アファンの森は今(ほぼ毎日更新事務局ブログ)
サポーター登録、寄付、トラストはこちら
C.W.ニコル公式サイト
よくある質問
お問い合わせ
サイトマップ
プライバシーポリシー

アファンの森は今


天皇皇后両陛下にご来訪いただきました。

ご来訪

 

午後4時になりました。ここは、アファンの森に建つアファンセンターです。センターの中はとても静かですが、森の様子に耳を澄ますと、小鳥のさえずりとカエルの鳴き声が奏でるにぎやかなコーラスに時折セミが割って入るのが聴こえてきます。
天皇皇后両陛下のご来訪に合わせて準備と警備に携わった宮内庁の職員の皆さん、メディア関係者が森を離れると、上空を旋回していたヘリコプターも飛び去って行きました。
本日は両陛下の行幸啓を賜り、大変光栄に存じます。わたしたちの森は、あたたかな日差しに包まれて素晴らしい天気に恵まれました。きらめく森の深い緑の間には、涼しく心地よい風が渡ってゆきます。森に暮らす生きものたちも、大切なお客様をおもてなしするかのように歌い、花々が咲き乱れています。
わたしは、両陛下に森をご案内する大役をいただきました。森の維持管理を担当する石井敦司が、ご質問にお答えする際の補佐役として一緒に歩いてくれました。
陛下は花や木々、そして森や池、小川の生態系についてたくさんのご質問をなさっておられました。ウッドチップを敷いた小道のこと、福島の子どもたちを森に招いていることなどについてもお話しいたしました。そして木の手入れのこと、林床にダメージを与えないようにすることの大切さなどにも話題が及びます。
そして散策の最後、わたしたちの新しい仲間である馬の雪丸が、馬方の八丸健さん、下坂龍太さんと共に木材の馬搬を行いながら姿を現します…完璧なタイミングでした!
 陛下が雪丸にお近づきになりたいとおっしゃって、皇后陛下とともに森の中へと進まれました。そして陛下は雪丸に触れ、白いたてがみを撫でてくださったのです。
両陛下とアファンセンターの中でお茶をいただきながら、陛下が馬と過ごされたご自身の経験について、また私のふるさとであるウェールズについてもお話を交わしました。
「アファン」という私たちの森の名前がウェールズにあるアファン・アルゴード森林公園にちなんで名づけられたこと、二つの森は姉妹森として提携していることを、皇后陛下はご存知でいらっしゃいました。優しく微笑まれながら「ウェールズからニコルさんを追いかけて日本までやって来たケルトの妖精たちが、黒姫のアファンの森を気に入って住み着いているのかもしれませんね。」と、おっしゃってくださいました。
財団のスタッフとわたしにとって、今日は魔法のような一日でした。
みなさまも、アファンの森へ妖精たちに会いにいらしてください。
目に見えない力で、ふしぎないたずらをみなさんに仕掛けてくれることでしょう。

2016年(平成28年)6月6日
一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団
理事長 C.W.ニコル

 

THE VISIT    June 6th, 2016

 

   It is four p.m. and I’m sitting at my desk in our Afan Woodland Trust centre. It seems very quiet, although in the woods the bush warblers are still trilling, frogs croaking, and cicada occasionally breaking into their loud chorus. The helicopter circling overhead has gone, together with all the police, security personnel, Household Agency officials, people from the press and everybody else who are involved in the organizing, timing and protection of an Imperial Visit.
    Yes, The Emperor and Empress visited out centre and our woods today. We could not be prouder.  The weather was glorious, warm and sunny, but cool and pleasant in the deep and vibrant green of the woods. Woodland wildlife seemed to be welcoming our guests with their songs.  Lots of flowers were blooming.
   I was elected to escort their Imperial Majesties, but trailing behind and in easy earshot came our forester Mr. Atsushi Ishii, just in case I couldn’t answer a question. The Emperor especially asks lots of questions about flowers, trees and the general biology of the woods, ponds and streams. We talked about the woodchip paths and about our program to welcome children from Fukushima. I also talked about the need to trim out trees, and to do so with as little damage to the forest floor as possible. At the end of the walk our new working member Yuki Maru, guided by Ken Hachimaru and Ryuta Shimosaka were hauling out a log. Great timing!
   It wasn’t planned, but the Emperor wanted to get close to Yuki Maru, and he and the Empress headed off the path and into the woods so that the Emperor could stroke Yuki Maru’s warm silky skin and long white mane.
    When we got back to the centre for a few quiet moments sipping tea, the talk turned to the Emperor’s own experience with horses, and then to Wales, where I was born. The Empress already knew that ‘Afan’ was borrowed from our ‘twin forest’ in Wales (Afan Argoed) and with a gentle smile she said that perhaps Welsh Celtic elves had followed me to Japan and now made their home in our Kurohime Afan woods. Today was a magical day for our staff, and myself so perhaps that’s true.  So the next time you visit, watch out for elves, they are difficult to see, and can play tricks!

 

C.W.Nicol

過去の記事