アファンの森は今(ほぼ毎日更新事務局ブログ)
サポーター登録、寄付、トラストはこちら
C.W.ニコル公式サイト
よくある質問
お問い合わせ
サイトマップ
プライバシーポリシー

アファンの森は今


こちらのシンポジウムは定員になりました!
子どもたちに自然が足りない         
自然欠乏症候群から子どもたちを守るアファンの森財団の取り組み

20190222_afan-symposium0324.jpg

 長野県黒姫で30年以上の歳月をかけて森の再生をおこなっているアファンの森財団では、2004年より、虐待などで心に傷を負った子どもたちや、東日本大震災の被災地・東松島市や福島の子どもたちをアファンの森へ招待し、森遊びを通じて心のケアをおこなってきました。
 人の手で甦らせた森は、子どもたちに大きなチカラを与えてくれています。東松島市では、それがきっかけとなり、津波により壊滅的な被害のあった小学校を森の学校に再建し、その成果も見えてきました。
 この度は、東大名誉教授の養老孟司先生をお招きして、「子どもと自然」をテーマに日本の将来のために今すべきことを語り合いたいと思います。

【日時】
 2019年3月24日(日) 14:00~17:00(開場13:30~)

【場所】
 早稲田大学 西早稲田キャンパス63 号館2階 03,04,05
 (東京都新宿区大久保3-4-1)
 東京メトロ副都心線 西早稲田駅 直結

【定員】
 先着200 名様 ・ 無料

【内容】
 基調講演1 「森を甦らせるということ」 C.W. ニコル
 基調講演2 「身体を忘れた日本人」 養老孟司氏(東京大学名誉教授)

 パネルディスカッション 
  テーマ1 「福島の子どもたちとアファンの森」
  テーマ2 「 被災地に森の学校をつくる」
 パネリスト 養老孟司/ C.W. ニコル/ 古谷誠章(建築家・早稲田大学教授)/ アファンの森財団スタッフ

案内チラシはこちら:

【申し込み・お問合せ】
 一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団 東京オフィス
 TEL  : 03-6453-4193
 E-Mail : info★afan.or.jp (★を@に変えてお送りください)
※メールでのお申込みの場合は、件名に「3 月24 日申込み」と明記の上、お名前、所属、参加人数、電話番号、e-mailアドレスをメール本文に記載しご連絡ください。
 
申し込み締切 定員に達しました


主催:一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団
共催:早稲田大学理工学術院創造理工学部建築学科
   早稲田大学建築学研究所


【会員の皆様へ】
アファンの森財団会員の皆様におかれましてはシンポジウム終了後、ニコルやスタッフと会員の皆様との交流会を実施いたします。あわせてご参加いただけましたら幸いです。

12月29日(土)~1月6日(日)の期間、冬季休業とさせていただきます。

ご連絡いただいたメール等につきましては、休業明けにご対応させていただきます。

皆様も良い年末年始をお過ごしください。
今週発売の週刊朝日でニコルの記事が掲載されています。
人生の岐路を振り返る「もう一つの自分史」の連載で、ニコルがインタビューを受けました。

ニコルの幼少時代の話から、日本に来たきっかけなどを語っています。

https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=20650

是非手に取ってご覧ください。

(事務局)

IMG_0119.JPG暑い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか?

黒姫アファンの森でも森の中は幾分涼しいものの、例年にない暑さが続いております。

皆様も熱中症など体調にはお気をつけてお過ごしください。

さて、
8月13日(月)~19日(日)は夏季休業とさせていただきます。

メール等お問合せいただいたご用件につきましては、休み明けにご対応させていただきます。

よろしくお願いいたします。

(黒姫事務局)


20180720_annual.JPG
6月18日、大阪府北部を中心に大きな地震が発生しました。
そして7月8日からの記録的な豪雨により、西日本の広いエリアで想像を超える甚大な被害が発生しました。
お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げ、被災されました皆さま、全国のご親族、ご友人のみなさまに心からお見舞い申し上げます。
また、猛暑の中、被災者の救済と被災地の復興支援のためにご尽力されている方々に深く敬意を表すとともに、 皆さまの安全と、被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

アファンの森財団では、2017年度のアニュアルレポート(年次報告書)が完成し、会員を始め関係者の皆さまにお送りする準備をしております。
2017annualreport.JPG
皆さまの温かいご支援により、昨年度も森を甦らせる活動や豊かな森で子ども達を育む活動など多岐に渡る取り組みができましたこと心より御礼申し上げます。

一部交通機関の影響により、西日本の皆さまには、お手元に届くのにお時間がかかりますことをご了承ください。

また、被災地にお住いのアファン財団会員の方で、この災害により当財団への支援の継続が困難な方は、ご遠慮なくお申し付けください。

自然災害が続く昨今、日本の自然を改めて見直し、災害支援のあり方や私たち日本人の暮らし方を改めて考える機会にしたいと存じます。

一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

(事務局)

6/22(金)、23(土)の2日間に横浜で行われるキャンドルナイト夏至~We the Forest, Forest in Me に理事長ニコルも参加いたします。
ぜひ足をお運びください。

その他ゲストに、北海道日高地方二風谷で森づくりにとりくむアイヌ民族の貝澤耕一さん、パタゴニア日本支社長の辻井隆行さん、アフリカ研究者の舩田クラーセンさやかさんと豪華な顔ぶれがご参加されるそうです。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

キャンドルナイト夏至~We the Forest, Forest in Me
http://www.sloth.gr.jp/events/candlenight2018summer/

■日時:2018年6月22日(金)18時~21時、23日(土)13時半~21時
■会場:善了寺(本堂、境内、カフェゆっくり堂)
(横浜市戸塚区矢部町125/JR戸塚駅東口より徒歩7分)
■参加費:恩送り(このような場が次も続きますようにと、みなさまのお志をお願いしております)

■プログラム:
22日(金) 夜トーク(C.W.ニコル)、
      ピアノ生演奏
      マルシェ同時開催

23日(土) 午後トーク(貝澤耕一さん、舩田クラーセンさやかさん、辻井隆行さん)
      マルシェ同時開催
      夜バー(C.W.ニコル、辻信一さん)

■お申込: info@sloth.gr.jp  まで、お名前、人数、ひとことを添えてお申込みください。


主催:100万人のキャンドルナイト夏至実行委員会
(NPOカフェ・デラ・テラ、明治学院大学国際学部辻ゼミ、ナマケモノ倶楽部)
共催:とつか宿駅前商店会、善了寺

(事務局)
今週末21日(土)、22日(日)はニコルが実行委員長を務めるアースデイ東京2018が開催されます。
アファンの森財団はトークテントで出展します。(トークスケジュールは以下)
ニコルをはじめ、当財団と関わりある皆さんといろいろなテーマで語ります。

ニコルのフォレストキッチンももちろん出展します。鹿肉を使ったおいしい料理が楽しめますよ。
皆さんのお越しをお待ちしております!
180417_earthday01.JPG 180417_earthday02.JPG

森から未来を考える C.W.ニコル「アファンの森」 トークテント 
4月21日(土)
11:00~ 日本の森の現状 - シカをいただくということ
   /黒田利貴男(株式会社森守)×新納平太(ニコルズフォレストキッチン)
12:00~ 森は甦る - 日本の森の現状とアファンの森づくり
   /川崎公男(野生生物調査員)× 石井敦司(アファン)
13:00~ 森と馬のチカラ 働く馬を活用した新しいエコツアー
   /C.W.ニコル× 伊知地亮(アファン)
14:00~ 森のために生まれた家具 - ホースロギングファニュチャー
   /C.W.ニコル×犬塚悦司(株式会社オカムラ)×石井敦司(アファン)
15:00~ 森のチカラ- 福島の子ども達を森へ
   /C.W.ニコル×  栗下修一(公益財団法人イオンワンパーセントクラブ)× 川崎公男(環境教育インストラクター)
 16:00~ 森のチカラ 10年後の未来 森を体験した盲学校の卒業生が作った会社
   /安藤将太(株式会社19)×  浅葉絵菜 (株式会社19)×野口理佐子

4月22日(日)
11:00~ 発達障害児が成長するスタジオそらの「あおぞら療育」とは
   /C.W.ニコル×檜山博(アース・キッズ株式会社)×川端日香里(アース・キッズ株式会社)
12:00~ 生きものの視点の森づくり- アファンの森づくり
   /川崎公男(野生生物調査員)× 福地健太郎(アファン)
13:00~ 森を知る 木を知る 技を知る家具作りワークショップの取り組み
   /C.W.ニコル× 犬塚悦司(株式会社オカムラ)×石井敦司(アファン)
14:00~ 子どもを森にかえそう 自然と子どもとの関係について
   /C.W.ニコル×檜山博(アース・キッズ株式会社)×川端日香里(アース・キッズ株式会社)
15:00~ 被災地に公立初の森の学校ができるまで
   /C.W.ニコル×大澤渉(アファン)
16:00~ 森から日本の未来を考える - なつかしい未来を実現するために
   /C.W.ニコル×石井敦司(アファン)×伊知地亮(アファン)

主催:一般財団法人C.W.ニコル・アファンの森財団
協賛:アース・キッズ株式会社 株式会社オカムラ

(事務局)

3月25日(日)会員の集いを開催し、当財団の1年間の活動のご報告をさせていただきました。

180325_tsudoi01.JPG 180325_tsudoi02.JPG
当財団の事業は、
森の再生:森林整備、心の再生:5センスプロジェクト(福島キッズ森もりプロジェクト)、被災地の再生:震災復興プロジェクト、地域の創生:ホースプロジェクトと多岐にわたっています。
それぞれの事業でどのような活動を実施しているのか、会員の皆様に対してなかなかご説明する機会がありませんので、このような機会でお話ししています。
180325_tsudoi03.JPG 180325_tsudoi04.JPG

また、会員に皆様とニコルや私たちスタッフが直接会って話ができる数少ない機会にもなっていて、見学会にご参加いただいた方と久しぶりにお会いできたりと報告以外にも楽しく過ごすことができています。
特に今年度の集いでは、懇親会もおこないいつも以上に親睦も深められました。報告に対してのフィードバックをいただくなど有意義な時間を過ごすことができました。
このような機会、今後も続けられるようにしていきたいと思っています。

ご参加していただいた会員の皆様ありがとうございました。

(黒姫事務局)


女優 村松英子さんと理事長C.W.ニコルの公開対談がおこなわれます。
この機会の足をお運びください。

【主催】読売・日本テレビ文化センター 
【日時】   4月7日(土曜日) 午後1時~2時半(90分)
【会場】   千代田区大手町の読売新聞社3階「新聞教室」(よみうり大手町スクール)
【司会】   村松えり(女優)
【受講料】  2,700円(消費税込み)
【募集】   50人程度

日本をこよなく愛し、長野県の「アファンの森」で森林再生活動を続けるCWニコル。
三島由紀夫に育てられた女優で詩人の村松英子が、互いの活動を紹介しながら、ケルトと日本に共通する文化やその心、癒やしとして注目される森の効用について縦横に語ります。ケルトファンには聞き逃せない対談です。

◆申込み・問合せ先
読売・日本テレビ文化センター「よみうり大手町スクール事務局」
電話 03-3642-4301

WEB申し込み(外部サイト)
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01571qzdgbvj.html#detail

今年も残すところあとわずかとなりました。171227_winter01.JPG皆さんいかがお過ごしでしょうか?
アファンの森はすっかり雪に覆われ一面真っ白になりました。
年末まで、雪の天気が続きそうなのでたっぷり積もりそうです。
今年はホースロッジで馬とともに冬を越します。雪が多いこの黒姫で雪丸、茶々丸がどんな反応を示すのか、様子を見つつ過ごしてまいりたいと思います。

今年も皆様からのご支援、ご協力により、当財団は多岐にわたる事業を進めていくことができました。
アファンの森財団の活動を温かく見守ってくださいました多くの皆様に心より感謝申し上げ、年末のご挨拶とさせていただきます。

皆様も素晴らしい新年を迎えられますようスタッフ一同心からお祈り申し上げます。

【年末年始休業日のお知らせ】
12月29日(金)から1月8日(月)まで休業とさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

過去の記事