくさんの方を森にお迎えする機会があります。

多くの方を一度にお招きしても、10人いれば10人の違う個性があるのでその個性に向き合うよう心がけています。子どもたちを迎える場合でも、子供である前に一人の人間であると考え、対等な立場で関わりあいます。そしてすべての活動の土台にあるのが私たちが守り、再生してきた豊かな自然、気持ちの良い森そのものです。

今後も大賞の名に恥じぬようおもてなしをおこなっていくとともに、その土台である森の整備を続けていきたいと思います。

IMG_7684.jpg IMG_7721.jpg

(黒姫事務局 福地)


先週末の見学会が終わりに近付いた頃、とっても良いものを見つけました。

スギ林の下に不自然に落ちていた、このかたまり。

0212_1.jpg 0212_2.jpg

大きさは30cmほど。指を入れてみると中は空洞になっています。

・・・なんだと思いますか?

おそらく、ニホンリスの巣です。

0212_3.jpgニホンリスは、小枝や樹皮、苔などを使って、木の上の枝の間にまるい巣を作ることが知られています。

きっと降り積もった雪の重みで落ちてしまったのでしょう。

一見雑に見えるのですが、とても器用に編み込まれ、しっかりとした作りをしています。

木の上で見つかることはあっても、手に取れる機会はなかなかありません。

とても貴重な出会いでした。

(黒姫事務局 嶋本)

DSC_0107.JPG2月7日(土)は雪のアファンの森で会員見学会をおこないました。

この時期は大雪や吹雪になることもあるので、当日までお天気が心配でしたが…

気持ちのいい快晴です!

アファンセンターに到着したら、早速スノーシューを履いて、雪の森に出かける準備をはじめます。

寒さで固まった身体をほぐして、いざ雪の森へ。

DSC_0017.jpg DSC_0079.jpg DSC_0052tr.jpg

前日まで雪が降っていたため、森は新雪。
信濃町にしては雪が重たく、しまっていたので、足が埋もれすぎることなく歩くことができました。

DSC_0072.jpg DSC_0078.jpg

こんな風に飛び込みたくなるのも、新雪だからこそです。

DSCF3988.jpg IMG_7637.jpg

DSC_0101.jpg数日前と同様にウサギの足跡が多く、糞や食べ痕を見つけることもできました。
その他にもイノシシや、キツネ、テン、イタチ、リスの足跡も。

お昼ご飯は地元信濃町の食材がつまったお弁当を、暖炉の火のあるホールで召し上がっていただきました。

食べ終わると皆さん早々に準備を済まされ、予定より早く午後の散策をスタート。

引き続き、足跡や木々を観察しながら、午前とは違う方向へ向かいます。

コーヒーを飲んでひと息ついたら、最後は希望者の方のみソリ遊び。

DSC_0199.jpg DSC_0195.jpg DSC_0212.jpg

急な斜面なので、声があがるほどの勢いにもなります。

DSC_0228tr.jpg何度も滑るうちに一部がジャンプ台のようになり、宙に浮いたり。
雪の会のベテランの方は、ソリも使わず逆さに滑りおりたり。

あっという間に1日が終わってしまいました。

遠方からいらしてくださった方も多かったのですが、良いお天気の中お楽しみいただけたようで、本当に良かったです。

2014年度の見学会は今回で最後となりました。

2015年度の第1回目は4月26日(日)、雪融け後のわずかな期間にしか出会えない春植物の観察、と鳥の観察をおこないます。

皆様のお越しをお待ちしていますので、ぜひご検討ください♪

(黒姫事務局 嶋本)

DSCF7686.JPGアファンの森財団では、全国各地の子どもたちに身近な自然を教材に学んでもらう「森が学校計画」を進めています­。

その活動のひとつとして、長野県、東京都、宮城県の子どもたちと一緒に取り組んでいるのが、

農業と自然との関わりを学ぶ 
「3つの輪プロジェクト~農と自然と人との和を繋ぐ~」

YouTubeアファンの森のチャンネル「Afan Woodland Trust 」にて、このプロジェクトの活動をご紹介する動画を配信しています。 
5分程の動画ですので、よろしければぜひご覧ください。

YouTube「森の学校:3つの輪プロジェクト」はこちら

DSCF6507tr.jpg P1000831.jpg

昔から日本は、人と自然がお互いを支え合いながら暮らしていました。

そのひとつの形が農業です。
人の命を育む農地は多くの生きものの命も育む場所です。

昔からある人と農と自然の輪を、子どもたちと一緒に守り、繋げていきたい。
そんな想いから、3つの輪プロジェクトははじまりました。

※このプロジェクトは一般財団法人地球産業文化研究所の愛・地球博成果継承発展助成事業により実施しました。

(黒姫事務局)


火曜日に見学会の下見を嶋本さんと一緒にしたあと、午後はひとりで隣接する国有林の様子を見に出かけました。

すると、何やら「もこもこ」したものが国有林を出てアファンの方へ行くではありませんか。

0206_1.jpg

あっ、イノシシではないですか!これまで足跡は何度も確認していたのですが、実際に雪の中を歩く姿を見るのはこれが初めて。

0206_2.jpg 0206_3.jpg

お尻を見せて、行ってしまいました。

0206_4.jpg

国有林とアファンの間には用水路が流れているので、慌てて橋のあるところまで戻り、イノシシのいた方へ。
ちょっと足跡をたどってみましょう。

0206_5.jpg

足跡は、湿地に下りたところで消えています。ここからでは湿地から出ていった足跡が見当たりません。
ひょっとしたら、まだいるのかもしれません。

0206_6.jpg

恐る恐るカメラを構えて少しずつ前に進んでいくと・・・・

「うわっ!」イノシシが飛び出しました。慌ててシャッターを!!

彼らはあんな体で1m位は平気で飛び上がります。ぬかった湿地と雪の上を物ともせず走り去っていきました。
その後には泥まみれの足跡が。

0206_7.jpg

センターに戻って写真を見せると、「あ~、午後も一緒に行けばよかった・・・」と悔しがる嶋本さんが。

慌てて撮った写真には、走り去るイノシシの背中がちょっとだけ写っていました。 

0206_8.jpg

(下側中央よりの左に背中が・・)

非常にわくわくする体験でしたね。

(森林整備 石井)


アファンの森活動リーダー養成研修を開催します。

野外活動において講師補助、安全管理をしながら、参加者と共に活動を楽しむことができる人材の育成を進めていきます。

“冬”の森での研修でハードルは高そうに見えますが、アウトドア初級者でも参加できるプログラム内容としていますので、興味がある方はお問い合わせください。

この機会にぜひご参加をご検討ください。

150204_flyer1.JPG   150204_flyer2.JPG

PDF版は こちら

**********************************************

●日 程: 3月7日(土)~8日(日) 1泊2日

●場 所: アファンの森 (長野県上水内郡信濃町大井)

●集 合: JR信越本線 黒姫駅 10時00分集合 交通手段についてはご相談ください

●対 象: 高校生以上
自然体験活動、環境教育に興味関心がある方
今後、当財団で実施する子ども達との活動に参加する意欲がある方

※アファンの森での5センスプロジェクトや宮城県東松島市での震災復興プ ロジェクトに関わっていただく機会があります。 当財団の活動については HPFacebookでご確認ください。

●定 員: 10名 人数多数の場合は選考

●参加費: 無料 (1泊4食付き) 黒姫駅までの交通費はご負担ください。

●申込み: 締め切り 2月22日(日)必着

申込み内容 【1】名前 【2】性別 【3】年齢 【4】住所 【5】電話番号 【6】e-mailアドレス 【7】保護者氏(名参加者が未成年者の場合) 【8】所属 【9】申込み動機 をご記入の上、メール、FAX、郵送にてお申し込みください。

●申込み先: 

〒389-1316長野県上水内郡信濃町大井2742-2041

一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団 事務局

TEL 026-254-8081 FAX 026-254-8082

E-mail info★afan.or.jp (★を@に変えて送信してください)

 

本事業は、コスモ石油エコカード基金の助成を受けて実施いたします。

 

(黒姫事務局)

 

DSCF3827.JPG昨日は見学会の下見のために、森へ出かけてきました。

氷が張った上に雪が積もり、弥生池も真っ白です。

さらに森の中へ入っていくと、足跡がたくさん。

テンにイタチ、ウサギ、キツネ、イノシシ…

この日はウサギが特に多く、後を追っていたかのように所々で2匹の足跡が重なっていました。

DSCF3855.jpg DSCF3841.JPG

糞が落ちていたり、食痕が残っていたり。
普段出会えないだけで、こんなに森を利用しているのだなとびっくりします。

靴はアウトドアシューズを多数取り扱うKEEN様からご提供いただいたスノーブーツWINTERPORT II
DSCF3875.JPG DSC02880 (2).JPG

お陰様で歩きやすく、氷点下の寒さも感じることなく、快適に過ごすことができました。誠にありがとうございます!
スノーシューとの相性がいいこともわかったので、冬のイベント時にたくさん活躍してもらえそうです。

森の様子が変わりやすい雪の時期。
見学会ではどんな出会いがあるか・・・当日になってみないとわかりません。
気持ちのいい1日になることを願います!

(黒姫事務局 嶋本)

募集要項
1.募集人数
 1名

2.職務内容
 環境NGO事務局運営スタッフ業務全般
(会員管理、会計、企画運営、web関連などの管理等)

3.勤務地 小田急線京王線 下北沢駅
  一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団 東京オフィス
  〒155-0032 東京都世田谷区代沢5-33-11-101
  
4.募集条件
  【必須】
  ・  当財団の活動に賛同し、心身ともに健康な方
  ・  パソコン(エクセル・ワード、パワポなど)操作に長けていること
  ・  一般企業での業務経験(一年以上)を有する方
  【なお可】
  ・運転免許  
  ・英語でのコミュニケーションが取れる方。
  
5.待遇 
  正規職員 勤務時間  10:00〜18:00
        週休2日、交通費至急、有給休暇社会保障などあり
   *原則として採用後6ヶ月間は試用期間となります。
  
6.給与
  当財団基準による能力に応じて(18万円〜)
 
7.勤務開始時期   
  2015年3月  *応相談

8.応募方法
履歴書(写真添付)、職務経歴書、志望動機を作成の上、電子書類(ワード、PDF、等)にて電子メールに添付して提出ください。随時書類選考の上、面接日をご連絡致します。
送付先アドレス : info@afan.or.jp (アファンの森財団 採用担当係)
※履歴書は汎用の書式を利用ください。職務経歴書の書式は特にありません。過去にどのような仕事をされていたか分かる内容であれば結構です。
※提出いただいた応募書類は返却いたしません。ご了承ください。
※提出いただいた情報は今回のスタッフ募集に関して使用し、それ以外での使用はいたしません。
※本件に関するお問合せは、メールにてご連絡ください(電話不可)。

9.応募締め切り
  2015年2月16日(月)まで 

過去の記事