アファンの森は今(ほぼ毎日更新事務局ブログ)
サポーター登録、寄付、トラストはこちら
C.W.ニコル公式サイト
よくある質問
お問い合わせ
サイトマップ
プライバシーポリシー

アファンの森は今


2011年3月

アファンの森の様々なシーンをとらえた写真をアップしています。

豊かな森を眺めていただいて、深呼吸したように落ち着いていただければと思います。

 

アファンの森にいると、「あったかいな」、と感じる瞬間があります。

 

↑       ↑  .
画質を高くしています。回線が速い方は ⇒ 再生ボタンを押した後に 「1080p」   クリック

としていただくと、高画質を全画面でご覧いただけます。お試しください。

 

(事務局 河西)

 

アファンの森の様々なシーンをとらえた写真をアップしています。

豊かな森を眺めていただいて、深呼吸したように落ち着いていただければと思います。

 

今日のテーマは「花のある森の風景」です。

 

↑       ↑  .
画質を高くしています。回線が速い方は ⇒ 再生ボタンを押した後に 「1080p」   クリック

としていただくと、高画質を全画面でご覧いただけます。お試しください。

 

(事務局 河西)

 

普段は山の中で暮らしている私ですが、時々日本人の方にもお会いする機会があります。

ウェールズ・アファンがニコルさんの黒姫・アファンと姉妹森を締結したときから活動が始まった「ウッドペッカーズ(日本語でキツツキを意味します)」という日本人のボランティアのグループの皆さんです。

年に何度か森での作業などを手伝いに週末にやってきます。

 

昨年11月の活動に私もご一緒させていただいたとき、このグループをまとめておられるCELT21のクリスチャンさんと奥様の奈都世さんから、「ぜひ鳥の描き方をウッドペッカーズの方にレクチャーしていただけますか?」とお願いをされ、ようやく準備の整った3月のある日に、鳥の描き方を伝えるために山を下ってウェールズの首都・カーディフへ行ってきました。

久々の都会は、物と人にあふれていて、驚きの連続でした。

たまには街もいいですね。

 

“鳥らしさ”についてお話 (ルイス サール 奈都世さん提供)焼肉のレストランを貸し切っての会場で、まず鳥を描く上で、“鳥らしさ”についてちょっとだけ画像を使ってお話させていただいた後(写真01)、こちらで人気のあるロビン(和名はヨーロッパコマドリ)という鳥を題材にさっそく描いてもらいました。

 

(写真01 : ルイス サール 奈都世さん提供)

 

 

子供達がダイナミックに絵を描いていく様子にはびっくりしました(写真02)。もちろん、大人も鳥の形をしっかりマスターされていて(写真03)、皆さんの飲み込みの早さには、ただただ驚くばかりでした。

 

子供達がダイナミックに絵を描いていく様子にびっくり (ルイス サール 奈都世さん提供)         大人も鳥の形をしっかりマスター (ルイス サール 奈都世さん提供)

(写真02 : ルイス サール 奈都世さん提供)   (写真03 : ルイス サール 奈都世さん提供)

 

将来、ひょっとしたらすごいアーティストがこのウッドペーッカーズから生まれるかもしれない…

 

そんな予感さえさせる、すてきな時間でした。

ウッドペッカーズにいらした方の中には、日本にご帰国されている方もいるので、この場におられなかったその方々とも、いつか黒姫のアファンでも会えたら、うれしいなぁと思いました。

 

このような機会を与えてくださったクリスチャンさんと奈都世さん、本当にありがとうございました。

 

(本当はもっと早くにこの記事をアップする予定でしたが、日本の状況についてウェールズ・アファンの人々に関する文章を先に読んでいただきたく、掲載を延ばしておりました。ご了承ください)

 

(ヒヨ吉)

..............

ヒヨ吉さん

現在、東京で仕事をする傍ら、アファンの野鳥調査に携わっていただいています。
小学生の頃から野鳥を観察していて、野鳥歴(?)は20年以上。
ニコルの手がけた専門学校の卒業生でもあります。
これまで調査や環境教育などに参画しつつ、野鳥のイラストも描かれていて、
2000年からは英国に留学し、日本では学ぶ場がない「野生生物画」を学んで2003年に帰国。
日本でもイラスト提供や個展など開かれています。
ヒヨドリが大好きなので「ヒヨ吉」。
現在、日英で楽しめる「鳥の本」を製作するために、ウェールズのアファンの森へ出張中。

 

アファンの森の様々なシーンをとらえた写真をアップしています。

豊かな森を眺めていただいて、深呼吸したように落ち着いていただければと思います。

 

森に包まれる、いだかれる、そんな写真を集めてみました。

 

↑       ↑  .
画質を高くしています。回線が速い方は ⇒ 再生ボタンを押した後に 「1080p」   クリック

としていただくと、高画質を全画面でご覧いただけます。お試しください。

 

(事務局 河西)

 

私は最近、希望が一つ叶いました。

元駐日英国大使のグレアム・フライさんとの出会いです。

 

グレアムさんが野鳥好きであることを日本の新聞記事で以前読んでいた私は、今回のウェールズ滞在中に日英野鳥図鑑のために描いている私の絵を見ていただく機会があることを望んでいました。

以前、グレアムさんはニコルさんの黒姫の森を訪問されたことがあり、ニコルさんの勧めもあってグレアムさんと渡英前からメールではやり取りをさせていただいていました。

しかしグレアムさんは今、有名な英国の野鳥保護団体の評議員をしておられるなどのご多忙のため、今回の滞在中には会えないかもしれないと思い始めていました。

 

ところが2月に

「3月になったら鳥類保護検討会議で南ウェールズに行くけれど、

その後にアファンに行ってもいいかい?」

との連絡をくださり、お目にかかれることになりました。

 

私の絵を一枚ずつ丁寧に見てくださいました(ルイス サール 奈都世さん提供)貴重な時間を割いてアファン森林公園に来てくださり、私の絵を一枚ずつ丁寧に見てくださいました。(写真01)

 私は緊張していてほとんど何も言えなかったのですが、絵の良い点や修正したほうがいい箇所の指摘してくださいました。さすが、鳥好きの方の着眼点の連続でした。

 

(写真01 : ルイス サール 奈都世さん提供)

 

アファン森林公園ビジターセンターで (ルイス サール 奈都世さん提供)写真02はアファン森林公園ビジターセンターで一緒に記念撮影をしたときのもの。ニコニコしていますが、実は私、双眼鏡でレンジャージャケットの襟が曲がっているのも気がつかないくらい緊張しています。

 

 

(写真02 : ルイス サール 奈都世さん提供)

 

「良い本ができることを楽しみにしているからね」 (ルイス サール 奈都世さん提供)

「良い本ができることを楽しみにしているからね」

森を一緒に歩いていたときにこの一言をいただき、私の心は喜びでいっぱいになりました(写真03)。毎日山をたくさん歩いて野鳥を観察し、夜に作画をする日々で疲れもたまっていましたが、そんなものはどこかへ飛んでいってしまうほどでした。そして、改めて野鳥画家としてウェールズにいることに“エンジン”がかかりました。

(写真03 : ルイス サール 奈都世さん提供)


 

あこがれのグレアムさんにお会いできることをほぼあきらめていましたが、夢を心に抱きながら自分のできることを一つ一つ積み上げていると、神様はふと機会を与えてくださるのだと思いました。

 

 

今、日本では震災によって夢を失っている人がいるであろうと思っています。

また、目の前に広がる課題にため息をつく日々であろうと考えています。

 

でも、少し落ち着くことができたときには、一つ目標を持ってください。

そしてその目標到達のための途中にステップをいくつか設けてみてください。

無理のない、小さな、段差の低いステップでかまいません。

登ることに焦る必要も急ぐ必要もありません。

途中で休んでも問題ありません。

 

でも、そのステップを上がるためにできることは続けてください。

登っていく途中で、ふと思わぬ喜びが舞い降りてきますから。

私の場合は、図鑑作りという大きな目標で、そのステップが毎日の山歩きと絵を描くことです。

長い道のりのなかで舞い降りてきた幸せが、グレアムさんとの出会いでした。

 

皆さんと同じ“ごく普通”の私でもこのようなことが起こるのですから、皆さんにも同じような喜びが間違いなく訪れます。

いつ、どのように訪れるかは、誰にもわかりません。

私のウェールズでの経験で言えば、闇雲に「がんばる」のではなく、道筋を定めて「しっかり」やることがそれを早く引きつける上で大事みたいです。

登っていく途中で、ふと思わぬ喜びが舞い降りてきます (ルイス サール 奈都世さん提供)

 

 

 


 

 

 

 

最後になりましたが、この出会いのために車を出してくださり、撮影もしてくださったCELT21のクリスチャンさん・奈都世さん夫妻に、心から御礼を申し上げます。ありがとうございます。

 

(ヒヨ吉)

..............

ヒヨ吉さん

現在、東京で仕事をする傍ら、アファンの野鳥調査に携わっていただいています。
小学生の頃から野鳥を観察していて、野鳥歴(?)は20年以上。
ニコルの手がけた専門学校の卒業生でもあります。
これまで調査や環境教育などに参画しつつ、野鳥のイラストも描かれていて、
2000年からは英国に留学し、日本では学ぶ場がない「野生生物画」を学んで2003年に帰国。
日本でもイラスト提供や個展など開かれています。
ヒヨドリが大好きなので「ヒヨ吉」。
現在、日英で楽しめる「鳥の本」を製作するために、ウェールズのアファンの森へ出張中。

 

アファンの森の様々なシーンをとらえた写真をアップしています。

豊かな森を眺めていただいて、深呼吸したように落ち着いていただければと思います。

 

木や草の実りを集めてみました。それぞれ個性的で印象的ですね。

(各写真をクリックすると、大きい写真で開きます。)

枝先のドングリ オオウバユリ 青空にはえるカマツカ オニグルミ マムシグサの朱 赤と朱のコマユミ チヂミザサの毛 ツルマサキのお面 赤いツブツブ 小粒でピリリと辛い ウリハダカエデの翼 ドングリの道 ツリフネソウがばら撒く ナルコユリ カマツカ ゲンノショウコ

 

(事務局 河西)

 

アファンの森の様々なシーンをとらえた写真をアップしています。

豊かな森を眺めていただいて、深呼吸したように落ち着いていただければと思います。

 

樹の写真、たくさんです。

(各写真をクリックすると、大きい写真で開きます。)

 

どこに何がいるでしょう? 太い枝 森の恵み ナメコ 幹と葉

切り株 小さなキツツキ コゲラ 森の恵み 樹から木材に 黄葉

冬の樹 森の恵み 木炭の窯だし 幹から顔を出すカエル アカゲラ

エゾゼミ 根明け つながる 空へ

 

(事務局 河西)

 

アファンの森の様々なシーンをとらえた写真をアップしています。

豊かな森を眺めていただいて、深呼吸したように落ち着いていただければと思います。

 

森にそそぐ光は、影を作り、美しいシーンを見せてくれます。

 

↑       ↑  .
画質を高くしています。回線が速い方は ⇒ 再生ボタンを押した後に 「1080p」   クリック

としていただくと、高画質を全画面でご覧いただけます。お試しください。

 

(事務局 河西)

 

アファンの森の様々なシーンをとらえた写真をアップしています。

豊かな森を眺めていただいて、深呼吸したように落ち着いていただければと思います。

 

今日は、芽吹きや鳥の雛など 「これから」 を集めてみました。

 

↑       ↑  .
画質を高くしています。回線が速い方は ⇒ 再生ボタンを押した後に 「1080p」   クリック

としていただくと、高画質を全画面でご覧いただけます。お試しください。

 

(事務局 河西)

 

アファンの森の様々なシーンをとらえた写真をアップしています。

豊かな森を眺めていただいて、深呼吸したように落ち着いていただければと思います。

 

アファンの森には人も集います。

豊かな森での体験を、たくさんの人が分かち合ってきた場所です。

 

↑       ↑  .
画質を高くしています。回線が速い方は ⇒ 再生ボタンを押した後に 「1080p」   クリック

としていただくと、高画質を全画面でご覧いただけます。お試しください。

 

(事務局 河西)

 

一昨日の3月22日、稲本正氏、成澤由浩氏、ニコルとの共催で、

 

2011国際森林年プロジェクト『森を創る・森を使う・森を食べる』連携の集い プレス発表会

が行われました。 

 

左から、ニコル、稲本氏、成澤氏このような状況下にもかかわらず、会場には多数の方々にご出席いただき、

宣言書」を発表させていただきました。

 

 

(写真)左からニコル、稲本氏、成澤氏

 

 

「『森を創る・森を使う・森を食べる』連携の集い」事務局では、

5月に、この3人が連携した具体的な内容を発信できる「場」を予定している、とのことで、

「この未曾有な災害を乗り越え、いかに日本を創り直すか」をお伝えする催しを予定しています。

 

今年は国際森林年です。

「森」をキーワードに、このように他の方々と連携した取り組みも動き出します。

 

宣言内容は「森の連携」ページをご覧ください。

http://www.afan.or.jp/iyof2011/index.html

 

「『森を創る・森を使う・森を食べる』連携の集い」事務局(オークヴィレッジ内)での報告はこちら

 

(事務局 河西)

 

アファンの森から車で1.5時間程度の距離に位置する下水内郡「栄村」でも

多くの方が被災されています。

 

3月18日にその復興を応援する組織 栄村復興支援機構 『 結い 』 が始動し、

そのホームページも公開されています。

栄村復興支援機構『結い』 ⇒ http://kaigo.nsyakyo.or.jp/sakae/

 

「何か栄村に出来ることはないか」とお考え頂いてる方、ご覧ください。

  • ボランティアの事前登録の方法
    (現地でのコーディネートはしていません。こちらをご覧ください。)
  • 活動資金のお願い
  • 活動報告

が掲載されています。

 

全体の状況がわかる下記HPもあわせてご覧ください。

NPO法人 栄村ネットワーク ⇒ http://sakaemura-net.jugem.jp/

 

(事務局 河西)

 

アファンの森の様々なシーンをとらえた写真をアップしています。

豊かな森を眺めていただいて、深呼吸したように落ち着いていただければと思います。

 

今日は「紫」を集めてみました。

紫は心と体にやさしい、癒しの色なのだそうです。

 

↑       ↑  .
画質を高くしています。回線が速い方は ⇒ 再生ボタンを押した後に 「1080p」   クリック

としていただくと、高画質を全画面でご覧いただけます。お試しください。

 

(事務局 河西)

 

アファンの森の様々なシーンをとらえた写真をアップしています。

豊かな森を眺めていただいて、深呼吸したように落ち着いていただければと思います。

 

今日は空の見える森の風景を集めてみました。

 

↑       ↑  .
画質を高くしています。回線が速い方は ⇒ 再生ボタンを押した後に 「1080p」   クリック

としていただくと、高画質を全画面でご覧いただけます。お試しください。

 

(事務局 河西)

 

日本の皆様へ

 

私が山の中で重要な情報源としているラジオのニュース。

そのニュースのトップが、日本の地震や原発の状況レポートからリビア情勢に変わりました。

1週間という速さで話題の優先度が変わる世界の動きに、どうも私の頭はついていっていません。

 

そんな不安が私の顔に出るのか、いつもウェールズ・アファンの人たちは、心配そうに私に話しかけてくれます。

たいした話はしませんが、彼らが私と日本のことをずっと気にしてくれていることが、自分が「ここにいても大丈夫」と思わせてくれます。

 

日本語には「見守る」という言葉があります。

この言葉に、私は「“見ている”だけでも守れるものがある」という意味が込められていると理解していますが、それを含めた的確な英語にまだ私は出会ったことがありません。

もちろん辞書を見ればいろいろ言葉が出てきますが、“守っている”という雰囲気をどうも表しきれていない気がしています。

なので、私は前回の英国留学のときには、英語圏の人に「見守る」という感覚はないと思っていました。

 

しかし、言葉にないというだけでそういう意識が存在しないという考え方は改めるべきだと、ウェールズ・アファンの人たちの心遣いを見ていて感じるようになりました。

 

12-IMG_8632.jpgひょっとしたらウェールズの言葉に「見守る」という表現があるのかもしれません。

だから、皆さんが私をこれだけ心配してくださるのかもしれません。

今回の滞在の課題の一つは、ウェールズ語でその言葉を見つけ出すことかもしれないと思っている今日この頃です。

 

 

3月19日

ウェールズ ポートタルボット アファン森林公園ビジターセンターより

 

(ヒヨ吉)

..............

ヒヨ吉さん

現在、東京で仕事をする傍ら、アファンの野鳥調査に携わっていただいています。
小学生の頃から野鳥を観察していて、野鳥歴(?)は20年以上。
ニコルの手がけた専門学校の卒業生でもあります。
これまで調査や環境教育などに参画しつつ、野鳥のイラストも描かれていて、
2000年からは英国に留学し、日本では学ぶ場がない「野生生物画」を学んで2003年に帰国。
日本でもイラスト提供や個展など開かれています。
ヒヨドリが大好きなので「ヒヨ吉」。
現在、日英で楽しめる「鳥の本」を製作するために、ウェールズのアファンの森へ出張中。

 

今日のテーマは「緑」。

緑は心身のバランスを整えてくれる色なのだそうです。

 

↑       ↑  .
画質を高くしています。回線が速い方は ⇒ 再生ボタンを押した後に 「1080p」   クリック

としていただくと、高画質を全画面でご覧いただけます。お試しください。

 

(事務局 河西)

 

今日は、森で出会う「顔」を集めてみました。

森の中ではたくさんの出会いに癒されます。

 

↑       ↑  .
画質も高くしましたので、回線が速い方は ⇒ 再生ボタンを押した後に 「1080p」   クリック

としていただくと、高画質を全画面でご覧いただけます。お試しください。

 

(事務局 河西)

 

今日は森を彩る花を中心にしました。

豊かな森の中で、ゆっくりと深呼吸するようにご覧ください。

 

↑       ↑  .
画質も高くしましたので、回線が速い方は ⇒ 再生ボタンを押した後に 「1080p」   クリック

としていただくと、高画質を全画面でご覧いただけます。お試しください。

 

(事務局 河西)

 

今日はスライドショーにしました。

豊かな森の中で、ゆっくりと深呼吸するようにご覧ください。

 

写真協力:南健二   音源協力:池田恭久

 

(事務局 河西)

 

前回のいろとりどりで、ウェールズ・アファンの人たちが日本の災害について、自分のことのように思ってくれていることをお伝えしました。

 

震災のニュースが流れた直後から毎日

「また新たに地震があったみたいだよ。君は知っているかい?」とか、

「私たちも日本のことが毎日とても心配だよ」

「困っている人同士が助け合っている姿に私たちもほっとするわ」と言ってくれます。

 

私はテレビのない生活で日本の状況がわかりにくいために不安になることもあり、声をかけてもらえることがとにかく本当にありがたいです。

 

 

なぜこんなにも親身になってくれているのだろうかと、その理由の本当のところは実は私はよくわかっていませんでしたが、ここアファン森林公園ビジターセンターに併設されている炭坑博物館のコリンさんが先日こんな話をしてくれました。

 

「このビジターセンターからそんなに遠くないTaff VallyのAberfanという街にあったボタ山(炭坑採掘時に出る土砂の山)が崩れて麓の学校がのみこまれて、160人の子供と28人の大人が逃げる間もなく一瞬で犠牲になったことがあってねぇ。1966年の話さ。今回の日本の災害がそれを思い出させるんだよ。」

 

昔、炭坑で栄えたウェールズ・アファンでは炭坑採掘で木のほとんどが伐採され、あちこちにボタ山がありました。炭坑閉山後、一面丸裸の土地に一本ずつ植樹を行い、今は広大な森林をよみがえらせました。

 

植樹する子供(アファン森林公園ビジターセンター提供)           苗木を育てる風景(アファン森林公園ビジターセンター提供)

植樹する子供                     苗木を育てる風景
(アファン森林公園ビジターセンター提供)             (アファン森林公園ビジターセンター提供)       

 

この谷の人たちは、自分たちの繁栄を支えた炭坑が時代の流れの中で終わりを告げられ、涙がどれだけあっても足りない悲しい出来事に直面しながらも、少しずつ緑が回復していく山の姿を自分たちに重ねて気持ちを維持してきたことでしょう。

 

一日一日の苦労の積み重ねを経て、今のウェールズ・アファンは森の中を走れるマウンテンバイク(MTB)のコースとして、英国内にとどまらず世界のMTB愛好家に知られる存在にまでなりました。

 

きっと今日までの本当に大変だったこのような半世紀の経験があるからこそ、この谷の人は今の日本を心から気にかけてくれているのだと私は思っています。

 

 

日本の皆さんは、目の前の不安を解消することに必死のことと思います。

もちろん現場での直接的でわかりやすい支援はありがたく、そして大事なことです。

しかし、ウェールズ・アファンの人たちのような、もっと長い目で日本のこれからの苦労を理解して気にかけてくれることも重要な支援の一つと今の私は考えるようになりました。

 

 

11-IMG_2494.JPGコリンさんはこんなことも言ってくれました。

「これから日本の復興には時間もお金もかかると思う。大変なことの連続だと思う。でも、僕らは日本がまたしっかり立ち直ると信じているよ。」

アファンの谷の人たちには「再生の歴史」という実体験があります。

だから、この言葉が決して私の気休めのために言っているものではなく、本当にそう思っていることだと感じています。

 

 

日本の皆さん、まずはできることから一つずつ始めてみてください。

そこから、日本の力をウェールズ・アファンの人たちに見せてあげましょう。

きっと地道だけれど確実に前に進む日本の姿を見て、彼らはもっと日本を応援してくれるでしょうし、きっと今以上に好きになってくれると私は思っています。

 

3月16日

ウェールズ ポートタルボット アファン森林公園ビジターセンターより

 

(ヒヨ吉)

..............

ヒヨ吉さん

現在、東京で仕事をする傍ら、アファンの野鳥調査に携わっていただいています。
小学生の頃から野鳥を観察していて、野鳥歴(?)は20年以上。
ニコルの手がけた専門学校の卒業生でもあります。
これまで調査や環境教育などに参画しつつ、野鳥のイラストも描かれていて、
2000年からは英国に留学し、日本では学ぶ場がない「野生生物画」を学んで2003年に帰国。
日本でもイラスト提供や個展など開かれています。
ヒヨドリが大好きなので「ヒヨ吉」。
現在、日英で楽しめる「鳥の本」を製作するために、ウェールズのアファンの森へ出張中。

 

豊かな森を眺めていただいて、

深呼吸したように落ち着いていただければと思います。

(各写真をクリックすると、大きく映ります。)

 

気持ちいい太陽の光 ヤマネ ホタルカズラ

タマゴタケ カタクリ コナラの丘

ニホンアマガエル ナメコ 太陽に葉を広げるホオノキ

 

コメントを投稿いただけます。

 

(事務局 河西)

 

アファンの森から車で1.5時間程度の距離に位置する栄村も

多くの方が被災されています。

 

その状況を伝えるブログが立ち上がっています。

NPO法人 栄村ネットワーク ⇒ http://sakaemura-net.jugem.jp/

 

ボランティア、義援金、支援物資、など情報が整理されておりますので、

「何か栄村に出来ることはないか」とお考え頂いてる方、まずご覧ください。

 

(事務局 河西)

 

被災された方々、影響のある方々、心よりお見舞い申し上げます。

 

これから、アファンの森の様々な姿をとらえた写真をアップしていきます。

 

TVなどで胸が締め付けられるようなシーンを多く目にします。

豊かな森を眺めていただいて、深呼吸したように落ち着いていただければと思います。

(各写真をクリックすると、大きく映ります。)

 

アファンの森に注ぐ光 人を迎える森 リュウキンカのじゅうたん

リュウキンカ 蜜をすう蝶 オニグルミの笑顔

 

コメントを投稿いただけるようにしました。

 

(事務局 河西)

日本の皆様へ

 

3月11日の東北地方を震源とした大地震のニュースを聞き、心を痛めております。

私はテレビのない生活ですのでラジオにかじりついて情報を聞いていますが、被害の大きさや状況、時間を追うごとに増す亡くなられた方の数の多さに、思わず耳を塞ぎたくなっています。

あまりに心配で、初めて日本のアファン財団事務局の方に国際電話をかけてしまいました。

 

ウェールズ・アファンのビジターセンターのレンジャーを始め、カフェで働くお姉さんや清掃のおばさん、併設している炭坑博物館の職員、ボランティアの方々も、今回の日本の災害について心配をしています。

私のところへ来て、亡くなられた人の多さに心からの追悼の言葉を伝えてくれます。

また、私にインターネットのニュースを見ないようにと忠告もしてくれます。

悲惨な状況の写真はあまりにも私には酷だからとのこと。

私の心情を察してくださる皆さんの優しさに、心からの感謝をしています。

 

おそらく私が来ていなくても、きっとウェールズ・アファンの皆さんは日本のことを考えてくれていたと思います。

しかし、私がいることで、日本をより近くに感じ、今回の地震を自分に起きたことのようにとらえ、情報の正確に知る努力をしているように感じています。

私が言うのもおこがましいのですが、日本を代表する気持ちで、精一杯のお礼を言葉にしています。

 

日本から遠いウェールズ・アファンですが、日本のことを本当に「自分の家のお隣さん」のように感じている人が、アファンの谷にはたくさんいることを皆さんの心のどこかに覚えておいてくださると、私もうれしいです。

 

 10-IMG_2466re.jpg  10-IMG_3346re.jpg

 

3月12日

ウェールズ ポートタルボット アファン森林公園ビジターセンターより

 

(ヒヨ吉)

..............

ヒヨ吉さん

現在、東京で仕事をする傍ら、アファンの野鳥調査に携わっていただいています。
小学生の頃から野鳥を観察していて、野鳥歴(?)は20年以上。
ニコルの手がけた専門学校の卒業生でもあります。
これまで調査や環境教育などに参画しつつ、野鳥のイラストも描かれていて、
2000年からは英国に留学し、日本では学ぶ場がない「野生生物画」を学んで2003年に帰国。
日本でもイラスト提供や個展など開かれています。
ヒヨドリが大好きなので「ヒヨ吉」。
現在、日英で楽しめる「鳥の本」を製作するために、ウェールズのアファンの森へ出張中。

 


 

3月12日の早朝「長野県北部」で大きな地震がありましたが、

アファンセンター周辺は特に被害はありません。

ニコルや職員も無事です。

 

(事務局 河西)

 

 

何人かの方から、地震の影響についてご心配いただきました。

アファンセンターや職員は大丈夫です。

また、周辺地域も今のところ被害の情報等は入っておりません。

 

(事務局 河西)

アファン森林公園で3月4~6日にかけて、ワークキャンプという催し物が行われました。

 

公園内のボランティア作業を泊まりがけで行うもので、

今回の作業はチョウチョや蛾の生息環境整備(5日)とマウンテンバイク用道路整備(6日)で、

私はチョウチョや蛾の生息環境整備の手伝いに参加しました。

 

参加者は国際色豊かで、メキシコ、オーストリア、ドイツ、ラトビア、イギリス。

私を入れればジャパンも、ということになりますが、この国籍の多様性はさすがイギリスという感じがしました。

 

(写真01)公園長のリチャードさんの解説

 

(写真01)

4日の夜に皆が到着。

ビジターセンターで一晩過ごして、翌日の5日の朝にまずは公園長のリチャードさん(写真一番左)から皆さんにアファン森林公園についての話や、チョウチョと蛾が生息できる環境がこの公園になぜ必要なのかという解説がありました。

 

(写真02)レンジャーからの道具の扱い方の説明

 

(写真02)

その後に公園レンジャーのニックさん(写真一番左)から道具の扱い方の説明。

 

 

 

 

(写真03)木を切り倒す          (写真04)低木除去
         (写真03)                          (写真04)

現場に到着したら、さっそく作業開始。ヒースと呼ばれる草地を増やすため、木を切り倒したりや、低木の除去を行いました。

 

 

(写真05)作業前          (写真06)作業後
        (写真05)                          (写真06)

元は写真05のように細かい低木やカラマツがありましたが、

作業後は写真06のようにすっかりきれいに。

 

 

(写真07)昼食 

(写真07)

作業が終わってお昼ご飯。気持ちのよい日差しの中で、みな美味しそうに食事をする姿が印象的でした。

この後、私は別の用事のためカーディフという街へ出たのですが、そのお話はまた別の機会に。

 

 

(ヒヨ吉)

 

..............

ヒヨ吉さん

現在、東京で仕事をする傍ら、アファンの野鳥調査に携わっていただいています。
小学生の頃から野鳥を観察していて、野鳥歴(?)は20年以上。
ニコルの手がけた専門学校の卒業生でもあります。
これまで調査や環境教育などに参画しつつ、野鳥のイラストも描かれていて、
2000年からは英国に留学し、日本では学ぶ場がない「野生生物画」を学んで2003年に帰国。
日本でもイラスト提供や個展など開かれています。
ヒヨドリが大好きなので「ヒヨ吉」。
現在、日英で楽しめる「鳥の本」を製作するために、ウェールズのアファンの森へ出張中。

 


2月17日ののブログでヒメネズミの写真を紹介しました。

あの写真を撮影したのは木にかけた巣箱を覗いてみた時のことでした。

天蓋を開けて見ると鳥の巣ではなく箱一杯に詰まった落葉が入っていました。

その枯れた落ち葉を少しだけ手で取ると、

中から驚いて出てきたのが1匹のヒメネズミでした。

 

それはぴょんと飛び跳ねて地上に降り、落ち葉に隠れたつもりなのか

しばらくじっとしていました。


写真を撮り終え驚かさないようゆっくりと離れると、

胴体と同じくらい長い尻尾を器用に動かしバランスをとるようにして

木に登り巣箱に帰って行きました。


 

麻布大学の高槻先生が自身のブログでヒメネズミの骨格標本を紹介されています。

アファンのネズミ12 ヒメネズミの骨格

 

あんな小さなネズミの骨をどうやって再組み立てたんでしょう。

 

 

 

(事務局 堤)

 

 

昨日のブログにもありましたが、

雪が積もった冬の森のシーンが再び広がっています。

 

昨日の午前中、日差しが覗いていたので作業がてら、でかけました。

 

ゲストハウス前の様子を360度撮影してみました。

注)画面から少し離れてご覧いただくのが良いです。

 

日差しが注いでいるのですが、気温はマイナス4℃ほど。

風があったので体感温度はさらに低い。

じっとしていると震えてきます。。。

 

 

(事務局 河西)

 

 

 

3月に入り冬の寒さが戻ってきました。

 

今日3月3日は「桃の節句」です。

起源は、平安時代の貴族が季節の節目に野山に出て薬草を摘み、

その薬草で体のけがれを祓い健康と厄除けを願った事にあるそうですが・・・

 

今日の黒姫は町中白い雪に覆われています。

昨夜からの雪で、多いところでは一晩で40センチもの積雪がありました。

全国の天気概況を見ると、

「各地で北よりの冷たい風が強まり、真冬の寒さとなりそうです。」とあります。

 

事務所から見える志賀高原方面の山々が荒波のような雪雲に覆われていました。

 

 

                       【雪雲に覆われた山々】

雪雲に覆われた志賀高原

 

 

元々は旧暦の3月3日に行われていた行事で、新暦だと今年は4月5日がそれにあたります。

 

アファンの森ではちょうどフキノトウやカタクリなど春の植物が芽吹く頃。

平安の時代に行なわれていた「節句」の行事ができる季節になっているでしょう。

 

 

 

(事務局 堤)

3月になり、再びウェールズ・アファン森林公園に来て半月が経ちました。

まだ時折氷点下に下がることもありますが、一雨ごとに山の色が少しずつ「春の彩り」に衣替えをしている、そんなウェールズを楽しんでいます。 

 

図鑑に掲載する絵(ファイナルワーク)前回の滞在(10~11月)ではフィールドスケッチのみに専念していましたが、今回はフィールドスケッチにくわえ、実際に図鑑に掲載する絵(ファイナルワーク)を描くことも平行作業しています(写真)。

 

日中は鳥たちの観察のために歩き、夜にファイナルワークに取りかかるため、一日が48時間あっても足りないような日々です。

3月いっぱいで留鳥と冬鳥を描き上げていれば、夏鳥の観察がゆっくりできるだろうという目論見からですが、リストアップしたらかなりの数になっていて、本当に終わるだろうかと今から不安もよぎります(苦笑)。

 

ウェールズのアファン森林公園レンジャーやボランティアの人たちにも図鑑用の絵を確認してもらっています。

今までのスケッチ画を含め、好評をいただいていますが、「君の絵のよさはスケッチ画だということを忘れないでね」と、うれしい言葉をくわえてくださる方が多いのが、多少の無理もできる活力になっています。

 

毎晩、正直眠い目をこすりながらの作業です。

ふと時計を見ると、深夜1-2時であることもしばしばですが、充実感から寝床のシュラフに潜ったときの疲れも心地よいものです。

 

 

皆さんのお手元に届く「一冊の図鑑」になるまではまだ当分かかって申し訳ないのですが、一枚一枚気持ちを込めて作成中です!

 

(ヒヨ吉)

 

..............

ヒヨ吉さん

現在、東京で仕事をする傍ら、アファンの野鳥調査に携わっていただいています。
小学生の頃から野鳥を観察していて、野鳥歴(?)は20年以上。
ニコルの手がけた専門学校の卒業生でもあります。
これまで調査や環境教育などに参画しつつ、野鳥のイラストも描かれていて、
2000年からは英国に留学し、日本では学ぶ場がない「野生生物画」を学んで2003年に帰国。
日本でもイラスト提供や個展など開かれています。
ヒヨドリが大好きなので「ヒヨ吉」。
現在、日英で楽しめる「鳥の本」を製作するために、ウェールズのアファンの森へ出張中。

 

 

今日から3月です。

 

このところ気温の高い日が続き、降り積もった雪がどんどんとけはじめています。

 

朝の出勤時、2月には氷点下10℃近いこともあったのですが・・・今日は0℃でした。

 

軒下の雪もかなりとけました。

 

 

 

 

       【1月の軒下】               【今日の軒下】

1月の軒下 3月の軒下

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今日、

 

朝降っていた雨が午後から雪に変わりました。

 

 

      【大粒の春雪】 

3月の雪 ①

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

まだもう少し・・・

 

冬がふんばっている名残の雪です。 

 

 

 

 

 

(事務局 堤)

過去の記事