アファンの森は今(ほぼ毎日更新事務局ブログ)
サポーター登録、寄付、トラストはこちら
C.W.ニコル公式サイト
よくある質問
お問い合わせ
サイトマップ
プライバシーポリシー

アファンの森は今


20170113_miyanomori04.JPG震災の年(2011年)、アファンの森に東松島のご家族を招待したことがきっかけで、森の学校づくりに関わらせていただくようになりました。

あれから5年10か月。待ちに待った宮野森小学校の新校舎が完成しました。

 

今週頭に執り行われた落成式(1/9)、始業式(1/10)に参列させていただき、始業式でニコルが子どもたちに向けてご挨拶をさせていただきました。

20170113_miyanomori06.JPG  20170113_miyanomori02.JPG

東松島の豊かな自然を活かした森の学校を創るべく、ニコル共々奮闘してきましたが、たくさんの方の想いとご協力があり、素晴らしい木造の学校となりました。
5年前、仮設校舎に入学した子どもたちも、この新しい校舎で3学期を過ごし卒業を迎えることができます。

 

学校は森の学校をコンセプトにしていますが、木造校舎であることが森の学校ではありません。
隣接する「復興の森」や周りに広がる海や川、田んぼなど豊かな自然を活かした教育の拠点となって、本当の意味での森の学校となります。

そのためには、ハード面のみならず、プログラムの開発などソフト面の整備も必要です。当財団では引き続き、学校の先生や地域の方々と共に日本一の学校と呼ばれるような地域をめざし協力していきたいと思います。

 

(黒姫事務局 大澤)

 

アファンの森財団の新しい商品 TONE REVERSAL DIARY Afan ver.(白黒反転手帳Afan ver.)を販売開始しました。

20161221_tone reversal diary01.jpg

この手帳を制作してくれたのは、盲学校に通っていた小学5年生の時にアファン“5センス”プロジェクトに参加してくれた安藤将大さん。大人になった彼がこの手帳を持って、アファンの森を訪ねてくれました。

 

「多くの目の見えにくい方にとって、使いやすいモノをつくりたい」
安藤氏は大学在学中、「障害という価値」を社会に役立てる会社、株式会社アーチャレジーを設立しました。障害のある方もない方も、心地良く過ごせる社会づくりを目指しユニバーサルデザイン・コンサルティング等をおこなっています。
そして、どんな人の目にもやさしいものづくりを追求し、試行錯誤を重ね生まれたのが、この白黒反転手帳「TONE REVERSAL DIARY」です。

 

5センスプロジェクトに参加して森との関わりを大事にしたいと考えてくださり、「たくさんの人に森の優しさを、もっと身近に感じてもらいたいとの想い」から、この度、当財団とのコラボ企画が立ち上がりました。森の中を思わせるツタのデザインで手帳のオシャレさを更に引き立てたのが「TONE REVERSAL DIARY Afan ver.」(白黒反転手帳Afanバージョン)です。

売上は、アファンの森をはじめとする日本の豊かな森づくりに活用されます。

まさにアファンの森のめぐみからうまれた、人と森に貢献してくれる手帳です。

  20161221_tone reversal diary02.jpg  20161221_tone reversal diary03.jpg

見た目もおしゃれな手帳ですが、自ら弱視である制作者が、色々な見え方の人にとって見やすい手帳を追求し、最も光の反射を抑えることができる「黒地」を採用しています。文字や罫線はシルバーインクを使用し、黒地とのコントラストによってはっきりと見やすくなっています。障害のない方にも、疲れにくい・文字が覚えやすい等のメリットもあります。

黒地に白ペンで記入してシックで大人なイメージも格好いいですし、パステルカラーのペンで賑やかに可愛く予定を書き込むこともできますので、若い女性にも人気があります。

新しい年度の始まりに、TONE REVERSAL DIARY はいかがでしょうか?

 

////製品情報////
4月はじまり
A5サイズ(縦210mm× 横148.5 mm) 
価格 白ペン(0.5mm)セット 2,268円(税込)

購入はグッズ販売のページから

 

 

◆株式会社アーチャレジー 

http://archalle.co.jp/index.php

https://www.facebook.com/ArchallegyInc/

 

(事務局)

 

10月に中四国地区で放送しました番組「C・Wニコル"日本のふるさと"出雲の森を行く ~出雲から大山へ 人と森のものがたり~」が各地の放送局でも放送されることになりました。

前回は中四国地方のみの放送でしたが、今回は全国各地でも見られます。

この機会にどうぞご覧ください。

内容については、山陰放送のHPからご確認ください。

http://www.bss.jp/util/entry/15917.html

 

北海道 北海道放送 HBC  12/25(日)25:57-26:57
青森県 青森テレビ ATV  1/3(火)6:00-6:55
岩手県 岩手放送 IBC  12/31(土) 4:30-5:25
山形県 テレビユー山形 TUY  12/23(金)14:55-15:49
福島県 テレビユー福島 TUF  1/29(日)25:20-26:14
長野県 信越放送 SBC  1/3(火)4:40-5:35
富山県 チューリップテレビ TUT  12/26(月)14:56-15:50
石川県 北陸放送 MRO  1/1(日)5:00-5:54
島根・鳥取 山陰放送 BSS  1/1(日)16:35-17:30
鹿児島県 南日本放送 MBC  3/3(金)24:30-25:24

 

(事務局)

 


良く晴れて冷え込んだ朝の早い時間にセンターの前を通ったら、
何やら屋根におかしな模様があるではないですか??

DSC05793 (640x480).jpg









おお、これはきれいだ!!

DSC05786 (640x480).jpg









屋根に霜が降りて、
陽射しが当たりだしたところに木の影があり、
そこだけ融けるのが遅くて、
木の形が残り、
太陽が動いた分影も動いて、
木の形が残ったところに陰影が出来たように見えたようです。

DSC05791 (640x480).jpg









あっという間に霜が融け、影もずれだして先ほどのような光景は無くなってしまいました。

偶然に見れた、何とも不思議な光景でした。

森林整備担当 石井


アファンの森のオフィシャルスポンサーとしてご支援いただいている、
「ポロ・ビーシーエス株式会社」の林業部門のメンバー5人が、
今年も森の作業を手伝いに来てくれました。

これまで、国有林の間伐、チップ敷き、コナラの伐採、カラマツ林の間伐、
そして今年は混み過ぎたコナラ林の伐採とホースロッジ横の林の整理です。

例年同様、代表取締役の高井洋一氏と京都大学名誉教授の竹内典之先生も同行され、
学生2名を引き連れての作業です。

林業部のメンバーは、吉野杉で有名な奈良県吉野町で普段活動されています。
長野県の端っこまで来るだけでも一苦労です。

初日は昼過ぎに到着して、ホースロッジへと向かいました。
しかし天気が良かったのはこの日だけ。翌日はなんと初雪です。
最高気温は3℃までしか上がらず、ほぼ0℃の中での作業でした。

DCIM5636 (640x480).jpg









ホースロッジの作業が終わったとは、コナラ林の伐採です。
木が混み過ぎてしまい、林床は暗く草本がほとんどありません。
明らかに、樹形が良くないものや傾いているものを中心に伐採してもらいました。

DSC05705 (480x640).jpg
DSC05695 (480x640).jpg












針葉樹と違い枝張りが様々で、傾いている木も多く、しかも込み合っている。
うまく倒さないとかかり木になって大変です。
でもそこは、熟練の技の持ち主です。ロープやクサビを使って上手に倒していきます。

DSC05714 (640x480).jpg









ポロの皆様、今年もお世話になりました!

(森林整備担当 石井)

ニコルが出演するテレビ番組

「C・Wニコル“日本のふるさと”出雲の森を行く~出雲から大山へ 人と森のものがたり~」が放送されます。

中国・四国地方での放送となりますが、見られる方はどうぞご覧ください。

詳しくは番組HPもご確認ください。

 

<放送日>

BSS放送:2016年10月 9日(日) 午後2:00~2:54
広島地区 RCC   :2016年10月10日(月・祝)午前10:00~
岡高地区 RSK   :2016年10月9日(日) 午後2:00~~
山口地区 TYS   :2016年10月9日(日)  午後2:00~~
愛媛地区 ITV   :2016年10月9日(日)  午後2:00~~
高知地区 KUTV :2016年10月9日(日)  午後2:00~~

(事務局)

C.W.ニコルが出演する無料イベントのご案内です。

茂木健一郎&C.W.ニコル トークセッション

【輝け!地球の子どもたち 2016 TOKYO】

 

◆日 時 : 平成28年9月22日(木曜日) 16時00分〜18時00分
◆会 場 : 北沢タウンホール(東京都世田谷区北沢2-8-18)
◆参加費 : 無料
◆定 員 :250名 申込み必要
主催:スタジオそら、アース・キッズ株式会社

詳しくはこちらもご覧ください。
https://earth-kids.com/event/index.html
https://www.facebook.com/events/1029049323874819/


◆お申し込みはこちらから
https://docs.google.com/…/1FAIpQLSdyobAJ78YSsZ3Jwe…/viewform


トークセッションのお相手である茂木健一郎さんとは以前にアファンの森でも対談されています。
まだ入場できるようなので、無料であるこの機会に是非、足をお運びください。

160922_kagayake_flyer01.jpg  160922_kagayake_flyer02.jpg

(事務局)

渡邊智惠子さんがパーソナリティを務めるラジオ番組 「22世紀に残すもの」〜人、モノ、お金、自然、食、思想…〜 に当財団の理事長C.W.ニコルがゲストとして出演します。
9月17日(土)より3週にわたって放送されますので是非ご視聴ください。

 

◆放送日時
9月17日(土)18:00〜18:30 ゲスト:CWニコル①(環境保護活動家)
9月24日(土)18:00〜18:30 ゲスト:CWニコル②(環境保護活動家)
10月 1日(土)18:00〜18:30 ゲスト:CWニコル③(環境保護活動家)

 

◆視聴方法
・radiko.jpプレミアム ※有料350円/月額(愛媛からは無料)(中国四国→RNB南海放送)

・渡邊智惠子オフィシャルサイトにて動画配信
http://chieko-watanabe.com/talk/tag/for_22nd_century/

・Facebook「22世紀に残すもの」にて動画配信
https://www.facebook.com/22世紀に残すもの-1117573604951712/

 

6月6日の天皇皇后両陛下ご来訪に向けて、アファンセンターの周りの手入れを、
株式会社昭立造園の方々がボランティアで行ってくれました。

昭立造園さんはニコルのご友人で、これまでもセンターまわりの植栽等、
会社を上げてボランティアに来てくれています。

今回、急遽お願いしたにもかかわらず、5月28日29日の1泊2日の行程で、
なんと総勢24名もの方が来てくれたのです。

せっかくこれだけのプロの方がいるのですから、、
センターだけではなく、ホースロッジ周りの手入れも一緒にお願いしちゃいました。

センターの周りは、なかなか手が行き届かない石積み周りの草取りや、枝の剪定等々。
ロッジ周辺は、草刈りや伐採、枝の剪定に池の整備などです。

160623_howtoblogup01.jpg  160623_howtoblogup02.jpg
石の周りは手作業で(センター)      伸びすぎた枝の剪定(センター)


160623_howtoblogup03.jpg
ニセアカシアの伐採後
高く切ってあるのはあとで抜根をしやすいように
この場所にはパドックが出来る予定です(ロッジ)


160623_howtoblogup04.jpg  160623_howtoblogup05.jpg
電線の横は慎重に(ロッジ)               シダレザクラの枝の剪定(ロッジ)


160623_howtoblogup06.jpg
昭立造園の皆様、ありがとうございました


森林整備担当 石井

先日の両陛下ご来訪の様子やニコルやニコルのインタビューなどが皇室日記(日本テレビ)で放送されます。

是非ご覧ください。

 

日時:6月19日(日)朝6時

番組:皇室日記(日本テレビ)

参考URL:http://www.ntv.co.jp/koushitsunikki/

 

(東京オフィス)

過去の記事