アファンの森は今(ほぼ毎日更新事務局ブログ)
サポーター登録、寄付、トラストはこちら
C.W.ニコル公式サイト
よくある質問
お問い合わせ
サイトマップ
プライバシーポリシー

アファンの森は今


2016年12月

アファンの森財団の新しい商品 TONE REVERSAL DIARY Afan ver.(白黒反転手帳Afan ver.)を販売開始しました。

20161221_tone reversal diary01.jpg

この手帳を制作してくれたのは、盲学校に通っていた小学5年生の時にアファン“5センス”プロジェクトに参加してくれた安藤将大さん。大人になった彼がこの手帳を持って、アファンの森を訪ねてくれました。

 

「多くの目の見えにくい方にとって、使いやすいモノをつくりたい」
安藤氏は大学在学中、「障害という価値」を社会に役立てる会社、株式会社アーチャレジーを設立しました。障害のある方もない方も、心地良く過ごせる社会づくりを目指しユニバーサルデザイン・コンサルティング等をおこなっています。
そして、どんな人の目にもやさしいものづくりを追求し、試行錯誤を重ね生まれたのが、この白黒反転手帳「TONE REVERSAL DIARY」です。

 

5センスプロジェクトに参加して森との関わりを大事にしたいと考えてくださり、「たくさんの人に森の優しさを、もっと身近に感じてもらいたいとの想い」から、この度、当財団とのコラボ企画が立ち上がりました。森の中を思わせるツタのデザインで手帳のオシャレさを更に引き立てたのが「TONE REVERSAL DIARY Afan ver.」(白黒反転手帳Afanバージョン)です。

売上は、アファンの森をはじめとする日本の豊かな森づくりに活用されます。

まさにアファンの森のめぐみからうまれた、人と森に貢献してくれる手帳です。

  20161221_tone reversal diary02.jpg  20161221_tone reversal diary03.jpg

見た目もおしゃれな手帳ですが、自ら弱視である制作者が、色々な見え方の人にとって見やすい手帳を追求し、最も光の反射を抑えることができる「黒地」を採用しています。文字や罫線はシルバーインクを使用し、黒地とのコントラストによってはっきりと見やすくなっています。障害のない方にも、疲れにくい・文字が覚えやすい等のメリットもあります。

黒地に白ペンで記入してシックで大人なイメージも格好いいですし、パステルカラーのペンで賑やかに可愛く予定を書き込むこともできますので、若い女性にも人気があります。

新しい年度の始まりに、TONE REVERSAL DIARY はいかがでしょうか?

 

////製品情報////
4月はじまり
A5サイズ(縦210mm× 横148.5 mm) 
価格 白ペン(0.5mm)セット 2,268円(税込)

購入はグッズ販売のページから

 

 

◆株式会社アーチャレジー 

http://archalle.co.jp/index.php

https://www.facebook.com/ArchallegyInc/

 

(事務局)

 

10月に中四国地区で放送しました番組「C・Wニコル"日本のふるさと"出雲の森を行く ~出雲から大山へ 人と森のものがたり~」が各地の放送局でも放送されることになりました。

前回は中四国地方のみの放送でしたが、今回は全国各地でも見られます。

この機会にどうぞご覧ください。

内容については、山陰放送のHPからご確認ください。

http://www.bss.jp/util/entry/15917.html

 

北海道 北海道放送 HBC  12/25(日)25:57-26:57
青森県 青森テレビ ATV  1/3(火)6:00-6:55
岩手県 岩手放送 IBC  12/31(土) 4:30-5:25
山形県 テレビユー山形 TUY  12/23(金)14:55-15:49
福島県 テレビユー福島 TUF  1/29(日)25:20-26:14
長野県 信越放送 SBC  1/3(火)4:40-5:35
富山県 チューリップテレビ TUT  12/26(月)14:56-15:50
石川県 北陸放送 MRO  1/1(日)5:00-5:54
島根・鳥取 山陰放送 BSS  1/1(日)16:35-17:30
鹿児島県 南日本放送 MBC  3/3(金)24:30-25:24

 

(事務局)

 


良く晴れて冷え込んだ朝の早い時間にセンターの前を通ったら、
何やら屋根におかしな模様があるではないですか??

DSC05793 (640x480).jpg









おお、これはきれいだ!!

DSC05786 (640x480).jpg









屋根に霜が降りて、
陽射しが当たりだしたところに木の影があり、
そこだけ融けるのが遅くて、
木の形が残り、
太陽が動いた分影も動いて、
木の形が残ったところに陰影が出来たように見えたようです。

DSC05791 (640x480).jpg









あっという間に霜が融け、影もずれだして先ほどのような光景は無くなってしまいました。

偶然に見れた、何とも不思議な光景でした。

森林整備担当 石井


過去の記事