アファンの森は今(ほぼ毎日更新事務局ブログ)
サポーター登録、寄付、トラストはこちら
C.W.ニコル公式サイト
よくある質問
お問い合わせ
サイトマップ
プライバシーポリシー

アファンの森は今


2015年12月

2015年は、アファンの森財団にとって新しいプロジェクトが進みはじめた記念すべき年となりました。
「働く馬のいる美しい風景と文化を取り戻したい」ニコルの熱い想いをカタチにするホースロッジ建設もお陰さまで100件以上を超すご協力のお申し出を頂いております。
本当にありがとうございます。心より御礼申し上げます。
ホースロッジは、来春若葉の頃の完成を目指しております。
皆様のご期待にお応えできるよう森づくりはもちろん、東松島の森の学校づくりと併せてスタッフ一同精一杯頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

今年もアファンの森財団の活動を温かく見守ってくださいました多くの皆様に心より感謝申し上げ、
春を待つ森の生きもの達とともに年末のご挨拶とさせていただきます。

2016年も皆様におかれましては、素晴らしい年となりますようお祈り申し上げます。

(年末年始は12月29日〜1月5日までお休みを頂き、6日より仕事始めとさせていただきます。)

11月15日(日)、信濃町の方にアファンの森にお越しいただき、馬搬見学会を実施しました。

これまで、信濃町の小中学校との交流はあったものの、地域住民の方との接点はあまりなかったため、今回このような会を企画実施させていただきました。

151115_town_kenngakukai02.JPG  151115_town_kenngakukai01.JPG

アファンの森での馬搬は、今年で3年目。

スタッフより馬を活用することのメリットやアファン財団で馬搬を行う意義を説明し、その後実際に馬で間伐した木材を引き出す様子を見学していただきました。

馬搬の主役は、見るからに力のありそうな10歳のサムライキングとパートナーの岩間敬さん。

お二人とも今回のために岩手県の遠野から出張に来てくれました。サムライキングくんが木材を一生懸命運び出す姿に、見学者もスタッフも思わず圧倒され感動。かつてはこの地域でも日常の風景であったことを考えると、なんとも不思議な感覚でした。

馬がいると自然に人が集まり、人の心も身体も笑顔になることを実感した今回のイベント。
今後も馬を活用したイベントを地域の方とともに行っていきたいと考えています。

 

(東京オフィス 西村)

アファンに入った新たなスタッフをご紹介します!
雪丸と茶々丸です♪

☆雪丸くん☆
6才、道産子、体重400kg
【甘えん坊。引き馬が得意で子どもにそっと撫でてもらえることを待つ位おとなしい】

151208-1.jpg   151208-2.jpg

☆茶々丸くん☆
6才、ミックス、体重400kg
【とても甘えん坊の寂しがり屋。人懐っこく表情が豊か】

151208-3.jpg   151208-4.jpg

先日ご報告させていただきました、新たな『アファンホースプロジェクト』をお手伝いするために、アファンに来ていただきました。
現在は、岩手県の牧場で調教中ですが来年には黒姫で雪丸、茶々丸の姿が見られる予定です。
新スタッフの今後の活躍をご期待ください♪

(東京スタッフ 西村)

この度、アファンの森がある黒姫の地で、馬を活用した『アファンホースプロジェクト』が新たに始まりました!

かつてこの地域でも伝統的に使われていた馬を復活させ、働く馬によって里山文化の再生、地域活性化に繋げて、「はたらく馬のいる美しい風景をアファンの森のある信濃町で甦らせたい」というC.W.ニコルの長年温めてきた熱い思いからスタートした本プロジェクト。

151204.jpg

馬は、化石エネルギーを使わず草を食べて動力を発揮しさらに馬糞は栄養価の高い肥料となる、里山の循環型社会の要です。
今後、馬を地域の中で活用し、農業、林業、観光業、そして教育医療の分野も視野に入れながら、総合的な面から地域創生の一助となる活動を展開していく予定です。

また、今後より一層地域との連携が必要となることから、町や地元企業などとともに、信濃町ホースプロジェクト推進協議会を立ち上げました。さらに、長野県の「人口定着・確かな暮らし実現」戦略モデル助成金にも採択されました。

今後ますますアファン財団の活動が、日本社会に広く届けられるように努力してまいりますので、引き続き温かいご支援をいただけますと幸いです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!

(東京オフィス 西村)

今年も12月10日(木)~12日(土)の3日間開催されるエコプロダクツ2015に出展します!

NPO・NGOコーナー(小間番号N-30)にて小さなブースですが、アファンの森の活動をご紹介いたします。

151202_ecopro01.JPG  151202_ecopro02.JPG

また、当財団をご支援いただいている株式会社岡村製作所様との共同ブースでは、トークステージを開設します。(オカムラブース : 東4ホール 4-004)

現在、取り組んでいる馬を活用したプロジェクトをご紹介します。

また、C.W.ニコルとD.W.ニコルズ(ミュージシャン)や養老孟司先生とのトークも楽しみのひとつです。

皆様のご来場をお待ちしております。

151202_ecopro_timesc.png

 

◆開催概要

会  期  : 12月10日(木)~12日(土)の3日間
開催時間 : 10:00~18:00(最終日は17:00まで)
会  場  : 東京ビッグサイト(東1~6ホール) (東京都江東区有明3-10-1)

主  催  : (一社)産業環境管理協会、日本経済新聞社

 

(黒姫事務局)

過去の記事